Top > 学校紹介> 過年度 行事> H22年度 進路行事 

お知らせ

平成22年度 関東方面大学訪問

今年度は1,2年生を対象に、8月4日、5日に関東方面大学訪問を実施しました。

各大学の見学やオープンキャンパス、宿舎での「卒業生と語る会」、また予備校での講演会は、
参加した生徒たちにとって大いに刺激となり、有意義な2日間となりました。

旅程

 1日目 7:10 金沢駅発  11:20 東京駅着

     東京大学見学、オープンキャンパス参加

     17:40 ホテル着

     18:0020:15 卒業生と語る会

 2日目 7:30 ホテル発

     3つのコース(東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学)に分かれて

      大学見学・オープンキャンパス参加

     13:0014:00 駿台予備校にて講演会

     16:12 東京駅発  20:18 金沢駅着

東京大学

(生徒感想)

・施設が充実していて、より深い研究ができそうに感じた。

・学生の話を聞いたり、実験を見せてもらったりして面白かった。

・図書館がとても広く、洋書を含めた専門書が多くあり、研究に役立てると思った。

・研究発表が面白くて引き込まれたが、東大生の一人ひとりのキャラも面白かった。

・東京大学のイメージは「頭のいい人の集団」だったが、独創的な発想を大学が活かす
  努力をしている点にも魅力を感じた。

卒業生と語る会

(生徒感想)

・先輩の勉強法や体験談を聞くことができて、貴重な時間だった。これから実践しようと思う。

・自分と同じような状態だった先輩も難関大学に合格したことを知って、これからもあきらめ
  ずに頑張ってみようと思った。

・これからの高校生活は真剣に臨みたいと強く感じた。授業を大切にしなければとも思った。

・つらいことを乗り越えて、望む大学に進学した先輩方を誇りに思い、自分も見習いたいと
  感じた。

・自分と同じくらい数学が苦手な先輩が、努力で成績を上げた話を聞いて励まされた。

・先輩の話は現実味があってよかった。さっそく実践したい。

・勉強は質だけでなく量も必要だと改めて気付かされた。

東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学

(生徒感想)

東京工業大学

・「ものづくり」に特化した施設が多いように感じた。

・大学の先生の解説つきで見学できたので有意義だった。

一橋大学

・とてもきれいだった。意欲があればいろいろな勉強ができることを知った。

・興味のあった社会学部の説明会に参加した。社会学部の幅の広さに驚き、まずます興味をもった。

・学長や先生方の話を聞いて、大学のことを誇りに思い、熱心に指導しているのだと感じた。

東京外国語大学

・オープンな大学で、二水と雰囲気が似ていると感じた。

・キャンパスは明るくてキラキラしていた。

駿台予備校

 (生徒感想)

・多くの難関大学を目指す人たちがいて、改めてライバルは全国にいると思った。

・多くの人々が難関大学に入りたがる理由を聞いて、そのどれもが自分にとっても魅力的に感じた。

・これからも授業を大切にして、高い意識をもって取り組もうと思う。

・とてもためになった。テストの点数が悪くても、前向きに受け止めて取り組みたい。

・目標を高くもち、自分で決めた志望校は最後まで変えないという心構えで勉強しようと思った。

・自分の歩みたい人生を得るためには、本当に行きたいと思う大学を自分自身で選ばなければなら
  ないことがわかった。

・説明を聞いて、勉強に対するモチベーションがとても上がった。