> 教育課程> 学校目標 
学校目標
1 教育目標 
  児童生徒の障害の状況及び特性に基づいた教育を行い、将来の自立をめざして一人一人 の生きる力を伸ばし、自分らしく心豊かに生きていこうとする人間を育てる。
 
2 教育方針
(1) 児童生徒一人一人の障害特性とニーズに基づいた教育を実践する。 
(2) 個別の教育支援計画及び個別の指導計画に基づいたきめ細かな指導を図る。 
(3) 医療・福祉機関等と連携し、安全・安心な学校づくりをめざす。 
(4) 地域の企業・労働機関等と連携した進路開拓に努め、進路指導の充実を図る。  
(5) 地域の特別支援教育センターとして、相談支援機能の充実に努める。


3 中・長期的目標
(1)学校の現状  
① 肢体不自由、知的障害に対応する特別支援学校として、優れた施設設備を有効に活   用した質の高いきめ細かな特別支援教育を実践している。  
② 児童生徒の将来の生活に必要な資質・能力を育成するため、学習指導要領を踏まえ   た個別の教育支援計画の具現化を図り、授業改善と授業実践力の向上に努めている。  
③ 児童生徒の障害特性に配慮した指導・支援を行うとともに、保護者・医療機関等と   連携して安全・安心な学校づくりに取り組んでいる。    
④ 児童生徒の発達段階を踏まえたキャリア教育の推進、進路指導体制の充実と職業教 育の実践に取り組み、生徒や保護者のニーズに応じた進路実現をめざしている.
⑤ 複数の障害種に対応する専門性及び地域の相談支援機能の向上に努めている。  

(2)児童生徒に関する中・長期的目標  
① 健康・体力の保持増進に努め、生き生きと生活する児童生徒   
② 障害に負けない強い心をもち、目標に向かって挑戦する児童生徒    
③ 基礎・基本の力を身につけ、学びの意欲、向上心をもつ児童生徒     
④ 自らの意思を明確にし、主体的に行動する力と働く意欲を身につけた児童生徒

(3)教職員、学校組織の望ましい在り方  
① 児童生徒一人一人の夢を育み、その可能性に挑戦する学校組織
② 社会情勢の変化と学校の現状を把握し、危機管理体制を確立する学校組織     
③ 特別支援教育の使命と責任を自覚し、専門性と指導力の向上に取り組む教職員    
④ 課題意識と向上心を持ち、自らが考え行動する教職員 
⑤ 校務分掌等の業務内容と課題を把握し、自らが改善・工夫に努める教職員

4 今年度の重点目標
(1)授業実践力の向上(主体的・対話的で深い学び、自立活動の充実、ICT機器の活用) 
(2)キャリア教育の推進(人と関わる力・生活する力・働く力の育成) 
(3)防災教育の推進 (防災学習の推進、防災についての関心や意識の向上) 
(4)校務分掌等の業務改善(計画的かつ効果的な業務遂行、業務内容の分業化の推進)