> 教育課程 
教育課程
個に応じた多様性のある教育課程の編成
学習指導要領を踏まえ時代に即応した教育課程の編成
           

 教育課程の編成にあたっては、社会の動向や保護者のニーズを踏まえ、障害のある児童生徒の社会自立・社会参加を念頭に置き、本校の教育目標である「一人一人の生きる力を伸ばし、心豊かに生きる人間の育成」に留意した。
 編成の方針としては、一人一人の教育ニーズに即した指導を進めるために、児童生徒の実態を的確に把握し、発達段階に応じた教育実践を推進する。そのために、「日常生活に必要な力」「体と心の健康」「コミュニケーション能力」「社会性」「働く力」の5つを柱として、指導の充実を図ることとした。

◇小学部では、基本的な生活習慣を身につけ、集団生活において必要な事柄を学習するとともに、働くことについての基礎的なことを学ぶ。
◇中学部では、小学部での学習を踏まえ、より日常生活に広がりを持たせるとともに、作業学習をとおして、働くことの大切さや意欲を培う。
◇高等部では、一般企業等への就労を目指して職場実習を中心とした就労指導を行うほか、特色のある専門教科を取り入れ、卒業後の職業生活に円滑に移行できるようにする。

学校全景