石川県河北郡津幡町立津幡中学校

〒929-0325
石川県河北郡津幡町字加賀爪ヌ6番地1

TEL 076-289-2213
FAX 076-288-5535
E-mail:tsubata-jh@m2.spacelan.ne.jp

「津中ネット」登録のお知らせ
 本校では、台風や大雪などに伴う休校、学校の行事の変更等について、学校メールでもお知らせしております。地域や保護者の皆様でメール配信をご希望する場合は、以下の「津中ネット(メール配信システム)の登録について」をご覧の上登録してください。
津中ネットの登録について
津中メール登録のしかた

 

アクセス数

COUNTER1138952
(2012.5.30~)

お知らせ

  3学期もあと少しで終わります。いつも学校保健活動にご協力ありがとうございます。
 現在、在校生には「健康ノート」を返却・回収中です。新学期に向けて生徒の健康状態や食物アレルギー等変わりがないかをたずねています。あわせて、緊急時の連絡先についても変更がないかを確認してください。4月に入って変更になる場合は、わかった時点で担任・保健室にメモ程度でかまいませんのでお知らせください。

役場 健康推進課より以下の連絡がありました
 子どもの健康を守るため、母子手帳を確認し、未接種のものがあれば、早めに接種しましょう。
 下記の予防接種については、接種期間が決まっています。接種券の有効期間内に接種しましょう。
 接種券の再交付など予防接種に関することは、役場健康推進課(☎288-7926)へお問い合わせください。また、町ホームページもあわせてご覧ください。
  予防接種名 接種券の有効期間 接種券の送付期間
 (特例)
日本脳炎1期及び2期予防接種
(H19年4月1日生まれ以前の者)
 20歳の誕生日の前日まで ・2期:18歳になる年度の初めに送付しますが、18歳の前に希望の方はお問合せください。
・1期:送付はしませんが、未接種の方は、接種券を交付しますので母子手帳を確認の上お問合せください。
   
 

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

お知らせ

2月13日(水)
 インフルエンザの罹患者は、その後0人になることはなく、3~4名前後の罹患欠席者が横ばい状態で続いています。胃腸の症状がある生徒もいますので、今後も手洗いを十分に行い感染の防止に心がけてください。
 

お知らせ

1月31日(木)
 インフルエンザの欠席者やかぜ・熱症状の欠席者は、減ってきました。本日は9名です。ただ、お腹の症状(腹痛・下痢・嘔吐)で欠席する生徒が少し増えてきました。手洗い等せっけんを使ってこまめにしましょう。
インフルエンザでの欠席は「出席停止」の扱いになります。期間など簡単な確認のための書類を提出してください。詳しくは担任にお尋ねください。
 

お知らせ

1月29日(火)
 罹患人数は減ってきています。1年生では3名。2年生では7名。3年生では6名で、心配していましたが、3年生では昨日から新たな罹患生徒はいません。町内の小学校では学級閉鎖の措置をとっている学校が複数あるようです。定点医療機関の報告数が警報基準値(30人)を大きく超えて57人ほどになっています。家庭内・学校内でも総力戦です。全員で予防活動をしましょう。
 

お知らせ

1月28日(月)
 週明けインフルエンザの状況を心配していましたが、1・2年生の数は減ったものの、3年生1クラスで、爆発的に増えました。金曜日は私立入試なので心配されます。3年生はマスクの着用と教室換気を強化していきます。1年生は6名・2年生は9名・3年生は6名です。インフルエンザの潜伏期間は短いので、体調の変化には気をつけましょう。
 

お知らせ

1月25日(金)
 本日、インフルエンザ罹患欠席者は、全校で25名です。1・2年生の各クラスで4名以下の罹患があります。3年生はインフルエンザの罹患者・発熱者も僅かですが、油断はできません。私立入試直前です。この土・日は、できるだけ外出を控え罹患のリスクを減らしましょう。
 

お知らせ

1月24日(木)
 インフルエンザの罹患者が増えています。放課後までに新たに連絡があった生徒を含め1年生で19名、2年生で10名3年生で1名の罹患欠席者がいます。併せて、胃腸炎で腹痛が主訴の生徒も数名います。まだ、マスクを着用せず登校する生徒もあります。また、手洗いの効果を上げるため、爪も短く切って予防に努めましょう。
 

お知らせ

1月23日(水)
 インフルエンザの罹患欠席者は全校で23名です。3年生でも罹患者が出てきました。
合わせて、お腹の症状(下痢)のある生徒もみられます。せっけんでの手洗いを十分に行い、引き続き予防活動を行いましょう。
 

お知らせ

1月22日(火)
 本日、1年生の1クラスでインフルエンザが急増しました。1・2年生での流行で17名の罹患者がいます。かぜ・熱欠席者も14名で早退者も出ています。3年生のインフルエンザはいません。
 登校前には、熱を測り健康状態をチェックしてから登校しましょう。インフルエンザの生徒は高熱が出ています。マスクを着用して登校してください。
 

お知らせ

1月21日(月)
 本日、インフルエンザの罹患欠席者増えました。1年生2年生で8名ですが、発熱欠席者が14名あり、今後インフルエンザが確定することも考えられます。マスクを着用して登校することをお勧めします。手洗いを十分に行い、体調の変化に気をつけましょう。
 

お知らせ

1月17日(木)
 インフルエンザに罹患してお休みの生徒は1名です。かぜ・熱の生徒は学校全体で6名です。また、お腹の調子が悪くなる症状の生徒もみられます。引き続き手洗いをまめに行い予防活動に努めましょう。
 

お知らせ

  1月10日(木)
 インフルエンザに罹患している生徒は1名ですが、本日発熱早退者が複数出ています。学校医先生によれば、大人の罹患受診者増えているそうです。受験生で、まだ予防接種を受けていない生徒は、今からでも遅くないので予防接種を受けることを勧めます。(医療機関によっては、既にワクチンが底をついているという情報もあります)関東地方はものすごい罹患状況となっており、今後広がる可能性大きいと思われます。
 

お知らせ

 12月20日(木)
 インフルエンザの罹患者はいません。先日から発熱の欠席者は、風邪のようです。本日は元気に登校しています。冬休みに入りますが、規則正しい生活で楽しく過ごしてください。
 

お知らせ

 12月17日(月)
 インフルエンザの罹患生徒はいません。かぜの欠席が数名です。3年生は、予防接種をするように勧めています。校下の小学校で打ち切りの措置がとられた所があります。兄弟で感染することも考えられますので、注意が必要です。
 

お知らせ

12月13日(木)
 町内の学校でインフルエンザの流行がみられます。感染に注意してください。本校ではかぜの欠席は3名。現在のところ、インフルエンザの罹患者は校内にはいません。
3年生は受験期ですので、予防接種をお勧めします。補助の制度もあります。3年生の現在のところの接種率は40%です。
 

お知らせ

  麻しんの予防接種の状況調査を行いました
 春先より、沖縄県で麻しんの感染例があり、沖縄県の広い地域で感染が報告されていました。また、6月には名古屋市で麻しんが発病した状態の方が金沢市及び周辺市に滞在したことがわかり二次感染の心配がありました。昨年、春には金沢市内の小学校の入学式での感染事例も記憶に新しいところです。
「麻しん」の感染経路は、空気感染であり他に空気感染する病気には、「結核」「水痘」があります。
学校は集団生活の場であり、教育委員会から「麻しん」の予防接について予防接種歴の確認の依頼がありました。 
本校では、健康ノートの記載で確認をしました所、1年生で8%2年生で15%生で14%の生徒が、未完全接種及び不明であることがわかりました。「麻しん」の予防接種は、2回接種しておくことが重要です。今一度、母子手帳などを確認され、完全接種されることをお勧めします。本校では、職員にも同じ呼びかけを行っており、学校全体で予防行動をとることが重要です現在、健康ノートを保護者に返却中です。母子手帳と合わせて確認してください。
なお、医療機関では予約を行えば予防接種が可能ですので、主治医にご相談ください。
 

保健室の様子

保健室は2階の職員室の前にあります。生徒玄関中央の階段を上がると左手が保健室です。
  
 保健室の入り口です。奥は2F相談室で隣接しています。 奥が休養コーナー 左側は応急手当コーナー
  
 談話コーナーは、委員会活動・相談などに活用 相談室2 2部屋に仕切ることができカウンセラーとの面談や、生徒との相談活動に利用します。
 
 

スポーツ振興センター(学校でのけがで受診)の手続きについて

 学校管理下(登下校・体育などの授業中・休憩時間・部活動など)での活動中に起きたけがなどで受診した場合、日本スポーツ振興センターの給付が受けられますので、学校に連絡してください。
【給付までの手順】
 ① けがをして受診した医療費の総額が、5000円以上の場合対象となります。(窓口での保護者の方の支払い総額
1500円以上)担任・部活動顧問・養護教諭のいずれかに、けがと受診の状況を伝え、必要な書類を受け取ってください。
院外の薬局でお薬を処方された場合は、「調剤報酬明細書」も必要になります。
また、柔道整復師の施術を受けた場合も対象になりますが、用紙が違うのでその旨申し出てください。
必要書類は、専用封筒でやりとりをします
② 受診先で、医療の内容について記入していただく「医療等の状況」の用紙を記入していただき(無料・1ヶ月に1枚必要)
支払った際に受け取った「医療機関の領収書」の原本の全てを専用同封して学校に出してください。
③ 学校では、月初めに請求事務を行います。その期日までに書類が揃わなければ次月の請求となります。
④ 月末には教育委員会から、給付の案内があり保護者の方にお知らせします。
学校に取りにいらっしゃるか、銀行振り込み(振り込み料金が給付金額から差し引けれます)かを選択していただきます。
 
*注意 町の子ども医療制度を利用した場合、支払い金額と医療費の1割分の給付となります。学校でのけがの場合は、スポーツ振興センターの給付をお勧めします。