イルカに会える小学校
 

来場者

ようこそ611321人目です。
ありがとうございます!20000overH27.4.25 100000overH28.3.8 200000overH29.3.16 300000overH29.11.6 400000overH30.6.30 500000overH31.2.20

オンライン状況

オンラインユーザー3人

QR  コード

※※  このQRコードで
このホームページの
アドレスが登録できます。
 
登録すると、
携帯からのアクセスが
可能になります。
 
向洋小の いことば
 
 
 
 


朝日の中のボラ待ちやぐら
(平成27年12月15日撮影)
 
 
 
 

日誌

心のおはなし >> 記事詳細

2018/02/01

節分でおいはらうもの

Tweet ThisSend to Facebook | by akouye
 みなさんは,節分に ”豆” をまいたり,”豆” を食べたりすると思います。
なぜ豆をまくかというと,豆には鬼を退治できるほどの強いパワーがあるからです。
これから過ごす新しい1年の分をプラスして,年齢よりひとつ多い数の豆を食べます。
豆には強いパワーがありますから,それを食べて健康にくらしましょう,という願いがこめられています。 
鬼を退治できるほどの強いパワーをもつ豆ですが,これを食べれば,悪いものから自動的に守ってもらえるのでしょうか?
なまけたり,不規則な生活をしていたりしても,「豆を食べたから大丈夫」と,言えるでしょうか?
なまけ鬼,ゲームやりすぎ鬼,忘れんぼ鬼・・・,そんな鬼たちは,豆を食べただけではおいはらうことはできません。
自分で,「自分の弱いところ」 や 「なおしたいところ」 を意識して,良くするように努力しなければ,強い自分にははなれないのです。 


(2月の全校集会 校長先生のお話より)
11:10 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)