学校経営基本構想

平成29年度 松波中学校の教育について

 

1.教育目標

自己教育力に富み、社会性・人間性豊かな生徒の育成

 

 

2.めざす姿

(1)生徒像

   向上心をもって粘り強く取り組む生徒

   自らの考えをもち、表現しようとする生徒

   礼儀正しく、思いやりと感謝の心を身につけた生徒

 

(2)教師像

   危機管理意識が高い教師

   確かな指導力をもった教師

   豊かな人間性をもった教師

 

(3)学校像

   安全・安心な学校

   協働意識が高い学校

   笑顔あふれる学校

 

 

3.学校経営ビジョン

(1)子どもたちが安全・安心に学べる学校

   学校教育全体を通して、子どもたちに自らの安全確保に必要な力を育成する。

   生徒の変化を敏感に把握し、いじめ等を見逃さない。

   教職員の危機管理意識を高め、効果的に働く仕組みを絶えず見直す。

 

(2)生徒の確かな学びを保障する学校

   学力調査等の結果を活用した、個に応じたきめ細かな学習指導を行う。

   自ら課題を発見し、主体的・協働的な学びを重視した授業改善を推進する。

   体験活動や総合的な学習の時間を活用して、教科横断的な学びを推進する。

 

(3)教師の研修意欲が高い学校

   人権感覚を高め、指導力を高める研修を推進する。

   日常的に共通理解やコミュニケーションを図る職場づくりを進める。

   ワークライフバランスを向上させ、子どもと向き合う時間の確保に努める。

 

(4)地域社会の一員として信頼される学校

   学校公開や日々の教育活動についての情報発信を積極的に進める。

   学校評価は焦点化した評価項目に絞り、改善の方向や方策を提示し公開する。

   地域人材や施設を積極的に活用し、社会に開かれた教育課程の構築を進める。