沿革


昭和14年 4月石川県立小松工業学校と称し、機械科と電気科を設置し県立小松中学校を仮校舎として開校
昭和15年 4月石川県小松市向野地方の2の29に校舎を新築し移転、同時に第二本科機械科新設
昭和23年 4月学制改革により小松工業学校に小松商業学校を合併し、石川県立小松実業高等学校を設立、紡織科新設
昭和24年 4月石川県立小松高等学校、小松実業高等学校、小松農業高等学校を合併して総合制(普通課程・農業課程・工業課程・商業課程・家庭課程)石川県立小松高等学校設置
昭和27年 4月総合制小松高等学校を石川県立小松実業高等学校(農業課程・工業課程・商業課程・家庭課程)と石川県立小松高等学校に分離
昭和28年 3月家庭課程廃止
昭和29年 3月農業課程廃止
昭和33年 2月紡織実習室竣工・商業実践室整備
昭和37年 9月小松市打越町に新校舎起工
昭和38年 4月石川県立小松商業高等学校が新設され、商業科募集停止
昭和38年 6月小松市打越町丙67に新校舎を竣工し移転
昭和40年 4月商業科廃止により、校名を石川県立小松工業高等学校と改称、工業化学科新設
昭和41年 4月建築科新設
昭和42年 4月土木科新設
昭和43年 4月建築・土木科実習棟完成
昭和48年 3月機械・紡織科実習棟完成
昭和48年 4月紡織科を繊維工学科へ学科改編
昭和49年10月第2体育館及び渡り廊下完成
昭和50年 3月4階建実習棟の一部完成
昭和54年 3月A棟・C棟防音工事完了、C棟4階建実習棟(工業化学科)完成
昭和55年 3月D棟4階建第1期工事(機械科・建築科・工業化学科)実習棟完成
昭和55年 7月創立40周年記念式典挙行及び同窓会館竣工式、同窓会全国大会を挙行
昭和56年 3月B棟防音・暖房工事完了
昭和56年  9月グランドの夜間照明装置整備
昭和57年 3月D棟4階建・第2期工事(機械科・電気科・建築科・土木科・工業化学科・繊維工学科)実習棟及び生徒談話室(ラウンジ)完成
昭和58年10月自転車置場(全6棟)完成
昭和59年 1月E棟3階建(電気科・土木科・繊維工学科)実習棟完成
昭和61年 1月D棟4階建・第3期工事(電気科・土木科・繊維工学科)実習棟完成
昭和61年 2月新実験実習棟落成記念式挙行
昭和61年 3月情報教育実習室完成
平成 元年 5月グランド・ハンドボ-ルコ-ト・テニスコ-ト改修完了
平成 2年 4月機械科募集停止、機械システム科新設
平成 2年10月創立50周年記念式典及び同窓会全国大会挙行、トレ-ニングセンタ-完成
平成 3年11月第1体育館改築・記念式典挙行
平成 6年 4月電気科1学級募集停止、電子情報科新設、工業化学科及び繊維工学科募集停止、マテリアル科新設
平成 7年 3月防音工事(除湿設備)完了
平成 8年 4月機械システム科1学級募集停止
平成11年 5月弓道場完成
平成11年10月創立60周年記念式典挙行及び近10年史発刊、校内LAN整備
平成12年 1月B棟大規模改造・耐震補強工事完了
平成12年11月A棟耐震補強工事完了
平成14年 3月実習棟屋根ふき替え工事完了、校内LAN整備工事完了
平成15年 3月プール撤去工事完了、渡り廊下改修工事完了、自転車置場改修工事完了
平成16年11月高知県立高知工業高等学校と姉妹校提携
平成17年 3月第2体育館床改修工事完了
平成17年10
石川の学校教育振興ビジョン推進事業完了(校内前面道路舗装、太陽光発電システム、校内案内システム、校内メンテナンス)
平成20年 4月建築科及び土木科募集停止、機械テクニカル科・建築土木科新設
平成21年10月創立70周年記念式典挙行、校門新設及び近10年史発刊
平成21年12月D棟大規模改造・耐震補強工事完了
平成23年 3月実習棟大規模改造・耐震補強工事完了 
平成25年 4月機械システム科、機械テクニカル科募集停止、機械科2学級新設、電子情報科募集停止、電気科1学級増設、建築土木科及びマテリアル科募集停止、建設科・材料化学科新設 

    
 
70周年記念
校門
 60周年記念
石碑
 50周年記念
トレーニングセンター
 40周年記念
同窓会館