お知らせ

   インフルエンザの流行時期です。
出席停止期間は、下記の早見表を参考にしてください。

  インフルエンザ出席停止早見表.pdf
 

保健室の様子

保健室は2階の職員室の前にあります。生徒玄関中央の階段を上がると左手が保健室です。
  
 保健室の入り口です。奥は2F相談室で隣接しています。 奥が休養コーナー 左側は応急手当コーナー
  
 談話コーナーは、委員会活動・相談などに活用 相談室2 2部屋に仕切ることができカウンセラーとの面談や、生徒との相談活動に利用します。
 
 

スポーツ振興センター(学校でのけがで受診)の手続きについて

 学校管理下(登下校・体育などの授業中・休憩時間・部活動など)での活動中に起きたけがなどで受診した場合、日本スポ
ーツ振興センターの給付が受けられますので、学校に連絡してください。
【給付までの手順】
 ① けがをして受診した医療費の総額が、5000円以上の場合対象となります。(窓口での保護者の方の支払い総額
1500円以上)担任・部活動顧問・養護教諭のいずれかに、けがと受診の状況を伝え、必要な書類を受け取ってください。
院外の薬局でお薬を処方された場合は、「調剤報酬明細書」も必要になります。
また、柔道整復師の施術を受けた場合も対象になりますが、用紙が違うのでその旨申し出てください。
必要書類は、専用封筒でやりとりをします
② 受診先で、医療の内容について記入していただく「医療等の状況」の用紙を記入していただき(無料・1ヶ月に1枚必要)
支払った際に受け取った「医療機関の領収書」の原本の全てを専用同封して学校に出してください。
③ 学校では、月初めに請求事務を行います。その期日までに書類が揃わなければ次月の請求となります。
④ 月末には教育委員会から、給付の案内があり保護者の方にお知らせします。
学校に取りにいらっしゃるか、銀行振り込み(振り込み料金が給付金額から差し引けれます)かを選択していただきます。
 
*注意 町の子ども医療制度と学校のスポーツ振興センター給付の両方の給付を受けることはできません
どちらか一方の給付となります。学校でのけがの場合は、スポーツ振興センターの給付をお勧めします。