旧校舎の様子

旧校舎の学校正面です。
この校舎が建ったときに植えられた木が
大きく成長し,屋上より高くなっています。
津幡小学校は小高い丘,大西山の上に建っています。かつては上杉謙信が能登攻略のために,この地に城を築きました。 津幡小学校から観た,南方面の景色。旧街道がまっすぐに伸び,その道を挟むように津幡市街が広がります。謙信がここに城を築いた理由が分かるような気がします。

西方面の景色。遠く内灘砂丘が望めます。その先には日本海が広がっています。 北方面です。JR七尾線が通り,国道8号線北バイパスへとつながる道路が見えます。
ここ津幡は能登,加賀,越中の3国の真ん中に位置し,交通の要所となっています。
東方面の景色。隣接する神社の緑の向こうに,住宅街が広がっています。
 木の間から見える土地は,新校舎の建設予定地です。