教室等にエアコン導入済(H29年度より)
 
   
 

お知らせ




 

お知らせ

金沢北陵高校には常設のレスリング場があります。
 レスリング部は
「自分の可能性をどこまで伸ばすことができるか?」をモットーに活動しています。

 卒業後は就職や進学など様々ですが、共通しているのは
「自分で考え行動し、物事を進めていかなくてはいけない」
 ただ単に「楽しい」ではなく、一生懸命に取り組み
自分の力を発揮して頑張れたことや辛いことを乗り越えた時に「楽しさ」を感じて欲しい

 1年生は集団の中で個人の役割を理解し、2年では1年生に教えながらも3年生の後押しを行い、3年で全体を見渡し、何か足りないのかなどを考え、目標に向かって全員をまとめながら部員達を牽引して行きます。
 そのために普段の活動以外でも、部として清掃活動や除雪作業などの活動を通して個人として何ができるのか? など自ら気づく力を養うことが大切です。また、様々なことを経験して、自分に自信が持てるようになって欲しい。

 「俺にはムリ」「俺にはできない。あいつだからできる」ではなく、自分の力を信じ、可能性を伸ばし何事にもチャレンジする。そんな人に成長し、卒業してほしい。

 入部してレスリング部の良さがわかります。「本質」を重視している部です。

 

日誌

レスリング日誌 >> 記事詳細

2017/10/11

国民体育大会に出場(レスリング部)

Tweet ThisSend to Facebook | by HK020
愛媛国体に出場!
 10月6日~10日にかけ、愛媛県宇和島市において国民体育大会レスリング競技が開催されました。
 本校からは主将の英 佳祐が出場しました。英は大会1か月前に腰を痛め、思うような練習ができない中での出場になりました。結果は2回戦で兵庫県代表に敗れましたが、今年に入り階級を上げ、北信越大会、全国総体等、厳しい試合が続く中、最後までしっかりと競技に向き合い努力しました。
 また本校卒業生である髙澤 淳介選手も成年の部で出場しており、5位入賞することができました。

華々しい会場で試合を行いました。


卒業生も成年の部で活躍!    宿舎ではテスト勉強をしていました。
11:25