校長室から
12
2017/03/19

春の訪れ

| by 校長
  3月17日(金)に今年度の卒業式も無事終了し、後は終了式を残すのみとなりました。天気も春めいてきました。そこで、2ヶ月ちょっと校長室前の廊下にいてもらったお客様に、玄関横の椿の木に移動してもらいました。鳥などに捕まらず、大きく育ってもらいたいです。

10:36
2017/02/27

平成28年度6年生を送る会

| by 校長
6年生を送る会大成功!
 
  2月24日(金)に6年生を送る会が開かれました。今年は『前を向いて はばたけ未来へ』をテーマに、準備・練習・発表に取り組んできました。どの学年も、6年生への感謝の気持ちがこもった素晴らしい発表ばかりでした。特に5年生は、準備から当日の動きに至るまで、とてもがんばってくれました。最高学年として、4月から活躍してくれることが期待できる働きぶりでした。
 
3年「もりの色をそめるのはだれ?」         1年「おとどけもの」
 
  2年「太白山のなかまたち」           4年「プラタナスの木」
 
   5年「太白オリンピック」            6年「笑顔に会える・YELL]
 
  在校生からのプレゼント       アーチをくぐって退場
10:00
2017/02/02

2月全校集会より

| by 校長

2月の全校集会より(2月1日)
◎表彰
 今回は、校内書初め大会、町英語スピーチコンテスト、町子ども会卓球大会と表彰がたくさんありました。

◎お話
 1
月にはインフルエンザが流行り、学校中に広がるのではないかと心配しましたが、それほどでもなくほっとしています。これからも手洗いやうがいなどで予防を心がけてください。
 それから、久しぶりに雪もたくさん積もり登校するのが大変でしたが、雪の中を、寒さに負けずがんばって登校してくるみんなや朝早くから雪かきをしてくれた5・6年生はとても素晴らしかったです。特に、5・6年生が雪かきをがんばってくれたので玄関前はいつも雪の無い歩きやすい状態でした。本当にありがとうございました。この後、また雪が降ったらよろしくお願いします。

 それでは2月の話題です。
 さて、これは何と読みますか。(「節分」という文字をを見せる)
 読める人は手を挙げてください。(3分の2ほど手が挙がる)
 それでは、手を挙げた人みんなで読んでみてください。(「せつぶん」)
そうです、「せつぶん」と読みますね。

 では、節分というのは何でしょう。(6年児童Kさんが手を挙げ、説明をする)

 素晴らしいです。今言ってくれた通り、冬から春に季節が分かれるという意味です。

 でも、季節は春・夏・秋・冬と4つあるので、1年の中に節分は4回あります。どうして2月3日だけが有名なのでしょう。それは、自分で調べてみてください。
 節分といえば何を思い浮かべますか。(「豆まき」)
 何のために豆をまくのでしょう。(2年児童Sさん「鬼を退治する」)

 節分には、家の中の鬼を追い出すために豆まきをしますね。鬼は、家の中だけでなくみんなの心の中にもいます。校長先生の心の中にもいます。どんな鬼がいるかというと、「なまけ鬼」や「いじわる鬼」、「弱虫鬼」などの色んな鬼がいます。節分には、ぜひその鬼を追い出してください。

  それでは、1年の中で一番寒さが厳しい月ですが、心の中の鬼を追い出して、寒さに負けず春に向かってがんばりましょう。


14:33
2017/01/11

新年のお客様

| by 校長
新年のお客様
 
   明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
   さて、今朝校長室の机の下を整理していると、何か小さなものが動いているのを見つけました。何だろうと思ってよく見ると、それは体長6cm程のかわいいヤモリでした。「どうしてこんなところにいたのか」「今までどうしていたのか」とても不思議ですが、新年に校長室にやってきてくれた珍しいお客様です。
  ヤモリは家を守ってくれるということで、家守(ヤモリ)と呼ばれているそうです。太白台小学校を守ってもらえるよう、大切にしたいと思います。
     ※今は冬眠状態で動きも鈍いので、校長室の角の暗いところにいてもらうことにします。


09:26
2016/12/15

12月全校集会

| by 校長

  12月全校集会
    
       H28.11.30

 11月の全校集会では「○○の秋」の話をしました。この○○の中に入れてくださいと言ったものは何だったでしょうか。覚えていますか。
(あまり手が挙がらない。一人目を当てる。不正解。二人目を当てる)
 そうですね、「勉強」と「読書」でしたね。
 そ
れでは、11月が「勉強の秋」になった人は手を挙げてください。ちょっと少ないですね。がんばった人へ
拍手。「読書の秋」になった人は手を挙げてください。これはたくさんの人が、がんばれましたね。みんなで拍手。 
  さて、明日から12月になりますが、この字を読める人はいますか。 (「師走」の文字を見せる。数人、手が挙がる)
 
それでは、読んでみてください。
 
そうですね、正解です。師走は、12月を表す言葉です。6月には「水無月(みなつき)」という言葉について話しましたがそれと同じです。
 それでは、なぜ12月を師走と言うのでしょうか。それには色々な説がありますが、その中の2つについて話します。
 先ず、「師」というのはお坊さんを表すと言う説があります。最近はあまり見かけなくなりましたが、年末になるとお坊さんが家に来てお経をあげるという習慣が日本にはあります。そこで、12月になるとお坊さんが走り回らないといけないほど忙しくなり、そこから来ているのではないかというのがこの説です。
 そして、もう一つは「し・果す」から師走になったという説です。 「し」とは「仕事」や「四季」、「年」を意味し、「し」が終わるということを表し、一年の最後の月という意味合いが強いのがこの説の特徴です。
 他にも色々な説がありますが、みんなには、走り回る12月ではなく、2学期のことをやり終える、「し・果たす」の12月になるようお願いします。



08:47
2016/11/29

御供田幸子さん来校

| by 校長
 
 11
24日(木)におばあちゃんコントでおなじみの御供田幸子さんと浪速千秋さん、そしてフリーアナウンサーの平見夕紀さんの3人が、金沢ケーブルテレビの番組の取材として太白台小学校を訪れました。3人が津幡町を訪れた中で、川井梨紗子選手の母校である太白台小学校を見つけ、子ども達の様子を見せてもらいに入ってくるという設定です。当日は、地域の方とのふれあい(図書ボランティアさん)、1年生の体育の様子、川井選手に送った6年生の歌声などを取材していきました。この番組では、津幡ふるさと歴史館「れきしる」や「まちなか科学館」などとあわせて12月にケーブルテレビで放送される予定です。
18:11
2016/11/15

今年は紅葉がきれいです!

| by 校長


 校舎周りの紅葉の様子です。盛りは過ぎましたが、まだまだ見頃です。子どもたちは、教室の窓からこの景色を眺めて学習しています。自然に恵まれた本校ならではの景色です。
12:57
2016/11/05

11月集会講話

| by 校長

 11月の集会でのお話

 今月はたくさんの人が、がんばったことで表彰されました。みんながそれぞれのキラリさんですね。そして、
  10月には、今表彰された人だけでなく、全員がかけ足運動・マラソン大会をがんばったキラリさんです。今年のマラソン大会は、途中で歩く人が少なかったです。最後まであきらめないという気持ちがよく表れていました。  10月25日には、今年5回目の欠席ゼロの日もありました。この日は全員がキラリさんでした。
 さて、11月にがんばってほしいことについて話します。先ず、いしかわっ子駅伝に参加する人はその場に立ちましょう。練習してきたことを思い出して、全力を出し切って走ってきてください。(みんなで応援の拍手)
 それでは、全校のみんなに
  11月頑張って欲しいことを言います。
 秋は「○○の秋」と言われます。○○の中には色々な言葉が入ります。例えば、秋になるとおいしいものがたくさん採れるので、「食欲の秋」と言う言葉があります。太白台小学校のみんなは、10月には、マラソン大会に向けてかけあし運動、音楽集会に向けて歌をがんばりました。だから、「運動の秋」と「音楽の秋」でした。11月は、秋も深まって落ち着いて学習に取り組める月です。だから、今月は、読書と勉強をがんばってほしいと思います。と言うことで○○には読書と勉強を入れて「読書の秋」と「勉強の秋」にしてくださいです。 
08:27
2016/09/02

2学期スタート

| by 校長
2学期が始まりました     
   今年は、例年より1日早い8月31日に始業式が行われました。実は例年と違っていたところがもう一つあって、今年の夏行われたオリンピックで、本校の卒業生の川井梨紗子選手が金メダルを取ったことで、新聞とテレビの取材が入りました。川井選手本当におめでとうございます。次の東京五輪に向けてがんばってください。
 さて、集会では、今年のオリンピックの日本人選手がとても活躍し、最後まであきらめずに戦う姿に感動したこと。そして、その裏にはものすごい努力があること。川井選手はオリンピックの舞台で金メダルを取ったけれども、みんなには2学期の学校生活の中で自分だけの金メダルを取ってほしいということを話しました。

10:30
2016/07/08

今年度3日目の欠席ゼロ!

| by 校長

3回目の欠席ゼロの日
 7月5日(火)に今年度3日目の欠席ゼロの日になりました。昨年度は1年間で2日しかなかったのですが、今年度は1学期中に昨年を上回ることができました。とてもうれしいことです。
 校歌の「やすまず通う 一つの道」「強く正しく進みます」という歌詞がとても好きです。やすまず通うのは、学校だけでなく人生の道でもあると思います。これからも子どもたちが、元気で強く正しく歩んでいってくれることを願っています。
 この日の朝、もう一つうれしいことがありました。登校坂のところで死んでいたリスを見つけ、「このままではかわいそうだから、うめてあげたい。」という優しい気持ち(命を大切に思う気持ち)をもった子どもたちがいたことです。ただし、直接触らないことと、後で石鹸できれいに手を洗うことだけはお願いしました。



12:00
12