総合学科について

高校には様々な学科があり、学科ごとに学習内容も変わります。
国語や数学などの共通科目を中心に学ぶ『普通科』
工業、商業、福祉、農業などに関する専門科目を中心に学ぶ『専門学科』があります。
『総合学科』は幅広い選択科目の中から自分で選択して学習することができ、
金沢北陵高校は、平成7年に石川県内で初の総合学科として開設されました。




※令和2年度から商業系列は『ビジネス系列』、福祉系列は『生活・福祉系列』と名称変更します。


系列って何?

自分で選択して学習するといっても、どの科目を選べばいいのかと不安になることもあります。
興味・関心や能力・適性、卒業後の進路希望に合わせて科目を選択する目安になるように、
相互に関連の深い、いくつかの科目をまとめたグループ(科目群)『系列』と呼んでいます。

1年次の『産業社会と人間』という授業を中心に、自分の適性や進路について考えるので、
入学時に将来の進路やどの系列を選択するか決まっていなくても大丈夫です。
どの系列も進学・就職に対応しています。また、系列の枠を超えた資格取得が可能です。

       各系列の主な進学・就職実績(過去3年間)


キャリア教育の充実

将来、何をやりたいのかを考え、一人ひとりが自分の時間割をつくる総合学科では、
他者との関わりの中で、自分の将来の生き方や進路を考える学習、自立して生きていくために必要な
能力や態度を育てる教育を重視しています。キャリア教育の中心的な役割を担っているのが、
1年次『産業社会と人間』、2年次『総合的な学習の時間』、3年次『テーマ研究』です。



1年次『産業社会と人間』
ガイダンス、体験学習、ライフプラン作成などを通して、将来の自分について考えます。

  

2年次『総合的な学習の時間』
全員参加のインターンシップを軸に、地域や社会のあり方、勤労観・職業観を育成します。

  

3年次『テーマ研究』
一人ひとりが研究テーマを定め、調査研究や作品制作を行います。

  



北陵高校の特色や各系列の概要、進路実績や資格取得実績などは、
『学校案内パンフレット』『北陵だより』にも掲載しています。ぜひご覧ください。
授業風景や行事の様子などはホームページにて随時更新しています。