学校指導方針(スクールポリシー)

 【本校において目指す生徒像】

 

○規則正しい学校生活を送り、社会生活の基礎となる学習に主体的に取り組む生徒

 

○個々の実情に応じた、豊かなコミュニケーション能力を身につけた生徒

 

○多様な人々との連携・協働を図った活動を最後まで粘り強くやり抜く生徒

 

【学習指導方針(スクールポリシー)】

 

(1)中学校までの既習事項の学び直し

 

 ・学校設定科目「内灘ベーシック」による基礎的な既習事項の定着

 →教員を複数配置してきめ細やかに、かつ、飽きない程度の適切な頻度で演習を反復する等

 

 ・授業マナー指導の徹底を通した、授業態度の向上

 →中学校や地域社会と連携・情報共有しながら、指導計画を立てる等

 

(2)高校生としての基礎・基本の定着

 

 ・可視化された、よりわかりやすい授業の推進

 →生徒の主体性を育むよう、ICTの効果的活用場面を各教科ごとや教科横断的に追及する等

 

・協働的学習の積極的導入による興味・関心・意欲の向上

→ペアワークやグループワークなどのアクティブラーニングを通し、他人の意見を聴かせたり、自分の意見を発表させたりする等

 

(3)成績上位生徒のさらなる向上

 

 ・発展的学習内容を施す授業の工夫

 →希望する進路に応じた、知識・技能の活用を要する、問題解決型の学習方法を導入する等

 

・習熟度別少人数学習における、習熟の早い学習集団への効果的学習法の開発

 →少人数指導の利点を活かし、個々の学習到達度に応じたハンドアウトを活用する等


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------