教職員研修

第1回教職員進路指導研修

面談に求められるコミュニケーション力


日時 平成29年12月20日(水)15:15~16:15
場所 小松工業高等学校 視聴覚室

 外部講師による教職員研修(進路指導研修)が行われました。
 挨拶は、自分の心を開き、相手に近づく時の最初のコミュニケーションであり、受ける側にしっかりと挨拶が伝わることが大事だと説明ありました。
 また、身だしなみや無意識な行為により受け側の印象も変わることも認識しました。
 教員としての質的向上として学習することができました。


 

教職員研修

第2回教職員企業研修

見学先  小松ウォール工業株式会社
日 時  平成29年12月5日(火) 14時00分~15時30分
見学者  石川県立小松工業高等学校 教職員52名
 
 間仕切り専門メーカーである小松ウォール工業株式会社を見学をさせていただきました。
 お客様のことを考えたモノづくりをしており、プライドと責任を持ち業務に取り組んでいるため、完成・納品の時の喜びはどこにも負けない達成感や満足感が感じられると説明されていました。
 会社概要説明の後に、壁の面として使われるパネルの製造工程を見学しました。吸盤でパネルを運搬し加工や塗装もロボットの稼働により効率化され進捗状況もコンピュータで制御されていました。
 就職希望の学生に対して「会社があなたを成長させる」のではなく、「成長するのはあなた自身です」と説明することも印象に残りました。
 この企業研修を通して見たこと聞いたことを進路指導、教育活動に活かしていきたいと思います。


 

教職員研修

平成29年度第1回教職員企業研修を実施しました。

見学先 株式会社丸西組(梯川護岸工事)

日 時 平成29年6月30日
見学者 石川県立小松工業高等学校教職員 43名

 小松市一針町で行われている梯川の護岸工事を見学しました。現地では洪水対策として行われている川幅の拡張工事を見学し、作業工程の説明を受けました。社会人2年目となる本校卒業生が、今回見学を行った現場で勤務しています。
 多くの作業員と協力し仕事を進めていく上で、コミュニケーション能力が大変重要であると説明を受けました。


 

教職員研修

生徒指導講話
日時 平成29年5月17日(水)
場所 小松工業高等学校 視聴覚室
講師 生活指導アドバイザー 村上 哲夫 氏

 生徒指導アドバイザーの村上哲夫先生による教職員研修が行われました。
 生徒が安全に学校生活を過ごすため、教員が心がけておくべきことを再確認し、
教員の質的向上と組織的対応に関して学習することができました。