石川県立松任高等学校 
 
進路状況

                    

平成29年度 進学者の内訳




平成29年度 学科別 進路状況




IRいしかわ鉄道株式会社 就職(総合学科・野々市中出身)


 私は部活動が終わったら就職をしようと考えていました。私がIRいしかわ鉄道を目指そうと考えたのは、「厳しいことから逃げている自分」に就職活動を通してチャレンジしたいと思う気持ちがあったからです。試験科目も多く、内容も難しく感じられたので、これまでよりも数倍も努力しなければいけませんでしたが、幸運にも内定をいただくことができました。高校で学んだ「人との出会いや人との関係性の大切さ」を、今度はお客様との出会いや、職場における人との関係性を大切にすることで、今後に生かしていきたいです。先輩に負けないよう頑張りたいと思います。



EIZO株式会社 就職(総合学科・松任中出身)


 1年次の初めのころは専門学校進学を希望していましたが、次第に就職を考えるようになりました。2年次は、就職に向けて資格を取得するため、「情報ビジネス系列」を選択し、いくつかの資格を取得することができました。勉強が得意でなかった私が資格取得に向けて頑張れたのは、先生方の丁寧な指導のおかげと感謝しています。3年の夏休みは「就職教室」に明け暮れました。特に「面接練習」に一番苦労し、先生方のいろいろなアドバイスが自信につながり、第1希望の企業に入社することができました。これからも松任高校の卒業生として、後輩たちに負けないように頑張っていきたいと思います。


公立小松大学合格(普通科・光野中出身)

公立小松大学に進学できたのは、先生方のおかげだと感謝しています。進路を決定するまでの間、何度も先生方に相談し、丁寧なアドバイスいただきました。私は理系だったので、不得意な文系科目は個人的に指導を受けました。いつも傍らで指導してくださる先生方をとても心強く思っていました。入試に向けての「面接練習」では先生方からいろいろなアドバイスをいただき、本番では、想定していなかった質問にも落ち着いて対応することができました。大学に入ってからは、勉強や資格取得に向け努力していきます。

 
金沢星稜大学合格 (普通科・光野中出身)

私が合格できたのは、やはり苦手科目をコツコツ勉強したからだと思います。教えていただいた先生方に感謝したいと思います。私は苦手な分野においては補習に参加するなど苦手克服を目指して取り組んでいました。加えて小論文や面接指導などにも取り組みました。先生方からの指導は、自分の知らない言葉や小論部の書き方について、わかりやすく指導してくださったのですごくためになりました。また、新聞を読むことやニュースをみることで自分の知らない社会にかかわる知識を得ることができたので、良い学習になりました。「生涯勉強」を抱負に掲げ、頑張りたいと思います。


    ◎進学状況                                  ◎就職状況      

 過去3年間合格状況.pdf                                             H30年度就職先一覧.pdf