石川県立松任高等学校 
 
校長あいさつ



                     ≪校長あいさつ≫

地域に貢献する人材を輩出

 本校は、地域の方々の熱心な働きかけにより、昭和38年に創立され、本年で56年目を迎えます。この間、卒業生は1万5千名を超え、県内を中心に産業界・政界など多方面で活躍されています。平成22年度からは、普通科・総合学科併設校として、各科の特色を生かして進学・就職と多様な進路選択に対応し、地域に、そして広く社会に貢献できる人材の育成に努めております。

確かな学力を育成

 平成28年度から文部科学省の「高校生の基礎学力の定着に向けた学習改善のための調査研究事業」の実践研究校として指定を受け、ICTを活用した授業改善など新たな取組みを展開してまいりました。研究校指定の最終年度を迎え、学習改善のためのPDCAも確立されつつあります。教職員が近隣の小学校・中学校を訪問して指導法を学んだり、全国から先生方をお迎えして情報交換・意見交換に努めたり、それらの結果をもとに校内で協議を深めたりしてきた成果が、生徒の家庭学習の充実や学力の向上として表れてきています。

一人一人に合わせたきめ細やかな進路指導

 進学希望者の多い普通科では、学問への興味・関心を育てる魅力ある授業を展開するとともに、高い志望を持つ生徒には個別指導も充実させております。総合学科では、広く社会を知り深く自己を見つめるキャリア教育の充実を図り、就職はもちろんのこと進学指導にもきめ細やかに対応しております。

生徒が確かな学力を身につけ進路希望を実現できるように、生徒も教師もたゆまず学びを深め、地域の方々の期待に応える学校づくりに邁進してまいります。今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

 

                               本校ホームページをお訪ねいただき、ありがとうございました。
                                                        石川県立松任高等学校 校長 北村 幸恵