輪島市立河井小学校
                                                                                    〒928-0001 石川県輪島市河井町18部1番地2
                                    TEL 0768-22-0836 FAX 0768-22-0302

                                    E-mail kaies202@po.city.wajima.ishikawa.jp


                                                                                    ようこそ 河井小学校ホームページへ
 

学校長紹介



子どもの成長が見え、応援される学校づくり
【心が育つ、学力が伸びる、体力がつく】積極的な指導 ~
「みんなで輝き、人が育つ学校」の推進

輪島市立河井小学校長 橋田 宏幸

 

校長先生のブログ

校長室より
12345
2019/10/28

こころとかたち

| by kawaie

                                     こころとかたち
                         ~見えないことが見えることを育てる~  
                                                                                         10月28日(月)


 週末ごとに台風が日本列島を襲い、甚大な被害をこうむっています。亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を表すとともに、お見舞い申し上げます。
 さて、4年生の米作り体験では、表正克さん、輪島公民館、JAわじまの方々にお世話いただき、稲刈りとはざ干しも終わり、収穫祭の親子餅つき行事を待つばかりです。また、2年生の野菜作り体験で、輪島公民館、はなさかクラブの方々にお世話いただき「サツマイモの収穫」を行い、サツマイモパーティーも計画されています。
 収穫の秋を迎え、河井小学校の教育活動も【心が育つ・学力が伸びる・体力がつく】というまさしく「実りの秋」です。


人生100年時代に向けた教育を!              ~学力と心力を伸ばす働きかけ~
 輪島市教育委員会の宮坂雅之教育長が、機会をとらえて、見えない力の向上についてよくお話しされます。それは、人生100年時代を向かえるにあたり、学力をつけることと同時に、やり抜く力・がまんする力・困難からの立ち直る力・仲良く協力してやっていく力・怒りをコントロールする力など非認知力を育ててほしいということです。それは、生涯学び、活躍していく素地をつくるためだからです。

 
 来年度、新たな学習指導要領が完全実施されます。確かな学力の育成、豊かな心の育成、健やかな体の育成は、教育政策の目標となっています。それは、生きて働く知識・技能の習得、未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力の育成、学びを人生や社会に生かそうとする学びに向かう力・人間性を養い育てることです。
 
 また、基本的な方針の1つとして、夢と志をもち、可能性に挑戦するために必要とする力を育成することを掲げています。自分にはよいところがあると思う自己肯定感・自己有用感の育成、人権教育といじめの根絶も施策としてあげられています。


今日的開発課題を実現へ!                    ~ノーベル化学賞 吉野 彰 氏~

  今、何が求められているのかを考え、実現に向けてやり抜き、開発を成し遂げ、ノーベル化学賞を受賞されました旭化成の名誉フォロー・吉野 彰氏です。「リチウムイオン電池」の開発が世界的な栄誉に輝きました。リチウムイオン電池は、軽くて、再充電できる強力なバッテリーで、小型の携帯電話やノートパソコン、電気自動車などに使われています。現在の通信手段や情報伝達の情報化社会を支えるほか化石燃料に頼らない地球温暖化の解決にもつながる成果として高く評価されました。
 そこで、研究者の姿勢を語るとともに、子どもたちにエールを送っているので紹介します。


研究者は基本的に、1つは柔軟性と、もう1つは真逆の執着心というか、しつこく、しつこく最後であきらめない。この2つが必要だ。一番難しいのは、剛と柔のバランスをどうとるか。かたいばかりだとめげる、柔らかいばかりだと前に進まない。大きな壁にぶち当たった時も『まあ、なんとかなるわ』と。そういう柔らかさも絶対にいるんじゃないかな。

 

感動して涙する歌声を届けよう!           ~輪島市小学生「合唱の集い」~
 5年生が、輪島市小学生「合唱の集い」に向けて、1ヶ月近く練習に取り組み、本番を迎えました。曲名は、SEKAI NO OWARIの「RAIN」でした。素敵な歌声を届けたいと願い、仲谷響子さんをお招きして、歌唱指導をしていただきました。仲谷響子さんは、輪島市出身で、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業され、ソプラノ歌手として活躍されています。また、OKEエンジェルコーラスを金沢市で指導でされています。 
 歌で使う声の発声練習を行い、姿勢、表情など細かなアドバイスを受けながら、合唱が進められました。子どもたちに伝えたいことはありますかと尋ねたところ、「河井小学校の子どもたちは、力があります。子どもたちの歌は、プロが歌うよりも聴いている人を感動させる力があるので、本番を期待します。」とエールをいただきました。
   そして、本番!「言葉、盛り上がり、バランス、気持ち、どれも良かったです。ハモリにジーンとしました。200点です。心から拍手です。」と感想を頂きました。


「形は心をつくり、心は形にあらわれる」と言われます。こころとかたちの相関関係で人が育っていきます。自分にはよいところがあると思う心が、自分を育てる、集団を育てるよりどころとなると思います。
教職員一同、子どもたちの健全な成長に向けた取組に邁進して行きます。今後とも、本校の教育活動に対し、ご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。


13:09
2019/09/27

みんなにしてあげる「喜び」!

| by kawaie

                                                          みんなにしてあげる「喜び」!
                              ~心を育て、教育活動の充実を目指して!~    
                                                                                                                                                                            9月27日(金)

 
 今年の夏も、今までにない天候でした。酷暑、台風による暴風と大雨が日本列島を襲い、自然災害の怖さにおびえました。輪島では、大雨による洪水や土砂災害の危険が迫っているとして「警戒レベル4(避難勧告)や避難指示(緊急)」が発令された時がありました。幸いにも大きな被害はありませんでしたが、自然の猛威の怖さを痛感させられます。
 植物の実りの秋!勉強の秋!スポーツの秋!芸術の秋!です。子どもたちの学びの姿に期待が持てる秋です。教育活動もますます充実していきます。


「優しい関わり」と「感謝」            ~優しくされると優しくなる~

 台風15号が関東地方を襲いました。暴風雨により、甚大な被害がでました。特に、千葉県では「電柱が倒れ、電気が来ない。水道の水が出ない。屋根が飛んで天井がない。」など普通の生活が、何日もできない状態でした。復旧工事が急ピッチで進められています。9月16日の新聞で「赤の他人ではいられない~停電11万戸、約2万戸断水~」と報じられていました。ボランティアの方もたくさん支援活動にあたっています。ボランティアの高校生は「同じ地域で苦労している人がいる。復旧に貢献したい。住民の方から助かったといわれ、うれしかった。」と話していました。助けてもらった感謝の思いが、関わり合いの中に広がっています。


スポーツや運動会を通した喜びと感謝!              ~感動の思いの広がり~

 運動会では、いろいろな喜びが交差しています。全力で楽しむ「自分で活動する喜び」、応援される「周りからしてもらう喜び」、応援団や係活動など「リーダーシップを発揮する喜び」があります。また、一生懸命に取り組む姿、活動ぶりは、見るものに感動という喜びを与えます。そして、応援してよかった!見てよかった!とありがとういう感謝の気持ちを抱かせます。

 
 運動会の終わりの挨拶
    今日の運動会を全力で取り組むことができたのがよかったと思います。運動会を成功させるために頑張ってき
    た自分を褒め、準備や指導をして下さったお家の方や先生方に感謝しましょう。

 
 星稜高校野球部の甲子園準優勝のお礼
     1人では、ここまで来れなかった。
     9人でも、ここまで来れなかった。
     77人でも、ここまで来れなかった。
     100万人超の応援があったから、ここまで来れた。
  
    念願だった甲子園決勝の舞台に立つことができました。
    マウンドに立てた者、グラウンドに立てた者は限られていたかもしれません。
    でも、ベンチのみんな、応援の皆さん、声援を送ってくれた全国、石川県、ファンの皆さまと、感動を分かち
       合えたとしたらこれに勝る喜びはありません。
    応援ありがとうございました。

 
 星稜高校野球部のメンタルトレーニングでは、【感情】をプラスにして【思考と体調】を高めています。目標達成のためにやらなければならないことを「快」として、ワクワクしながらチャレンジしています。自分のためだけでなく、誰かのために夢や目標を持つことで、自分を乗り越える力としているそうです。

  
職員一同、子どもたちの「心の力」を伸ばし、健全な成長に向けた取組に邁進して行きます。今後とも、本校の教育活動に対し、ご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。


08:26
2019/09/02

花に水 人に愛 学びに心 そして 人生に夢

| by kawaie

                                     花に水 人に愛 学びに心 そして 人生に夢
                                               ~次の成長に向けたスタート!~
                                                                                                                                                            9月2日(月)

 台風の通過により、過酷な暑さの気温も下がり、吹く風に涼しさが感じられます。3日間の全校登校日、ウォーミングアップ登校日を終え、楽しかった夏休みも終わり、いよいよ、2学期のスタートです。学びの場の学校にも、活気が戻ってきました。
 2学期は、1学期に頑張ってきたことを成果として表す学期です。「きれいなことば やさしいこころ」をモットーに【心が育つ・学力が伸びる・体力がつく】教育活動の働きかけを継続していきたいと思います。
 11月14日(木)に河井小学校で第60回石川県視聴覚教育研究大会・輪島大会の研究発表会があります。大会研究主題は「情報を主体的に活用し、「自ら学ぶ力」をつけるための視聴覚教育の在り方を追求しよう ~ICTを活用した主体的・対話的で深い学びを目指して~」です。本校は、「聴いて、考えて、つなげる授業づくり」と研究を進めています。2年空組と6年生が授業を公開して、教育活動の様子を見ていただきます。
 
花に水 人に愛 学びに心 そして 人生に夢
 料理研究家の神田川俊郎氏は、いい料理を作るために「花に水 人に愛 料理に心」と話していました。この言葉を借りて、学校・学びと人生にあてはめて、心の中で思っている言葉あります。それは、「花に水 人に愛 学びに心 そして 人生に夢」です。いずれも、生活の中で欠かせないもので、大切にしてほしいと考えています。

  
  花に水→花には水が必要です。水がないとしおれます。土の中の栄養分を溶かして吸収できません。
  人に愛→愛がないと心が荒みます。愛とは、親切、思いやり、感謝、礼儀、相互理解、許し合いなどです。
     周りの人を大切にすれば、巡り巡って自分も大切にされるものです。
     コミュニケーションによる関わり愛です。
  学びに心 →学びは、心をこめてです。子どもたちの成長を目指すための責任感と使命感、子どもたちへの愛
      情、確かな力量が教育へのエネルギー源です。教育は人なりです
  人生に夢 →夢や希望が自分を大きくしてくれます。実現への自己研鑽が自己成長を促します。
      「夢なき者に成功なし」江戸時代に活躍した吉田松陰氏の名言です。


ルール マナー エチケット       ~インテグリティ(誠実さ、真摯さ、高潔さ)な振る舞い~
 最近、「交通トラブル」など人との関わり合いについてよくないことが報道されています。スポーツ界では、いろいろな問題に対してスポーツ競技の価値を下げない取組をしています。日本オリンピック委員会・強化本部は、『人間力なくして競技力向上なし』を合言葉に心の啓発と競技力向上を狙っています。
 それを受けて、バスケット競技では、指導者や選手、組織に対して、インテグリティ(誠実さ、真摯さ、高潔さ)な振る舞いを求めています。誠実さとは、うそをつかない・相手を傷つけない・真心があることです。真摯さとは、相手の気持ちを考えて行動する・ひたむきにということです。高潔さとは、心気高く、清らかであるということです。
 
 私たちの身近な合言葉で「ルール マナー エチケット」があります。

         ルールは、守るべききまりです。
        マナーは、一般常識、公共の場での行動基準です。
        エチケットは、人に不快感を与えないように気をつかうことです。

  
 小学校は、社会に出るための素地作りの時期です。子どもたちの学校生活ではもちろんですが、家庭や社会生活においても、身につけてほしい振る舞いだと考えています。


 2学期は、1学期の成果を土台に、さらに充実した学校生活が送れるよう教職員一同、取り組んでいきます。今後とも、本校の教育活動に対し、ご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。


 


10:40
2019/07/19

「学びの目」の真剣さと「学びの空気」のあたたかさ

| by kawaie

              「学びの目」の真剣さと「学びの空気」のあたたかさ
                                                          ~1学期の成長度のふりかえり~
                                                                                                                                          7月19日(金)

 
   暑さの到来に夏を感じますが、教室内は、空調設備が整い、快適な学習環境です。4月に新学年が始まり、はや4ヶ月が過ぎ、もう夏休みを迎えます。
 教育方針を「子どもの成長が見え、応援される学校づくり」としてスタートしました。入学式後の始業式では、「やさしく」「話を聴く」「あいさつ」「そろえる」ということをお願いし、約束しました。【自分から】【みんなのために】を合言葉に、よりよい成長をしてほしいです。学校では、「きれいなことば やさしい心」を呼びかけ、【心が育つ、学力が伸びる、体力がつく】積極的な指導を行い、「輝く笑顔」「みんなで輝き、人が育つ学校」に向けた教育活動を進めてきました。


式での「4つの約束」の実行度!

1つ目の約束は、「やさしく」です。
   お互いに関わり合うを大切にしてほしいです。いじめによる重大事件が報道されいてます。ことばや行動の行き違いから、心や体を傷つけることがあります。ひとつのことばを大切に、美しくして、人に優しくしてほしいです。児童玄関の「輝く河井っ子」に一人一人の輝きが、たくさん書 かれてあります。もっともっと輝いてください。

2つ目の約束は、「話を聴く」です。
    学校は勉強する所です。学んだことを身につけていく所です。そのためには、「話を聴く」ことが第一です。学習中の「あたたかな聴き方」「やさしい話し方」ができ、学びの空気のあたたかさを感じられます。聴いて、考えて、話して(受信→思考→発信)、学び合いを高めていきましょう。

3つ目の約束は、「あいさつ」です。
   授業の始めと終わりの時、学校で出会った時などのあいさつが身についてきました。あいさつは、「笑顔で・自分から・立ち止まって・語先後礼」で行います。先にあいさつすると、あいさつが返ってきます。あいさつされると、心にカロリーが与えられます。ウイン・ウインのいい関わり合いが欠かせません。

4つ目の約束は、「そろえる」です。
   自分のみなりや身の回りを整え、みんなでそろえましょう。身なりは、【名札、えりやボタン、シャツイン、ズックのはき方】です。身の回りは、【机の上、机の中、机の位置、下駄箱のズックのそろえ】です。そして、廊下や教室など学校の学習環境をきれいにそろえて下さい。
                     「行動をそろえよう 声をそろえよう すると心がそろい みんなの笑顔がそろう」


1学期の成長度、輝き度!

 ①落ち着いた雰囲気での学習!学びの目、学びの空気が見違えるようになりました。
 ②石川県基礎学力調査で好成績!
   小学4年     国語    河井小 86.7 →   県平均 65.2    +21.5
                  算数    河井小 87.4 →   県平均 72.9    +15.5
   小学6年     社会    河井小 78.5 →   県平均 70.4    +   8.1
            理科    河井小 68.8 →   県平均 63.9    +   4.9
③6月の金管鼓隊の演奏で最高の賞賛!「心が一つになっている!完璧!」と高評価を頂きました。
④運動面でも大活躍!
 ・6年生の陸上競技大会で上位成績を収め、大会新記録が続出しました。史上初の2年連続男女リレー優勝に輝きました。  
  県陸上競技大会で、優勝や上位成績という栄誉を収めました。
⑤言語活動の充実!
  ・詩の暗唱は、今年度で4年目になります。全校全員合格です。6年生は、4年間で30作の詩を唱えました。(話す)
  ・行事作文を新聞投稿し、随時、新聞に出ています。(書く)
   ・図書室の本の貸出冊数・読書冊数が、大幅に増えています。(読む)
 ⑥家庭学習の自学ノート完了の「かしこ山遊園地」の入場者数、昨年度の2倍!
 ・職員室前に「いいノートの見本」や「完了ノート」が展示されています。自学ノートの「ノートの使い方」「字の美しさ」「内容」が充実しています。 
 ⑦学習規律や生活目標の取組で花丸連発! 


 いよいよ、夏休みです。計画的に勉強をし、長期の休みでしかできないことに挑んで下さい。また、むし歯を治すこと、ケガや病気、事故に気をつけるなど健康面や安全面にも配慮した夏休みを送って下さい。
 
1学期の成果を土台に、2学期はさらに充実した学校生活が送れるよう職員一同、取り組んで行きます。今後とも、本校の教育活動に対し、ご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。 


 


11:09
2019/06/26

Young Man

| by kawaie

                YoungManすばらしい河井っ子! 
                ~心が育つ 学力が伸びる 体力がつく~

                                                                                                            6月26日(水)

   日差しの強さが、暑い夏を予感させます。プールでの水泳指導が始まり、1学期のしめくくりの時となりました。先日の学校公開では、お忙しい中、授業参観をはじめ、親子学年行事や教育講演会など多数のご参加、ありがとうございました。子どもたちの学びの様子は、いかがだったでしょうか。落ち着いた雰囲気で学習に取り組んでいたでしょうか。本校では、「みんなでかしこくなりましょう」を合言葉に、「広めよう!深めよう!自分の考え!」を学力向上の柱とし、学び合う姿を目指します。

 先月、川崎市で、スクールバス待合の登校時に痛ましい事件がありました。また、登下校時の歩行中に自動車事故に巻き込まれる事件が報道されています。あってはならないことです。登下校や放課後の安全指導を十分に行いますが、ご家庭でもご指導をよろしくお願いします。


 
「笑顔」を届けるために同時発火! 

   わじま市民祭りでは、「Young Man(ヤングマン)」を5.6年生が金管鼓隊で演奏しました。「良かった!」「最高!」「涙が出ました!」「完璧!」「心が一つになっている!」「音が出ている!」と賞賛の言葉をたくさん頂きました。子どもたちの成長に喜びを感じました。ありがとうございました。

 子どもたちの立てたスローガン【仲間との絆 ~みんなで届けよう河井っ子の笑顔~】と「去年を超える」を合言葉として練習に励み、その成果を全て発揮することができました。子どもたちの志と意欲、先生たちの支援が高まり合い、マリンタウン広場で同時発火した瞬間でした。

 

「潜在的に秘める無限の可能性」への挑戦   ~姿勢・思考を変える(マインドセット)

  2019年ラクビーワールドカップ日本大会が近づいてきました。2015年イングランド大会では、優勝候補の南アフリカに勝利し、「史上最大の番狂わせ」と言われるくらいの活躍ぶりでした。

   当時の全日本監督のエディージョーンズ氏は、どんな指導方針でチーム作りをしたのでしょうか。選手の【姿勢・思考を変える(マインドセット)】の成果と言われています。

       
     
・どうせ負けるだろう   マインドセット  →勝ち方(勝つ文化)を教える

        ・私たちには、無理だろう  マインドセット  →誇りと自信を持たせ、世界と戦う姿勢に変える


   一番の課題は、リーダーシップをつけることでした。リーダーズグループをつくり、必要な4つの要素を身につけることにとりかかりました。【①理想的な姿勢をチームに見せること ②モチベーション(動機付けや目的意識)を上げる ③一人一人への配慮 ④あたり前を変えること】でした。

   競技力向上を狙った積極的な指導ですが、みんなで輝く学校づくりや学力向上の取組にも共通したことがあります。【心を育てる】ことが何事にも大切なことです。

 

 ヤングマンの歌詞通りに「若いうちは何でもできる」のです。すばらしい河井小の子どもたちです。潜在的に秘める無限の可能性をさらに伸ばせる取組を教職員一同で行っていきますので、保護者や地域の皆さまの河井小学校の教育活動に対しご理解ご協力をよろしくお願いします。 



09:26
12345