教室等にエアコン導入済(H29年度より)
 
   
 
スクールポリシー

平成29年度 学習指導方針(スクールポリシー)     石川県立金沢北陵高等学校

【教育目標】

変化する社会に適応し広く社会に貢献していくにふさわしい判断力や実践力、創造性等の資質や能力を育成する。

自己の個性を伸ばし他者を敬い、ともに進路実現を果たすために主体的に学ぶ意欲や態度を育成する

たくましい心と体、豊かな感性を養い、生涯学び続ける品位ある心豊かな人間を育成する。







【自校の現状・課題】

1 生徒は基本的な生活習慣を身につけ、皆出席者は増加傾向にある。さらに、高い規範意識を醸成することで、挨拶など品位のあるマナーとコミュニケーション能力の確立を図る。

2 生徒は、自分の興味や進路に応じた系列を4系列の中から選び、自分の時間割を作って学習するわけだが、その4系列の特色を活かし、系列横断的な取組みや各資格試験に挑戦させることで、生徒個々にもっと自信をつけさせる必要がある。

3 部活動は全体的に熱心に取り組んでいるが、まだ十分な結果が得られていない面もあり、内容を吟味し不撓不屈の精神力、集中力を高めつつ、家庭学習も持続的に行う、めりはりのある学校生活につなげていくことが求められる。

4 3年間の系統立てた組織的なキャリア教育により、大学進学から就職に至る多様な進路実現を可能にする支援体制がある。その多様さに応えられるだけの高い指導力が教員に求められており、常に担当者間の連絡・調整を行いながら、より良い授業に努め、進路実現につなげることが求められている。

【地域等からの要望】

1 行事や部活動等の活性化を通して、元気で行動力のある生徒を育て、地域貢献に意欲的に取り組む生徒を輩出することが求められている。


【本校において目指す生徒像】(育む資質・能力、身に付けたい力など含む)

① 挨拶や服装容儀など高い規範意識を身につけ、基本的生活習慣が確立した生徒。

② 希望する進路実現のために、家庭学習を習慣化し、主体的に学習に取り組む生徒。

③ 豊かな感性を養い、コミュニケーション能力を高め、積極的に行動できる生徒。

【学習指導方針(スクールポリシー)】

(1)挨拶・礼儀作法・身だしなみ・時間厳守について、時宜にかなった指導を行ない、規範意識を育む。

 生徒を注意深く見守り、面接や保護者との連絡をより密に行い生徒理解を深めながら「時を守り、場を清め、礼を正す」の指導を行い、規範意識を醸成する。

 

(2)生徒の主体的・能動的な学びとなるよう、ICT機器の活用等を通して絶えず授業改善に努め、基礎学力の定着と学力の向上を図る。

 言語活動やICT機器の活用によって思考を深める場面を増やし、生徒の興味・関心を引き出す授業の工夫・改善に努める。きめ細かな対応をしながら学習習慣を定着させて学力の向上を図る。

 

(3)組織的なキャリア教育と面談によりガイダンス機能を充実させ、生徒に自らの能力や適性に気づかせ進路を実現させる。

 「産業社会と人間」など総合学科ならではの科目の充実を図り、3年間を見通した進路指導計画を改良しながら、生徒個々の能力に応じた指導を行う。模擬試験や各種資格・検定試験等にも積極的に取り組み、挑戦する意欲と自信を持たせ進路実現を図る。