総務・広報課リーダー養成研修課自主研修サポート課基本研修課教育相談研修(活用資料)新着情報(校内研修活用資料)所長・塾頭あいさついしかわ師範塾センターの概要・案内図・English石川県教員育成指標要項・様式等ダウンロード教材・資料を探す理科関係研修講座等の様子講師からのホット(hot)・メッセージフォトアルバムリンク集スクールネット関係センター研修WEB申込みいしかわ師範塾講座申込みLIVE配信(視聴に関するもの)オンデマンド配信(配信中)研修の振り返り入力(準備中)

スマートスクールネット

 

広告

広告:買い取り相場

広告:東京・銀座肌クリニックでシミ取り治療

広告:ヘッジファンド
 

訪問者数

COUNTER184303

メールアドレス

 
NetCommons
 

日誌

教科指導リーダー養成研修
2018/03/15

金沢大学連携ゼミナール研修成果発表会

| by 教科指導グループ
 平成30年2月20日(火)に金沢大学を会場に平成29年度金沢大学連携ゼミナール研修成果発表会が行われました。

開会式では新屋教育参事より、金沢大学の先生方から一年間にわたって専門的な指導を受けた研修生に対して、研修で得た知見をそれぞれの地域や学校に広めていただきたいという期待を込めたお話がありました。

また、樫見金沢大学人間社会研究域長からは、金沢大学、石川県教育委員会、学校現場において理論と実践の往還的な連携を図り、それぞれが人的知的資源を活用することで、石川県全体の学校教育を振興させていきたいとのお話をいただきました。

今年度は学校経営基礎ゼミをはじめ、6つのゼミが開講されており、この日は各会場で研修生が一年間の研修で学んできたことを発表しました。


  
    開会式(新屋教育参事の挨拶)

 
  開会式(樫見人間社会研究域長の挨拶)





08:52
2017/09/21

教科指導リーダー養成研修 第3回全体研修会

| by 教科指導グループ

教科指導リーダー養成研修第3回全体会画像001  教科指導リーダー養成研修第3回全体研修会画像002  教科指導リーダー養成研修第3回全体研修会画像003

 9
12日(火)に教科指導リーダー養成研修第3回全体研修会が行われました。今回のテーマは「児童観・生徒観の育成と確かな見取り」です。

午前の講師は、宮城学院女子大学教授梅田真理先生でした。「どの子もくらしやすく、学びやすい学級づくり、授業づくり」という演題でご講義いただきました。心理的疑似体験プログラムを通して、児童・生徒の心理状態について考えることができ、発達障害のある子だけでなく、どの子にとっても分かりやすい授業になるよう努めていきたいという感想もみられました。

午後は校種別に分かれ、兵庫教育大学大学院教授勝見健史先生、鳴門教育大学大学院教授前田洋一先生にご講義いただきました。授業における適切な人間関係づくりや環境づくり、また、生徒を見取る力の高め方や、適切な評価のあり方について学びました。

 

〈受講生の感想〉

・発達障害疑似体験では、頑張ってできた時の喜びを実感するとともに、梅田先生の「1日に1回はこんな顔にさせていますか?」という問いかけが心に残った。一人ひとりの子どもが生きるような学級づくり、授業づくりへのヒントをいただくことができた。

 

・勝見先生の講義を受けて、自分のクラスの児童をどれだけ「みる」ことができていたのかと反省することがたくさんあった。教師が子どもを見る眼「教育鑑識眼」を養い、多くの「みる」を実行できる教師として歩んでいきたいと思った。「みる」の視点は学校の同僚にも伝えたい。

 

・前田先生のお話を聞いて、「学校教育とはどういうものなのか、その目的は?」ということについて深く考えることができた。課題の与え方や教師の働きかけの仕方によってずいぶんと教育効果が違ってくることが実感できた。自分のもっている教育観が少し変化した気がする。実践で確かめていきたい。

 


17:25
2017/08/31

教科指導リーダー養成研修 教科別部会

| by 教科指導グループ

教科指導リーダー養成研修 教科別部会(中学校社会科、高等学校地歴・公民科)
 夏休みを利用して、教科指導リーダー養成研修の教科別研修会が順次行われてきました。

828日(月)には、中学校社会科、高等学校地歴・公民科の教科別研修会が行われました。講師は、国立教育政策研究所教育課程調査官濵野先生です。「新学習指導要領における資質・能力を培う授業づくり」と題して、学習指導要領改訂の意図や、求められる「資質・能力」についてのご講義をいただきました。また、評価問題を見直すことが授業改善につながるということを、仮想地図を用いた演習を通して学ぶなど、教科指導力の向上につながるたくさんの学びがありました。

9月に行われる教科別研修2日目においても、また新たな学びを得て、後半の実践ゼミに取り組んでいきます。 

   


11:14 | 報告事項
2017/08/29

【42000】教科指導リーダー養成研修 第2回全体研修会

| by 広報G

710日(月)に教科指導リーダー養成研修第2回全体研修会が行われました。今回のテーマは「児童生徒に求められる資質・能力の育成に向けて」です。

午前の講師は、東北学院大学教授 稲垣 忠 先生です。子どもたちが主体的に情報を集め、吟味し、じっくり考えて編集、創造し、他者と伝え会う「情報活用型プロジェクト学習」など、情報活用能力の育成についてご講義いただきました。続く演習では、学習活動カードを並べて、単元をデザインするということを行い、情報活用の視点で単元を見直すことができました。校内の研修会でもぜひ行ってみたいという声も多く聞かれました。

午後は校種別に分かれ、高知県教育センター若年教員研修アドバイザー西留安雄先生、新潟大学教育学部附属新潟中学校指導教諭上村慎吾先生、広島県立庄原格致高等学校教諭小澤圭介先生にご講義いただきました。多くの授業映像や構造化された板書、パフォーマンス課題など、多数の実践事例を紹介していただきました。

3回全体研修会は912日(火)に行われます。

 


19:49
2017/06/29

教科指導リーダー養成研修

| by support

 

 

 


今年度より、次世代の石川の教育界を担う人材を育成する研修の一つとして「教科指導リーダー養成研修」を実施しております。その目的は、教科の専門的な知識や技能を習得し、教科指導力の向上を図り、優れた授業実践を行うことができる教科指導リーダーを育成することです。

研修の内容としては、①全体研修、②教科ごとに行う研修、③所属校での研究授業、④先進的な取り組みを行っている学校や専門機関を訪問する外部派遣研修などがあります。実践的で質の高い研修を一年間に渡って行い、教科指導についてハイレベルな内容を学ぶこととなっています。

5月23日(火)に行われた第1回全体研修会では國學院大學教授 田村 学 先生をお招きして、「21世紀を生き抜くための資質・能力の育成」という演題で、これからの新しい学習指導要領に期待される学びについてご講義いただきました。研修教員からは「新学習指導要領に向けて、『主体的・対話的で深い学び』の全体像が分かりやすく具体的に説明され理解が深まった。」「自分にとってあいまいであった『深い学び』について理解することができた。」「今回のような研修を受ける機会を頂き感謝している。」などの感想も聞かれ、「教科指導リーダー養成研修」の始まりにふさわしい、とても充実した研修となりました。

教科ごとに行う研修も次々とスタートを切っております。

7月10日(月)に行われる第2回全体研修会では、東北学院大学教授 稲垣 忠 先生に「情報活用能力」についてご講義いただきます。

 

 

 


18:21