クリックで二水高校トップへ戻ります

 
Top > NSH> H25年度 事業報告 

平成25年度事業報告

H25年度 NSH事業報告
12345
2014/03/17

二水NSH通信第7号を発行しました。

| by nisui
二水ニュースーパーハイスクール通信第7号を発行しました。
 
ご覧になるには、こちらをクリック → NSH通信第7号(最終号).pdf

第7号をもって今年度は最終号となります。これまでのご愛読ありがとうございました。

13:40
2014/02/19

NSH成果発表会を行いました。

| by nisui
    
「2020年東京オリンピックによる影響」  「未婚率の上昇を解消するために」   「平成時代の流行現象」 


   
 <自然科学コースの発表の様子>

 2月18日(火)午後に人文科学コース(写真上の3枚)と自然科学コース(写真下の2枚)に分かれてNSH成果発表会を行いました。

●人文科学コース
 人文科学コースは代表に選ばれた3班が視聴覚室を会場に、1年生文系志望者全員の前でオウンテーマ課題探究の成果を発表しました。1月末の校内コンテストからのわずかな期間で、スライドやプレゼンの完成度を高めた素晴らしい発表でした。

 また、司会や挨拶、参観者の受付や案内などの運営も、全て人文科学コースの生徒たちがしっかりとそして爽やかに行いました。
 
 1年生は集中して話を聞き、的を射た質問を投げかけたり、プレゼンの中のユーモアに笑い声を上げたりしながら、先輩たちの頼もしい姿に魅了されていたようです。

 最優秀班に選ばれたE班「平成時代の流行現象」の表彰の後、参観者の先生から、「どの班の発表にも、探究活動とそれに必要な考え方がしっかり盛り込まれていて、とてもレベルが高い。」という講評を頂きました。

●自然科学コース
 人文科学コースの委員長小原君の挨拶にもあったように、模擬裁判実習や校歌研究とオリジナル校歌の英語での発表等の、これまでの取組の成果を全て出し切った生徒たちの表情は、自信と達成感に満ち溢れていました。

 自然科学コースは1年生の6つの教室を会場として、課題探究の成果を1年生の理系志望生徒に向けて発表しました。ここでは、1年生から質問が活発に出され、自然科学コースの生徒たちがそれにしっかりと答えていました。

 1年生からは「興味を持って楽しくプレゼンが聞けた。」、「自分も将来、先輩のように自分の興味のあることを探究し立派に発表したい。」等の感想が聞かれました。

 生き生きと充実感を持って発表した2年生を見習って、人文科学・自然科学コースを志望する1年生が、来年度も積極的にそして楽しく探究活動を行ってくれることを期待します。

14:35
2014/02/03

人文科学コースが課題探究の成果を発表しました。

| by nisui
 1月30日(木)に204H(人文科学コース)の生徒はGS(グローバルソリューション)の授業で、オウンテーマ課題探究の成果を発表しました。 
 
 A班からJ班までの10班が、自分達で設定した興味深いテーマについて、12月から冬休みをはさんだ1月までという限られた時間を有効に使いながら、客観的なデータに基づく論理的な探究を深め、すべての班の発表で、その成果が十二分に発揮されていました。
 
 生徒からは「金沢大学の研究室を訪問し、教授などから助言をもらったことが、すごく有意義であった。」、「準備期間が短い中で完成度の高いものができ、探究活動によって自分の知識が増え、視野が広がった。」、「班員と協力して1つのものを完成させていくのが楽しかった。」等の感想が寄せられました。
 
 さらに、他班の発表を聞く姿勢も立派で、「様々な発表を通して今まで知らなかったことを知ることができて興味を持つ事柄が増えた。」、「課題発見から解決策を導く過程がどの班にもあり、論理的であった。」などのコメントが見られました。
 
 以下は発表テーマです。
 
 A班:「きらきらネームの流行」
 B班:「2020年東京オリンピックの開催による影響」
 C班:「最も安価な世界一周旅行」
 D班:「小松ドームを活気づけるために」
 E班:「平成時代の流行現象」
 F班:「新しい二水祭(本校の学園祭)」
 G班:「視聴率の高いテレビドラマの条件とは」
 H班:「グローバル企業『ザ・コカコーラ・カンパニー』の仕組み」
 I 班:「未婚率の増加を解消するには」
 J班:「石川県とアイス」
 
 なお、下線のある3班(B班、E班、I 班)は204Hの代表として、2月18日(火)のNSH成果発表会にて、1年生の文系志望者の前で発表することになりました。
 
   
                       <発表の様子>

11:04
2014/01/23

自然科学コースの生徒が課題探究の成果を発表しました

| by nisui
 1月22日(水)に205H(自然科学コース)の生徒が、課題探究の成果を本校2年生全員の前で発表しました。
 
 どの班も内容の充実したプレゼンを行い、2年生代表として堂々と、探究活動の内容やそれを通して発見したことなどについて発表しました。
 
 発表した生徒からは、「この貴重な経験は今後の自らの生活に大きく役立つと思う。」、「限られた時間の中での探究活動だったが、発表することで得られた達成感も含めて、充分やりがいがあった。」等の声も聞かれました。
 
 「いしかわニュースーパーハイスクール」1期生として自然科学コースに在籍し、忙しい学業とともに取り組んできた課題探究の日々を振り返り、どの生徒の表情も充実感と達成感に溢れていました。
 
 指導された先生方からも「勉強、部活もあり、時間のやりくりと集中力がついたのではないか。」、「教科書通りの勉強ではなく、いろいろな現象を根元的に考え、科学的に考察する態度が身に付いた。」、「何より自ら選んだテーマの探究に意欲を持って取り組んでいた。」といった評価がありました。二水高校全体の活性化に大きく貢献する発表会になりました。
 
  ~発表班とテーマ~
 
 1.数学班 「数学の問題解決法」
 
 2.数学班 「パズルの作成①」
 
 3.数学班 「パズルの作成②」
 
 
 4.物理班 「水の表面張力の測定」
 
 5.化学班 「汚水の浄化」
 
 6.生物班 「植物ホルモンエチレンの研究」
 
 今後は204H(人文科学コース)の生徒がオウンテーマ課題探究について、その成果を発表していく予定です。
 
      
 <数学班「数学の問題解決法」>     <化学班「汚水の浄化」>      <数学班「パズルの作成①」>
 
     
<物理班「水の表面張力の測定」>   <数学班「パズルの作成②」>  <生物班「植物ホルモンエチレンの研究」>
 
        <観衆の2年生>

10:52
2013/12/16

自然科学コース(205H)の生徒がSSH合同発表会に参加しました

| by nisui
 12月13日(金)に「石川県スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(主催:石川県教育委員会)」が文教会館にて行われました。県内から5校(泉丘・小松・七尾・桜丘・二水)が参加し、数学や理科に関する研究の成果を発表し合いました。本校と桜丘は正式にはSSHのメンバーではありませんが、取り組んだ研究を立派な態度で発表していました。
 
 本校からは「汚水の浄化」班が壇上での口頭発表とポスター発表、「数学の問題解決法」班と「植物ホルモンエチレンの研究」班がポスター発表を行いました。どの班も積極的に堂々と発表しており、また、質疑応答で活発に意見を交わしながら、更に知識を深め、他校の生徒と交流する良い機会となりました。
 
 大勢の人の前で発表することで大きな自信をつけたと思います。また、他校の探究活動に触れることで、様々な刺激を受けたことでしょう。この合同発表会を1つのきっかけとして、将来大きく飛躍することを期待します。

     
<口頭発表の様子>                    <ポスターセッションの様子>

10:52
12345

メニュー

学校紹介進路指導NSHグローバルの扉生徒会(部活動)部活動紹介図書館案内二水祭情報アクセス行事予定証明書交付について中学生のみなさまへ
 

所在地

〒921-8117
石川県金沢市緑が丘20-15
TEL:076-241-3167
FAX:076-244-4555
E-MAIL:nisuih@m1.ishikawa-c.ed.jp
 

Language choice

 
Powered by 翻訳