校歌

                 作詞  橋本 守正
                 作曲  八十田歳雄
    
  一.妙見山の ふところに
     丸くだかれて 春や秋
     若い芽 新芽 直の子は
    先祖のつたえ 受けついで
    大きな希望(のぞみ)で 学びます

  二.小鳥の唄と 花の校庭(にわ)
     すんだひとみに 光る窓
     僕、君、わたし、直の子は
     心に太陽 あるような
     明るい笑顔で 学びます

  三.文化の波は 長浜に
     寄せて豊かに 夏や冬
     強い子 良い子 直の子は
     やさしい愛に つつまれて
     明日を夢見て 学びます