> 就学・進路> <卒業>進路 
進路
NEWS<進路>[全件一覧]

H28年度進路状況画像testuser2016/10/19
H27年度進路状況画像testuser2016/12/01

進路指導

(1)目標

進路学習、実習体験、進路情報の収集及び進路相談をとおして、自己を正しく認識し、自立した社会人を目指して進路を選択する態度を育成する。

(2)計画

  ① 進路学習・進路指導の充実

ア キャリア教育の推進

イ 進路希望調査、児童生徒の実態に基づいた進路相談の実施

ウ 進学模擬テスト、就職模擬テスト、進学講座の実施

エ 大学や職場、福祉施設等の見学

  ② 進路情報の提供・啓発

ア 講演会、懇談会の開催

イ 進路だよりの発行

ウ 進路書棚、掲示板での情報提示

   ③ 関係機関との連携

ア 体験先、実習先、進路先の開拓

イ わく・ワーク体験、職場実習の実施

ウ 金沢こども医療福祉センターとの支援会議の実施

エ ハローワーク見学、職業ガイダンスの実施、障害者就職面接会への参加

  ④ 卒業生の支援

ア 個別移行支援計画の作成及び支援会議の実施

イ 追跡調査の実施

ウ 卒業生との相談
 

進路目標

■小学部
《低学年》
(1)おおきな こえで あいさつと へんじを しましょう。
(2)さぎょうの じゅんびや かたづけを しましょう。
(3)きめられた じかんや きまりを まもりましょう。
(4)じぶんで できる ことは じぶんで しましょう。
(5)じぶんの すきなものを ふやしましょう。

《中学年》
(1)じぶんの きもちや いけんを はっきりいいましょう。
(2)いろいろな しょくぎょうや いきかたに ついて かんがえましょう。
(3)しょうらいの ゆめや きぼうを かんがえましょう。
(4)けいかくを たてて がくしゅうしましょう。

《高学年》
(1)相手の立場に立って行動しましょう。
(2)働くことの大切さや苦労を考えましょう。
(3)係や当番活動に積極的に取り組みましょう。
(4)将来の夢や希望を持ち、実現を目指して努力しましょう。

■中学部
(1)自分の長所や欠点に気付き、コミュニケーションができるようにする。
(2)生き方や進路に関する情報を収集し、色々な仕事を理解する。
(3)体験等を通して、勤労の意義や働く人々の思いを理解する。
(4)将来や夢にむかって目標を立て、計画的に努力する。

■高等部
(1)自己の職業的な能力・適正を理解する。
(2)場に応じた適切なコミュニケーションができるようにする。
(3)卒業後の進路や職業生活について情報を収集する。
(4)社会規範やマナー等の必要性や意義を体験を通して理解し、習得する。
(5)将来設計に基づいて課題を設定し、その解決に取り組む。