> 教育課程> 知的障害教育部門 
知的障害児教育部門
児童生徒の能力、特性に応じて、各部で類型及びコースを編成している。

ア 小学部(2類型)
教育課程A:教科別の指導と領域・教科を合わせた指導を主とした教育課程
教育課程B:領域・教科を合わせた指導を主とした教育課程
イ 中学部(2類型)
教育課程A:教科別の指導と領域・教科を合わせた指導を主とした教育課程
教育課程B:領域・教科を合わせた指導を主とした教育課程
ウ 高等部(3類型)
産業技術コース:専門教科と教科別の指導を主とした教育課程
教育課程A:教科別の指導と領域・教科を合わせた指導を主とした教育課程
教育課程B:領域・教科を合わせた指導を主とした教育課程


◇教育課程表
知的障害教育小学部 
教育課程知小.pdf

知的障害教育中学部 B部門中学部.pdf
知的障害教育高等部 B部門高等部.pdf


<<特徴>>

① 児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた指導の充実
ア 児童生徒の発達段階に応じた指導を行うため、小学部から高等部まで教育課程をAとBの二つに分けて設定した。
 A  社会生活に必要な知識や技能を学び、働くことをとおして社会参加していいく力をめざす教育課程 
 B  基本的な生活習慣や生活技能を身につけ、児童生徒の日常的な生活力の育成をめざす教育課程

イ 生徒の長所や得意な分野を伸ばすため、高等部において産業技術コースを設けた。
・軽度の知的障害の生徒が対象 
・卒業後の一般就労をめざすコース
・適性に応じて「フードデザイン」と「ビルクリーニング」に分かれ専門教科を履修

② 自立活動の充実
ア 関係機関や専門家と連携した計画的な指導
イ 児童生徒一人一人に応じた教材・教具の活用

③ 交流教育の充実

ア 地域の学校や地域の人々との交流及び共同学習

イ 児童生徒が居住する地域の行事等への参加

④ 進路学習の充実
ア 小学部段階からの清掃学習・手伝い学習等、将来の就労につながる学習
イ 働くための基礎的・基本的な力を身につけるための中高一貫した作業学習
ウ 高等部産業技術コースでの職業的及び社会的自立をめざした、実習重視の指導
エ 一般就労や社会的自立に必要な知識や技能を習得するための、高等部産業技術コースにおける学校設定教科「ライセンスプログラム」