校章・校訓

 [校章]
 本校は昭和14年に石川県立小松工業学校とし創設され、学制改革などを経て昭和27年に新制小松実業高等学校として生まれ変わったが、その当時、京都大学の伊藤一信助教授によって制作されたものである。ここには、生徒職員が互いに団結しつつ、農工商の3課程の特徴を十分に発揮しながら、バランスよく発展する願いが込められている。
 また、デザインは小松の【小】や霊峰白山の形状にも通じ、未来永劫にわたり、本校の発展を願ったものである。
 

[校訓]

質実剛健   自重自治

 

校歌

[校歌石碑]

クリックすると音楽が流れます
1 わがなつかしき ふるさと小松
  母なる白山 広き加賀野よ
  ああ青春の 若人われら
  あふるる希望の 世界の子らよ
  友よ高らかに 歌えもろともに
  いざや限りなき われらが調べ 
2 梯川の 流れも清く
  ふるさとの心 ゆたかに流る
  ああ青春の 若人われら
  打ち樹てよ正義 守れよ祖国
  友よ高らかに 歌えもろともに
  いざや限りなき われらが調べ
3 生命の海よ 鳴りとどろけよ
  ひろびろと波を 漕ぎわたりゆけ
  ああ青春の 若人われら
  たぎりみつ力 輝く未来
  友よ高らかに 歌えもろともに
  いざや限りなき われらが調べ