〒925-0022 石川県羽咋市深江町ル61番地1 TEL 0767-22-0005 FAX 0767-22-4588 mail mizuho-e@edu.city.hakui.ishikawa.jp          『穂っペン』                       
 

カウンター

COUNTER452893

携帯でもどうぞ!

  上のQRコードを読み
   取ってください。
  ただし,文章だけで画
  像はご覧になれませ
  ん。
 

新着情報

 RSS
校長室だより12月号アップしました。日誌
パブリックスペース
12/15 11:23
ハッピーアドバイス集会日誌
パブリックスペース
12/15 11:12
不審者対応訓練日誌
パブリックスペース
11/29 17:05
羽咋市子ども会ソフトバレーボール大会日誌
パブリックスペース
11/29 14:16
授業参観・児童引き渡し訓練日誌
パブリックスペース
11/29 13:05
学校だより11月号アップしました。日誌
パブリックスペース
11/24 11:22
5年生総合・自分の夢をかなえる場所は?日誌
パブリックスペース
11/18 15:08

みずほ日記

平成29年度
12345
2017/12/15new

ハッピーアドバイス集会

Tweet ThisSend to Facebook | by hmizue

12月13日(水)
この日は日頃行っているブロックほっとタイムの2学年括りではなく、来年の瑞穂小学校を引っ張る高学年となる5年生と4年生を対象にしたハッピーアドバイス集会を開催しました。
テーマは「いじめ」です。まず、保健委員会の活動であるハッピーアドバイス(子供同士が悩みをうち明けそれに応える活動)についての報告がありました。今回は1~5年生の悩みに6年生が応える取組でした。アドバイスの内容や、かけてもらって安心した言葉が紹介されました。
その後、スクールカウンセラーの中野先生から実際にあったいじめについての事例を紹介してもらい、5,4年生混合の縦割りグループで自分がいじめる側・いじめられる側・まわりで見ている側のそれぞれの立場ならどうするかについて、思いを語り合いました。その後、全体に発表し、自分と違った意見にふれる機会を持ちました。中でも「自分はいじめられている友達を見て助けることができるか」の問いかけについて考える場面では、「もし、次に自分がいじめのターゲットになったらと考えるとこわくて勇気がでないかもしれない」や「そのままにしておいても、いつかは解決するのではないか」など本音を語り合い、様々な考えにふれる機会となりました。
次いで学校医の平場先生から、人の心を色にたとえ、色の混ぜ具合やその時々で、様々な色が存在するのと同じように、一人の人間の心もそのときによって何通りにも変化することが説明されました。今回の集会では「心の健康」をいじめの視点から考えることで、一人一人がこの難しい課題に真剣に向き合うよい機会となりました。  

     

             


11:12 | 投票する | 投票数(3)
2017/11/29

不審者対応訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by hmizue
11月28日(火)
 例年行っております不審者対応訓練を行いました。
午前10時30分頃、不審な人物(実際は不審者に扮した警察の方)が職員の制止を聞かず校内に進入し、高学年教室へ向かうという想定で行いました。児童には事前に訓練であることを知らせてありましたが、緊急の校内放送が入ると、どの教室からも緊張した空気が流れました。
 全校が速やかに体育館に避難している間、職員の中の安全対策班が、刺す又や移動式ロッカーなどで不審者と対峙し、警察の到着を待つという訓練も同時に行いました。
 その後、羽咋警察署生活安全課 小坂係長他2名の警察官により、不審者と出会ったときに気をつけなければならないことを「いかのおすし」の言葉で示した行動が、なぜ大切なのかについてご説明いただきました。
そして、代表の児童が不審者にあったという想定で、「ついていかない」「知らない人の車にのらない」「大声を出す」などの行動がとれるか実践してみました。また、その後、不審者と遭ったときのことを先生に報告する場面も行ってみてその難しさを実感することができました。
 最近は、校区の近隣でも不審者情報が頻繁に流れています。ご家庭でもお話しいただき注意喚起をお願いします。

        
17:05 | 投票する | 投票数(2)
2017/11/29

羽咋市子ども会ソフトバレーボール大会

Tweet ThisSend to Facebook | by hmizue
11月26日(日)
 羽咋市の小学校が参加する子ども会ソフトバレーボール大会が行われました。
4~6年生の女子が、学年ごとにチームを作って参加しました。結果は6年生Aチームが準優勝、5年生Aチーム、4年生Aチームがそれぞれ各学年の3位に入りました。惜しくも入賞を逃がしたチームも、声を掛け合い励まし合ってのびのびと試合に臨んでいました。 3週間の間、ご指導いただきました指導者の皆様、PTA育成委員の皆様、ありがとうございました。
 

        
14:16 | 投票する | 投票数(3)
2017/11/29

授業参観・児童引き渡し訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by hmizue
11月24日(月)
 この日は授業参観と6年生の給食試食会に加え、児童の引き渡し訓練を行いました。
 今回の授業参観では、今年取り組んできた低・中・高の2学年くくりの集会「ブロックほっとタイム」の様子を見ていただきました。低学年は「みんなとなかよく」、中学年は「本当の友達とは」、高学年は「親子ゲンカ」をテーマに自分の考えや思いを素直に表現し、一人一人が考えを深める本音トークの時間を共有しました。その後、防災教育をテーマに金沢大学 青木准教授と林准教授に災害発生時の対応について具体的にお話をしていただき、それを受けて実際の引き渡し訓練を行いました。
 今回は引き渡し時の順路や手順の確認を中心に、保護者のご協力を得て行うことができました。また、実際に行ってみたことで見えてきた課題については、今後さらに検討していく必要があるとわかりました。
 ご協力いただきました保護者やご家族の皆様、ありがとうございました。


          

             
13:05 | 投票する | 投票数(5)
2017/11/18

5年生総合・自分の夢をかなえる場所は?

Tweet ThisSend to Facebook | by hmizue

先日「夢作文」を完成させた5年生の総合的な学習の時間ですが,現在は「夢をかなえる場所」について学習しています。将来県外に出て働きたいか,ふるさとである羽咋市や石川県で働きたいか,自分の職業やしたいことと照らし合わせて,色んな人の生き方から自分の将来について考えました。

11月13日(月)には,羽咋市にある中国料理屋さん・開口笑の櫻井さんをゲストティーチャーにお招きしてお話を聞きました。櫻井さんは,県外で中国料理の修業を経て,現在はふるさとで働いています。しかしそれまでの間に,一度石川県に帰ってきて働いていたにも関わらず,もう一度県外で働くために上京したり,とても厳しい下積みの修業時代を過ごされたりと,たくさんの経験をされてきました。実体験を交えた櫻井さんのお話に子どもたちはとても聞き入っており,自分の夢をかなえる場所について改めて深く考えていたようでした。子どもたちがいつか仕事について考えるとき,この学習のことを思い出してくれれば嬉しいです。

櫻井さん、貴重なお話をしていただき、ありがとうございました。


15:08 | 投票する | 投票数(4)
2017/11/08

5年生・絆アップ宣言ポスター贈呈式

Tweet ThisSend to Facebook | by hmizue
 先日は、絆コンサートにたくさんの保護者の皆様や地域の方々にご来場いただき、ありがとうございました。
 絆コンサートのオープニングで5年生が発表した「絆アップ宣言」が11月7日(火)にポスターになって、贈呈式が行われました。
 今年のポスターは、毛筆で一人一人が心を込めて「絆」の文字を書き、思い思いの花の絵を背景に描きました。そして、瑞穂小学校をさらによくするために『先あいさつ』『時間・きまりを守る』『温かい言葉で学校をハッピーに』『感謝の心でありがとうの花を』の4つのスローガンを1枚1枚にていねいに書きました。
 「弟がいる2年生教室に貼りたいな。」「バスの待合所にも貼って、見てもらいたい。」
など、どこに誰のポスターを貼るかを決める時には真剣に話し合っている姿が見られました。
ポスターを貼る際も、「どこに貼ったらみんなが見てくれるかな?」と見る人のことを考えて場所を選んでいました。
思いの込もったポスターを、ぜひご来校の際にご覧下さい。


   

17:15 | 投票する | 投票数(7)
2017/11/06

みずほカストーディアル 活躍中

Tweet ThisSend to Facebook | by hmizue
11月6日(月)
 3連休明けの今日、校舎の中庭に植えられたやまぼうしの枯れ葉が山盛りになっていました。3年生を中心に、たくさんの児童がみずほカストーディアル用のほうきとちりとりを持って枯れ葉集めをしてくれました。「ごみはこっちに持ってきて。」「ぼくはゴミ袋をもらってくるよ。」と協力しながら一生懸命に集めてくれました。もともと「カストーディアル」とは、ディズニーランドの中の環境を管理する役割の人のことを意味します。
 スマートにゴミを集め、みんなが気持ちよく過ごせるようにと、みずほカストーディアルもがんばっています。                                                                                                        


     
15:04 | 投票する | 投票数(9)
12345