肢体不自由部門中学部の教育活動

肢体不自由教育部門 中学部
 

教科を中心とした学習、領域・教科を合わせた学習、自立活動を中心とした学習があります。小学部や小学校での学習を踏まえ、より日常生活に広がりが持てるような学習内容や活動を設定しています。

[英語]

音と文字の関係を学び、自分から読むことにしています。機器を活用し、積極的に表現しています

[音楽]
多様な音楽表現の豊かさや美しさを感じ取り、表現の技能を伸ばし、創意工夫して表現しています。

      

[作業学習]

エコクリーナー(ホワイトボードの黒板消し)やエコ封筒・お金袋等を作り、全校の皆さんに使用してもらい、需要が高いです。

[自立活動]
自立活動の6区分から、一人一人の生徒の目標を立て、健康の保持やコミュニケーション、身体の動き等に取り組んでいます。

[わくワーク体験]

2年生が、夏休みを利用して3日間実施しています。体験先は、福祉作業所、図書館、病院等さまざまです。将来について考えるよい機会となります。

[校外学習]

学年や学習グループで公共施設や福祉施設、会社、資料館、レジャー施設等に行き、見聞を広げる社会体験の場になっています。


英 語 「ICTを活用した授業」


体 育 「シンクロ」


職場見学 「障がい者雇用特例子会社見学」


国際交流員との交流 「ネームカード交換」


文化祭 「表現会 めざせ東京!かがやけパフォーマーズ」



いしかわ大運動会「フライングディスク競技」


キゴ山宿泊学習「レク企画」


修学旅行 「関西方面2泊3日」