R&Dプロジェクト部
令和元年度実績
・令和元年度高校生ロボット相撲 北信越・東海大会
 高校生自立部門 優勝、第5位 月29日 @富山県立富山工業高校


高校生ロボット相撲全国大会 出場
 高校生自立部門 2台出場、11月23日 @ビックパレット福島

全日本ロボット相撲全国大会
 出場
 自立部門 1台出場、12月14日・15日 @両国国技館


平成30年度実績(5大会の全国大会出場、うち1大会で全国大会入賞)

・総務省・文部科学省共催 高校生ICT Conference2018
 
サミット(全国大会)出場(県代表)
 (11月3日 @東京都)(商業同好会とのJV)

・第13回若年者ものづくり競技大会全国大会出場(県代表)
 (フライス盤職種 7月29日  @愛知県小牧市)

・平成30年度全国総合文化祭出場(工業部門_マイコンカーラリー大会)
 
 横Gコンテスト第5位
 BasicClass第8位(審査員特別賞)
 (8月9・10日、@長野県茅野市)

・平成30年度高校生ロボット相撲 全国大会 ベスト16
 (高校生自立部門 2台出場、11月23日 @福島県郡山市)

・平成30年度高校生ロボット相撲 北信越・東海大会
 高校生自立部門 第3位第4位 10月23日 @三重県津市

・ジャパンマイコンカーラリー北信越大会 全国大会出場 
 (画像処理部門 、1月12~13日 @東京都八王子市)

・ジャパンマイコンカーラリー北信越大会 
 (画像処理部門 第1位第3位 、11月3~4日 @長野県長野市)
 
R&Dプロジェクト部 >> 記事詳細

2018/05/21

無線LAN環境調査(R&Dプロジェクト)

Tweet ThisSend to Facebook | by 201710
R(リサーチ:調査)& D(ディベロップメント:開発)プロジェクト部です。

もし、無線LAN(AP:アクセスポイント)を設置するときには
どこに取り付ければよいか、調査をしました。

【調査の目的と背景】
①  少ないAP設置で普通教室すべてに無線LAN環境を構築することを想定し、
   2.4GHz帯を選択した。
②  2.4GHzはiPadに登録済みで、同等の電波強度のAPが4つ以上混在すると、
   通信速度が著しく落ちるため、離れた教室での電波強度の低下も確認したい。
③ ①②より、廊下天井にAPを設置し、階や部屋をまたぎ、左、右、左上、右上の
   4教室をカバーしたい。

【実験の条件】
使用電波   :2.4GHz
アンテナ    :筐体外に外付け2本、さらに鍵付きの樹脂ケースで囲む
設置想定箇所:主に廊下窓側の天井直下
送信機     :同時200台以上通信可能なモデル
受信機     :iPad
使用アプリ  :AR signal master

    
養生テープで機器をはり付け  現場へAPをつけた梯子を移動 設置予定箇所にAPを仮設置    

  
ほぼ同じ場所に仮設置完了  教室以外にも届くかもチェック  iPadの測定結果を地図に転記

【2,4GHz電波強度の調査結果(概要)】
・2Fの廊下の天井、2つの教室の間に設置すると、3Fの教室を含めて4教室をカバー可
・ただし、階段の近くはコンクリートが厚いので補間が必要
★直線の廊下で隣り合っているものの、
 新旧校舎の継ぎ目や校舎の継ぎ目だと気づかない部分の継ぎ目は
 階をまたいで斜めには電波は届きにくい(お互いの外壁が2重にあるため)ので
 補間が必要

                 
 ★34Hと35H、14Hと15H間に厚壁??? ★の測定結果を受け、設置場所(案)を変更
(●はAP設置場所、青は-40dBm(強)、緑は-50~65dBm(中)、オレンジは-70dBm(弱)を示す。)
08:45