オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人
登録ユーザー5人

カウンタ

COUNTER16263
開設 2016年9月1日

平成30年度入学志願者心得

内灘高校の特色って何??
内灘高校の特色って?
内灘高校の特色は、
①「内灘ベーシック」
昨日の内高ダイアリーでも取り上げた「内灘ベーシック」。中学校までの学習をしっかりと学び直しすることで自己肯定感を高め、向上心につなげています。
②「BYOD」
BYOD(Bring Your Own Device=生徒所有のスマートフォン端末)を活用した授業を実践しています。身近な機器を利用することで、より効率よく、より効果的な学習ができます。
③「女子サッカー部」「軽音楽部」などの部活動
今年の新人戦に初めて出場し、勝利しました。更なる飛躍を目指します。(女子サッカー部)
「内灘町を盛り上げる」ことを目標に、町や公民館の文化祭、介護施設、保育園などで出張演奏をおこなっています。来年(2018年)夏には長野県で開催される全国高等学校総合文化祭に出場します。(軽音楽部)
④「資格取得」を奨励
資格を取得することで生徒自身の価値を高め、将来の可能性が広がります。そこで本校では検定試験合格に向け、放課後補習や添削をおこない、生徒の資格取得のバックアップをしています。(Acpiqs(アクピス)同好会)
⑤「地域連携」
「地域から信頼され、必要とされる学校」となるために、内灘町の行事やボランティア活動、海岸清掃などを積極的におこなっています。
⑥「同窓会からのバックアップ」
これまでに約5600人の卒業生を輩出し、県内だけではなく全国各地で活躍しています。同窓生による「人材バンク」を設立し、社会で活躍する同窓生の魅力、仕事を通しての人間力を「社会人講話」として在校生に伝えてもらっています。
 まだまだある内灘高校の特色。
「内灘高校は生徒一人ひとりの進路実現をサポートしていきます」
「内灘高校は小規模校ですが、その分、どこの学校よりも、生徒一人ひとりのサポートをしていきます」
 
学校案内2017
学校案内です。進路選択に役立ててください。
学校案内2017外面.pdf

学校案内2017中面.pdf
 
軽音楽部 活動報告
軽音楽部の活動紹介
内灘高校には軽音楽部があります!「内灘町を盛り上げる」ことを目標に、町や公民館の文化祭、介護施設、保育園などで出張演奏をおこなっています。いろんな人に喜んでもらえるようにがんばって練習しています。高校に入ってから楽器を始めた人も多く、初心者でも大丈夫です。少しずつ上達して、自己肯定感や自己有用感を実感できると思います。来年(2018年)夏には長野県で開催される全国高等学校総合文化祭に出場します。
   5月21日 ロマンチック祭(恐竜公園)

うち福祭(うちなだの里)

8月 5日 鶴ケ丘合同サマーフェスティバル(鶴ケ丘中央公園)

8月19日 千鳥台町会夏祭り(浜千鳥公園)

8月20日 UTAUMI(内灘海岸)

8月26日 向陽台サマーフェスティバル(向陽台公民館)

9月 3日 福祉の集い(金沢市松ヶ枝福祉館)

9月10日 グループホームあかりミニコンサート(グループホームあかり)

10月29日 向陽台文化祭(向陽台公民館)

12月26日 北部保育所でのミニコンサート(北部保育所)
 
女子サッカー部
女子サッカー部 がんばっています!
本校女子サッカー部は創部2年目。現在の部員数は7人。これまで部員不足のため大会に出場できませんでした。先日の新人戦では金沢市立工業と合同で大会に参加し、七尾高校に2-0で初勝利!本校の佐々木彩乃(2年鳴和中卒)キャプテンが2ゴールを決めました。これまで大会に出場することが目標だったチームが勝利しました。次は優勝を目指してがんばります。またサッカー部は積極的にボランティア活動にも参加しています。ボランティア活動を通して「地域に感謝する」気持ちを高め、部活動に取り組んでいます。サッカーに興味のある女子中学生のみなさん!一緒に優勝を目指しましょう!内灘高校で待っています!
 
内灘高校の特色①~BYODで授業しています~
BYOD って何?
内灘高校ではBYOD(Bring Your Own Device=生徒所有のスマートフォン端末)を活用した授業を実践しています。身近な機器を利用することで、より効率よく、より効果的な学習ができると思います。「学ぶ楽しさ、分かる喜び」を教員と生徒が実感できる授業をしています。授業中の使用にはルールを守り、先生の指示をしっかり聞くように指導しています。内灘高校ではスマートフォン端末を「遊ぶための道具」ではなく、「学ぶための道具」として使っています。中学生の皆さん!内灘高校で学びませんか?
 
内灘高校の特色②~資格取得に向けてバックアップします~
資格取得のためのバックアップをしています
内灘高校では、希望進路の実現に向けて資格取得を奨励しています。資格を取得することで生徒自身の価値を高めることになり、将来の可能性が広がります。そこで本校では検定試験合格に向け、放課後補習や添削をおこない、生徒の資格取得のバックアップをしています。また同好会としてAcpiqs(アクピス)もあり、簿記実務検定や情報処理検定、電卓実務検定などの資格取得を目指しています。今年度は簿記実務検定2級や珠算・電卓実務検定部門1級、部門別1級普通計算、ビジネス実務検定1級、情報処理検定(表計算)初段、2級などに合格しています。資格取得ボードに自分の名札を入れ公表しています。
 
内灘高校の特色③ 「内灘ベーシック」って何?
内灘高校の特色「内灘ベーシック」って何?
内灘高校では学校設定科目として「内灘ベーシック」があります。1年時には国語・数学・英語の3科目を中心とした中学校までの学習内容を学び直しています。2年生からは社会人としての必要な知識を身に付けています。「内灘ベーシック」を学習することで、中学校の時にわからなかったことが、わかるようになり、できるようになります。これは自己肯定感や自己有用感を高めることで、自信が持てるようになり、さらに頑張ろうという向上心につながっています。本校ではこの「内灘ベーシック」を朝学習や放課後ではなく授業としておこなっています。まじめに学び直しをして更なる飛躍を望む中学生を待っています。
 
 
スマホde防災リテラシー
「スマホde防災リテラシー」を実施しました。
KDDIワークショップ型出前講座「スマホde防災リテラシー」を実施しました。「情報リテラシー」を理解し、「防災教育」の意識高揚を図り、「コミュニケーションスキル」を身に付けることを目的におこないました。講師にはKDDI㈱総務部CSR・環境推進室の引地みち子先生をお迎えして、災害発生時に通信をライフラインとして有効に活用するための講座がありました。「自分が欲しい情報だけでなく相手のことも考えて」と話したあと始まりました。KDDIが準備した貸し出しスマホに専用グループチャットアプリ「チャットレ」を使用し、災害の情報を他の班に送信したり、情報を集めたりしました。生徒は、「情報が多すぎて整理するのに時間がかかった」「情報を見極めることが大事」「人を救助するためにSNS上での呼びかけや調整にはコミュニケーションの力が必要だと思う」「自分の命を先に守るということができるかわからない」と感想を述べていました。
 
体験入学2017
内灘高校体験入学2017が 8月4日(金)におこなわれました。

①学校の概要説明  小篠教頭から「高校生活をイメージしてください」
②模擬授業体験   国語「敬語・スピーチ」、理科「ステンドグラス」、
          情報「プログラミング」の授業をおこないました。  
③軽音楽部演奏   「ともに」「やってみよう」の2曲。
④在校生と語る会  生徒会役員、アクピスとサッカー部の部長、1年生代表が
          学校生活の様子や内灘高校の良さなどをアピールしました。 
⑤スクールツアー  校舎施設見学 部活動見学
⑥部活動体験    サッカー、バドミントン、茶道、華道、料理部で体験。
短い時間でしたが、高校生活のイメージができたでしょうか。本校は小規模校ですが、
その分、どこの学校よりも、一人ひとりの生徒をサポートしていきます。
「Let's walk together!」
 
 
中学生の体験入学のご案内
中学校用の要項が出来上がりました。必要に応じて下記のファイルをダウンロードしてください。

H29中学校宛実施依頼&生徒配付要項.pdf

H29内灘高校体験入学参加申込書.xls
 
中学生の体験入学ポスター