> 教育課程> 肢体不自由教育部門 
肢体不自由教育部門
児童生徒の能力、特性に応じて以下の5類型を編成している。

ア 類型Ⅰ 小学校、中学校、高等学校学習指導要領に準拠する教育課程
イ 類型Ⅱ 下学年を適用する教育課程
ウ 類型Ⅲ 教科別の指導と領域別の指導を主とした教育課程
エ 類型Ⅳ 領域・教科を合わせた指導を主とした教育課程
オ 類型Ⅴ 「自立活動」の指導を主とした教育課程

 ◇教育課程表
肢体不自由部門小学部 
A部門小学部.pdf
肢体不自由部門中学部 A部門中学部.pdf
肢体不自由部門高等部 A部門高等部.pdf
在宅訪問教育部            在宅訪問部.pdf


<<特徴>>
① コース児童生徒の発達や進路など個々の教育的ニーズに応じた教育課程の編成
(類型Ⅰ~Ⅴ、及び在宅訪問教育部)

② コース制の導入

高等部 類型Ⅰ
「進学コース」「情報ビジネスコース」


③ 学校設定教科・科目の導入
高等部 類型Ⅱ
教科名「ビジネスワーク」

科目名 「情報基礎」「ワーク基礎」「ビジネス演習」


④ 自立活動の充実

ア 将来の自立に向けて、関係者や専門機関と連携した計画的な指導

イ 自立活動室や感覚学習室(スヌーズレンルーム)、温水プールの活用


⑤ コンピュータを活用した教育の充実

ア 情報処理、ワープロ、パソコン等の資格取得指導

イ 障害の状態や発達段階に応じた情報機器の活用


⑥ 進路学習の充実

ア 小学部段階からのキャリア教育

イ 中・高等部での作業学習や高等部での産業現場等における実習


⑦ 交流教育の充実

ア 地域の学校や児童生徒の居住地校との交流

イ 地域ボランティアの活用や学校施設の一部開放、地域行事への参加