クリックで二水高校トップへ戻ります

 

メニュー

学校紹介進路指導NSHグローバルの扉生徒会(部活動)部活動紹介図書館案内二水祭情報アクセス保健室よりトップ

車での送迎について

本校では自家用車による送迎のため、近隣住民の方々や通行車両にご迷惑をかける事態が多々発生しております。また、付近の店舗や病院、民間駐車場に駐車するなど、苦情を受けるケースも少なくありません。止むを得ず車で送迎される場合は、本校前道路や近隣の小路を避け、道幅に余裕のある安全な場所でお願いします。本校敷地内への自家用車の進入についても、生徒の安全確保や事故防止のためご遠慮ください。なお、ケガ・病気等でやむを得ず送迎が必要な場合は、担任までご相談ください。
 

お知らせ

Internet Explorer 11 では一部のページを、
閲覧できない場合があります。
 ツールから互換表示設定を行うか、
Google Chrome など別のwebブラウザをお使い下さい。
 
 
 

お知らせ

平成23年度学部学科説明会

  7月11日(月)1年生を対象に8講座の大学学部学科説明会が行われました。

それぞれの学部ではどのようなことを学ぶのか、を大学の先生の工夫によってわかりすく楽しく知ることができました。この講義を体験することで、大学で探求する学問についての関心がより一層高まり、今後の進路目標の設定に大きな指針となりました。  

実施講座(分野と講義テーマ)

人文  「人文学部って、どんな学部?」

②人間発達  「人間発達学部って、どんな学部?

経済   「経済学部って、どんな学部?」

理  「理学部って、どんな学部?」

工  「工学部って、どんな学部?」

医学部医学科   「医学部(医学科)って、どんな学部?」

医学部看護学科   「医学部(看護学科)って、どんな学部?」

薬  「薬学部って、どんな学部?」

生徒の声

・人文学部といわれると古文とか言葉の研究だと思っていたけれど,プレゼンテーションやコミュニケーション能力が高められるということを知った。そういう部分で,就 
 職に有利なのかと感じる。また,はっきりとした答えが出ない学問であるので,判断力が身に付くという点でも他の学部よりやりがいを感じた。

・人文学部についてどことなくワンパターンなイメージをもっていたが,授業がさまざまな形で展開されており,また発表を通して批判を受けるなどのシビアな面を知るこ
 とができてよかった。今のところ人文学部を進路として目指しているので,今後も細かく調べていくようにしたい。

・人間発達学部は、机の上での勉強だけではなく実践・演習に力をいれているのは現実的ですばらしいと思った。(多数)

・大きな壁にぶつかっても、また挑戦していけるような人を成長させる大学で、いいなと思った。人間発達学部はいろいろコースが分かれていていろいろな資格を取れ
 て将来につながる良い学部だと思った。

・経済学を考える時には、どうやったら成功するのかの前に、なぜ、この企業は成功・失敗するのかを考えることが大切だと思った。WiiPS3の話で、どちらの企業も
 売り上げを伸ばそうとして出した新商品なのに、どこに視点を向けるかでここまで売り上げが変わるということに驚いた。(任天堂の戦略を学んだことが印象に残っ
 た。・・・多数)

経済学と経営学の違いがよくわかり、今回の話を聞いて経営学に興味を持った。特に経営戦略についての研究は深くやればおもしろそうだと思った。

(理学部)「何も信じてはいけない。自分で確認しなければならない」との言葉が印象に残った

・(理学部)「例外」を研究するとの言葉に感銘を受けた

・(理学部)研究は人のまねでなく、世界で1つだけの研究との言葉に感銘を受けた

(工学部)主にものづくりを学ぶ学部であるということ、また、そのものづくりを通して、人の役に立ったり、環境問題の改善をしたりなど社会に役立つことができるという
 ことが分かりました。

・工学は機械を通して人を守っているということが分かりました。ぜひ、IPS細胞のような人を守る工学をしてみたいです。

(医学科)かっこいいイメージしか持っていなかったが、とても忙しく大変であることがわかった。

・(医学科)常に新しい知識を吸収し、生涯勉強し続ける仕事だとわかった。

・(医学科)英語力,コミュニケーション能力が必要だとわかった。

患者さんの身の回りのことを全部手伝ったりするのではなく、自分の判断で患者さんにやらせたりすることも看護の一環だと知り、意外だった。

・講師の先生は、未来につながる地域看護を研究していらっしゃってすごいと思った。世界の人々の健康状態を高め、保健活動や訪問看護を実際にすると聞いて、規
 模が大きいなあと思った。

薬学について多くの知識が得られてとても有意義な1時間であった。今後の進路決定におおいに役だった。

・薬学部の卒業後の進路が、薬剤師ばかりでないことがよくわかった。

・(薬学部)将来の職業を決めるに当たっては、偏差値ではなく、何が好きかが一番大切だということが分かった。