弓道部

2019 練習計画 こちら→11月


◆弓道部スナップ
 本校弓道場での練習風景
 冬の練習風景

 平成29年度 全国高等学校選抜大会 女子団体
 
選抜大会会場
 
令和元年度 加賀地区高等学校弓道大会 男子優勝
 
 
令和元年度 石川県高等学校弓道新人大会 男子4位
 
表彰式の様子

◆部員数
  男子女子合計
 1年11415
 2年6814
 3年224
 合計92433

活動日程・活動場所
毎日2時間~3時間弓道場
◆顧問からのメッセージ
昭和29年(1954年)、県内の高校で最初にできた伝統のある弓道部です。創部50年の記念式典が平成17年に、全国からOB・OGが集まって盛大に挙行されました。夏の全国高校総体(インターハイ)には、男子12回、女子33回出場し、
男女とも優秀校として全国表彰を受けています。この伝統を受け継ぎ、
次の歴史を作るべく、日々部員たちは練習を繰り返しています。 毎日2時間~3時間の練習のなかで、全国大会での上位入賞を目標に、
個人の技術向上と、集団の一員として 
規律のある行動のとれる人間づくりを目指しています。
ほとんどが高校に入学してから弓道を始めるので、スタートラインは同じです。 まだ成しえていない「全国大会優勝」を、この部で目指してみませんか?
(ちなみに過去最高は、昭和51年のインターハイ、女子団体準優勝です)ともに、がんばりましょう!!
◆部員からのメッセージ
 私は弓道とは自分との戦いだと思っています。
競技としては相手より多く的に矢を当てればよいのですが、
 その時戦っているのは相手ではなく自分なのだと考えています。
 極限まで緊張した中で自分がいつも通りのことができるかどうかが
弓道における勝敗の分かれ目になります。
 技術面だけでなく、練習に取り組む姿勢も本番の勝負どころで現れます。 
弓道は見た目に反して難しい競技です。
 厳しい練習のおかげで少しずつ私たちも強い選手になっていくつかの
実績もあげてきました。 
しかし、これで満足しているわけではありません。
さらなる高みを目指して部員全員でこれからもがんばっていこうと思います。 

◆大会結果

令和元年度
 県高校総体
  男子団体  予選  40射17中   8位  タイ通過
         準決勝 60射29中   6位 決定 
  女子団体  予選  40射13中  予選敗退

  男子個人  第7位 畑 彰汰 北信越大会出場決定

 北信越高等学校弓道大会
  男子個人  畑 彰汰 4射2中(✕〇✕〇) 予選敗退

 加賀地区高等学校弓道大会
  男子団体 A 60射29中 優勝
  女子団体 A 60射13中
       B 60射 9中

  男子個人 2年 山本 恵司 12射8中
       4名同中競射→〇 優勝 
 
 県新人大会
       男子団体 予選 32射13中 9位通過
       準決勝 48射中25中 3位タイ通過
       決勝リーグ 
大聖寺 ✕ 8-   9 金沢市立工業
              〇11-   8 羽咋工業 
              ✕ 9-10 小松工業   1勝2敗 4位

       女子団体 予選 32射9中 敗退

平成30年度

 県春季大会
  女子個人 第2位 富永 佳乃(3年)8射6中
 
 県高校総体
  男子団体  予選  40射18中   8位   通過
         準決勝 60射26中   8位 決定 
  女子団体  予選  40射14中  11位 予選敗退

  北信越国民体育大会弓道競技
  少年女子  富永 佳乃(県選抜チーム) 遠的2位、近的3位、 総合3位
 県新人大会
       男子団体 予選 32射10中 敗退
  女子団体 予選 32射11中 3位通過
       準決勝 48射15中 8位決定
  女子個人 第4位 髙木 美初 北信越新人大会出場決定  
           予選4射2中、準決勝4射3中 決勝射詰 × 遠近法○
 北信越新人大会
  女子個人 髙木 美初 4射1中 予選敗退

 県冬季錬成大会      
  女子団体 予選 24射10中(2位タイ通過)
       決勝トーナメント(12射) 1回戦 大聖寺5-6星稜 敗退
       結果 ベスト8  
 県如月大会

  女子団体 予選 40射14中 2位タイ通過 
       決勝 60射20中 第4位