やすらぎ加賀教室の日誌

やすらぎ加賀教室の1年間
12345
2018/07/11

えっ、もう梅雨明け?!

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
 先週の記録的豪雨では西日本で甚大な被害が発生し、被災された皆さんに心よりお見舞い申し上げます。
 ここ加賀市でも一部浸水などに見舞われた地域もありましたが、大事に至らず良かったです。やすらぎ加賀教室は錦城山のふもとにあり、土砂崩れが起きるのではないかと、本当に恐ろしい大雨でした。
 そんな大雨が止んだ途端に梅雨明け宣言が出され何だか唐突に感じましたが、確かに今週からは本格的な暑さが到来しています。
 さて、やすらぎ加賀教室には、今年新たに高校2年生の女子生徒さんが通室しています。一緒にいろいろな活動をするのが、とっても楽しみです!

           


 プランターでは、グラジオラスやリアトリスが、今を盛りに咲き誇っています。
教室に飾って癒しをもらっています。
14:49
2018/06/27

第1回事例検討会が開催されました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
 第1回事例検討会は、6月22日(金)15:30~1:0、加賀市教育総合支援センター(旧育成センター)で行われました。 

今年度第1回目は、講師の金沢大学准教授の原田克巳先生をはじめとし、加賀市内の小・中・高・特別支援学校、関係機関等から23名の参加をいただき、活発な質問・意見交換が行われました。  

今年度初顔合わせであり、まず自己紹介や簡単な情報交換を行い、その後PCAGIP法による事例検討を行いました。初めてPCAGIP法に参加する方にやや戸惑いもありましたが、次第に参加者の質問が、事例報告者の気づきに優しく迫っていく実感が会場に漂い始めました。      

今回は、授業中に他の生徒たちにからかわれたことから、「自分への視線に耐えられない、周囲の視線や言葉全てが自分に向けられているように感じてしんどい」と訴える生徒の事例でした。

        
支援のアイデアについては、

・「本人の思い込み」なのかしっかりと確認すべき。もし、そのような状況がないとしたら、本人は気持ちを強く持つべきで、他の生徒達と歩み寄ることができない。

・「本人の思い」をどう受け止め、どう対応すべきか。「本人の思い」は主観であり、本人にとっては「事実」であるので、先ず共感し受け止めてから状況を整理してあげると良い。話すだけでなく、文字や4コマ漫画などで表現させると良い。落ち着いた中で客観的に分析して、共に凌ぎ方を考えると良い。

・その相手と接する場面を少なくする。相談室との関係を大切にする。しんどくならないような想像をする、つまり認知の仕方を変えるとよい。

・授業では発表する場面などで配慮できるよう教科担任の情報交換や連携も大切。

最後に原田先生からは、

本人が主観的にそう思っていることが事実で、それを分かってもらえないということになり、相談しなくなりしんどさを自分だけで抱えてゆくことになるので、しっかりと受け止めてから、「でもね・・・」と訊いてあげる。想像の産物と思うことができると楽になる。結局「それで損をすることが無いような想像の仕方をやってみると良いね・・・」と、本人が納得感を持てるように、担任・SCなども関与していくと「信頼性が増す」ので本人もそのように思うようになる。いろいろな考え方があるな、と思ってもらえるようになる。周囲の生徒に(このように)関わっている私の人生しょうもないな、と思えると良いとの助言がありました。  
 参加された皆さん、ありがとうございました。
   


10:49
2018/05/23

菜園が完成しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
 やすらぎ加賀教室では移転に伴って、今月上旬新たに聖城高校の校庭の一部に菜園を作りました。グラウンド近くの受水槽のそばの硬い土地を掘り起こして石を取り出し、他から持ってきた土を入れてどうにか畑らしくなりました。大きさは2m×4mの小さい畑です。 17日に、野菜の苗を植えて、いよいよ栽培スタートです。

       
          ピーマンと、コンパニオンプランツのマリーゴールド
      
 
       なす                        
      
                  
                 トマト
 
 他には、坊ちゃんカボチャ・黄色小玉スイカ・落花生・サツマイモ・枝豆も植えました。

  4月初めに購入して定植したイチゴも真っ赤に熟しました。とっても甘くてびっくり!! 人工授粉をしっかりできなかったので形がいびつになりましたが、味は絶品でしたよ。さすが「章姫」と「とちおとめ」です!                                                         
          
   

     リアトリスも旺盛に葉を茂らせてきたので、大きいプランターに植え替えしました。                                  

                    

 プランターごと引越してきたので、あちこちで土に埋もれていた去年の朝顔の種からかわいい双葉が顔を出していました。大きくなったものからまとめて植替えしました。                
      

 
09:34
2018/05/02

落ち着きました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
 あわただしかった新学期も、ようやく落ち着き始めた頃ですが、皆さん元気でお過ごしですか。
 やすらぎ加賀教室もいつでも皆さんがいらっしゃれるよう、すっかり片付きましたよ。新しい職員室のドアには、以前からの表札をそのまま掲示してあります。また、数年前から皆の目を楽しませてくれていたシンビジウムも、ようやく4月下旬から開花しています。                       
           

  「面談室・学習室」には、手前に学習コーナーがあり、奥に面談コーナーがあります。
     
          
       
                                  
  
    
      
                    面談コーナー 

 この教室の他にも、加賀聖城高校のいろいろな施設も使用できます。
 「ふれあいホール」では図書コーナーもあり、ミニ卓球台も持ってきたので、ちょっと体を動かすことができますよ。もちろん、体育館ではバスケットやバドミントンをはじめ本格的に体を動かすこともOK!!
                    
        
          
 大きな調理室もありますから、菜園で育てた野菜で料理にも挑戦!
16:24
2018/04/05

引越し完了、そして新年度がスタートしました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
 昨年度末の先週に無事引越しが終わり、教室の片付けも進んでいます。
 新しい場所、錦城山のふもとの加賀聖城高等学校はすぐそばに大聖寺川が流れ、その河畔の見事な桜並木が、今を盛りに咲き誇っています。

    
   
                     
        
「やすらぎ加賀教室」は加賀聖城高等学校の1階にあります。来室の際は、学校正面右側の玄関よりお入り頂き、左に進んでください。ドアに表示がありますので、すぐにわかりますよ。 
       
                                                                                        
                                                                                                                                     
   

教室内はまだ整頓できていませんので次回のブログでお披露目予定です。

菜園も整備がまだなので、先日プランターに数種類の草花などを植えました。

  
  上段は「章姫」、下段は「とちおとめ」です!!
                              

                        スナップエンドウも、沢山採れるように乞うご期待!!                 


11:02
2018/03/14

春到来、新しい時間(とき)へ

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
  3月も中旬となり、あの大雪がまぼろしだったかのような暖かな日差しが降り注いでいます。教室のある緑豊かな加賀市中央公園では、日陰にまだ残る雪の傍でも草木の芽吹く音が聞こえてきそうです。

 今年は教室で学習のお手伝いをした方が高卒認定試験に見事合格されたり、嬉しい話題が沢山ありました。私たち指導員・相談員ともに、赴任から一年が経とうとしています。多くの方に利用して頂きありがとうございました。どれだけ皆さんのお力になれたのか不安もありますが、これからも精一杯がんばります。

 さて、当教室は下記のように大聖寺の町中に移転することとなりました。来年度もどうぞよろしくお願いいたします。
                    
                          
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      教室移転のご案内
 4月1日より、当教室は石川県立加賀聖城高等学校内に移転することとなりました。加賀聖城高等学校は錦城山のふもとの閑静な場所にあり、JR大聖寺駅からも近くおおいに利便性が増すこととなります

 3月末より4月中旬まで、電話・FAXは不通となります。お急ぎの際は、加賀聖城高等学校(TEL0761-72-0297)へご連絡ください。

     *新住所:〒922-0048 加賀市大聖寺馬場町28番地

              石川県立加賀聖城高等学校内

     *TEL・FAX:0761-72-3220(変わりません)

     *新Emailアドレス:yasuga@m1.ishikawa-c.ed.jp

           
  

   

 
  

15:49
2018/02/26

加賀フレンドシップ活動が終了しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事

 大変な大雪に見舞われ、ここ加賀市中央公園もしばらくは閉ざされた状態でした。しかし、今日は久しぶりにポカポカ暖かな日差しが降り注ぎ、まるですっかり春になったようなお天気です。もうそろそろ3月、卒業式のシーズンですね。また一区切りの時期が近づいています。

 先週の2月21日(水)、加賀聖城高校の校長室において、加賀フレンドシップの今年度の活動を振り返る反省会を行いました。平成17年度より金沢大学原田准教授のお世話で、のべ72名もの学生さんがこの事業に参加して下さり、大きな成果を上げています。原田先生からは、「報告を聞いて、経験から多く学ぶことがあったことを嬉しく思う」とのお言葉をいただきました。
 今年度参加して下さったの大学生の、活動報告の一部を紹介します。

【Aさん】 

 不登校の生徒のイメージが変わった。はじめは接し方がわからなかったが、一緒に体を動かしたり、話す時も内容をよく聞いたりした。自分から積極的に話すと良いと思った。子供たちにとっての“休憩所”としての「のぞみ教室」の存在は貴重だと思った。

【Bさん】

 子供たちの多くは、自分の行動を深く振り返って深く考える力があることや、他の人の目線に立って考える力があるということを知ることができた。のぞみ教室では最後に一日を振り返る時間がありそれを発表するので、このような力がつくのではないかと思う。参加して気づくことが多く、有意義だった。
                     
         

【Cさん】

 中学校では先生と生徒との距離がとても近いと感じた。支援員の先生方と話して、一人一人に応じた支援をしているとわかった。後半の「のぞみ教室」では人数が多くて驚いたが、学年が違ってもみな仲良くしていて、異学年との関係性ができているのはいいなと思った。

【Dさん】

 相談室で先生方の様子を見ていると、とても多忙で支援は大変そうだった。単位をとってゆくという時間の制約もあり、確実に支援をするのは大変だと思った。活動を通して、先生と先生、先生と生徒、先生と保護者などの様々な面でのつながりが、支援の場では一番力を持つのだと分かった。       
 
          
【Eさん】

 先生から生徒の悩みを解決するのが私たちの役割でなく、解決はその生徒自身がするのだと聞いた。確かに先生方を見ていると、生徒には「こうしなさい」などと言わず、「何がしたいの?」と訊いていた。あくまでもサポート役なんだと改めて思った。              
                          
【Fさん】

 児童との関係の築き方を工夫し、生き生きと活動でき、楽しいという気持ちを共有できたことがよかった。また、児童の頑張りを認めることの大切さも学ぶことができた。児童がどう変わったかわからないが、少しでも来てくれてよかったと感じてもらえたら嬉しいと思った。

 参加いただきました各学校やのぞみ教室の担当の先生方、ありがとうございました。

来年度もどうぞよろしくお願いいたします。


13:11
2018/01/31

第4回事例検討会が行われました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
 1月26日(金)15:30~16:50、 加賀市青少年育成センターにおいて、講師に浅田伸史いなみえん所長・臨床心理士、県教員総合研修センターの高野伸一指導主事を迎え、加賀市内の高校・特別支援学校、関係機関等から25名の参加を頂き開催されました。今回もPCAGIP法による事例検討を行いましたが、過去の解決した事例について、学校はどのように対応支援すべきかを皆さんで考えてゆき、今後の参考にするという構成にし、事例は浅田所長に提供して頂きました。
      

事例の概況は、「死にたい」と友達に話していたAさんの欠席が続き、心配した部活の友達(グループ)が教員にどうにかして欲しいと訴える、という内容です。ある対応がなされたため本人や保護者は落ち着いており、その詳細を口外せずそっとしておいて欲しいとの希望だったため、事情を知らないグループは学校が何もしてくれないと勘違いし、焦燥感と不信感を募らせてゆきました。頻繁にLINEで連絡を入れるのですが、Aさんから全く返信がありません。Aさんは、そのメールが来ること自体も重荷になって辛くなっています。友人思いのグループを、どう指導すると良いでしょうか。

支援のアイデアについては、

・グループ全体でなく、個々の生徒を見て、「Aさんはしんどいようだから、止めよう」と伝え、それを理解して友達にもそうするように話せる生徒を見つければよい。

・学校関係者が集まり、情報を整理しアプローチを協議すべき。外部につなげるとか、顧問が何をすべきか、など。 

・グループに「Aさんのために、学校に何をして欲しいのか」を訊くとよい。

・グループのやったことはAさんのためを思ってやったので、まずは受け入れてあげてから、学校と一緒にやることを生徒にも考えさせるとグループの成長にも繋がる。いつ、誰が生徒にあたるかなど、担任だけでなく学校全体で考えるべきである。もちろん、学校だけでなく外部専門機関にも繋げてゆくとよい。

 等々、高野講師からの助言も含め多くのアイデアが出されました。最後に浅田所長からは今後の参考にしてほしいと、実際の学校がとった対応も紹介されました。参加された皆さん、どうもありがとうございました。

 


09:54
2018/01/10

今年もよろしく

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
 新年のご挨拶が少し遅くなりましたが、皆さんいかがお過ごしですか? 今年もどうぞ良い年でありますように!!
 今日は教室のある公園もすっかり雪化粧をして、寒さも一層厳しくなりました。

 
       
 
 春に備えて少しずつ膨らみかけたデンドロビュームのかわいい蕾を見ていると、やがて来る日のために、今はじっと内にエネルギーをためつつある皆さんの姿が思い浮かんできます。
                  

  真冬にも関わらず鮮やかな花
びらを沢山つけているインパチェンスにも、元気づけられますね。

                                       
       

 

 

   風邪などひかない様に、元気で過ごしてください!!
       


16:09
2017/12/04

第3回事例検討会が行われました

Tweet ThisSend to Facebook | by 主任指導主事
 12月1日(金)15:30より、 加賀市青少年育成センター2Fの集会室において、第3回事例検討会が開催されました。今回の講師には、金沢大学の原田克巳准教授、県教員総合研修センターの高野真一指導主事を迎え、加賀市内の小中高・特別支援学校、関係機関等から20名の方が参加されました。  
 今回もPCAGIP法による事例検討を行いました。PCAGIP法の運営もスムーズに進めることができ、皆さんから質問やアドバイスなど、積極的で活発な発言があり充実した検討会になりました。     

 今回は、欠席は多くはないが、SNSでのやり取りから抜け出せずに辛いと訴えきた生徒
の事例でしたが、本人の意欲的でない学校での様子や家族との関係などについて、状況をより理解し適切な指導に生かせるよう、皆さんから多くの発言をもらいました。

支援のアイデアについては、

 ・学校側の、保護者と一緒に考えてゆく姿勢を伝え、両親に本人の現状をきちんと理解してもらう。普段から母親との関係を作ってゆき、指導に巻き込んでゆくと良い。

・本人の困り感、頑張りを理解し、承認欲求を満たしてあげる。

・本人の10年後(将来)を考えてもらい、そのために今どうすれは良いか、何ができるかを一緒に考えてゆく。

・他の教員の協力をもらい、一人で抱え込まないように。

・保護者との話し合いの時に、今持っている沢山の情報をテーブルの上に載せてゆくとよい

・本人がやりがいを感じられる手立てを考えるとよい

等々、お二人の講師からの助言も含め、多くのアイデアが出されました。参加された皆さん、どうもありがとうございました。
             

  
                教室では、きれいに咲いた花が冬の到来を告げています。
                    

    シャコバサボテンのクリスマスカクタスが、まだクリスマスには早いですが薄桃色の素敵な花びらを披露してくれています。



10:56
12345