華道部

 6月2日(金)総文協賛茶会
  
 「松任ふるさと館」
 
「千代の女の里俳句館」
 華道部のお稽古風景
 
加賀市民病院で正月花の展示

大聖寺駅構内に掲示
    

             聖高祭での展示準備風景
 
先日の聖高祭では、1年生6名、2年生2名、3年生3名の総勢11名で、それぞれ異なる花器に、季節の花材を自由に生けました。普段生けたことのない花材に挑戦するのはとても難しいものでしたが、各自のセンスと日頃のお稽古の成果を発揮して、よい作品に仕上がったと思います。

◆部員
  男子女子合計
 1年
55
 2年
22
 3年
33
 合計
1010

活動日程・活動場所
毎週木曜日にお稽古をしています。活動場所は茶室「貞志庵」です。
◆顧問からのメッセージ
 少人数の部活ならではのアットホームな雰囲気で毎週楽しく和気藹々とお稽古しています。    流派は京都の大覚寺を大本山とした嵯峨御流(さがごりゅう)です。講師の先生から丁寧にご指導していただきながら、基本からしっかりと学び、3年生の引退時には「入門」「初伝」のお免状を取得することもできます。学校での部活動や校内展示に加えて、 地域の様々な場所で花を飾らせてもらう活動も行っています。毎年6月には大聖寺駅構内、12月には加賀市民病院のエントランスに展示させていただいてます。ただ花を活けるだけでなく、礼儀や人への優しさも身につけてもらいたいと思います。
◆部員からのメッセージ
 聖高祭での花展は、日頃の練習の成果を披露するよい機会です。 毎年多くの種類のカラフルな花を展示して、聖高祭を盛り上げています。 また、学校行事の際に華道部が校内に花を飾ると、「きれいだね」「やっぱり花があるといい」 と喜んでもらうことができ、充実感を感じます。外部でのボランティアも行っているので、 お花を通じて少しでも人の役に立てば嬉しいです。

◆活動報告
平成29年度
 4月 第37回 嵯峨御流いけばな展   鑑賞
 4月 第18回 加賀地区いけばな協会展 鑑賞