沿革
・昭和23年9月28日 石川県立輪島高等学校定時制課程門前分校として開校する
・昭和37年4月1日 石川県立門前高等学校として独立、新発足する
・平成10年5月20日 文部省より「中高一貫教育実践研究協力校」に指定される
・平成10年9月26日 創立50周年記念式典を挙行する
・平成12年4月1日 「中高一貫教育推進校」となる

 本校は創立50周年を迎えた平成10年度に「中高連携」という新しい教育へのドアを開けようと、種々の取り組みを開始しました。平成13年度からは正式に「中高一貫教育連携型高等学校」となりました。6年間を見通した「21世紀に開かれた教育」を目指す本校の今後に期待してください。なお、これまでの卒業生(同窓会員)は、7,700人余りです。同窓会には現在、金沢支部・関西支部・関東同窓会・東海支部の4支部があり、同窓会員は互いに親交を深めながら全国で活躍しています。