石川県能登町立宇出津小学校 

 
eライブラリ アドバンス 家庭学習
eライブラリ アドバンス 家庭学習
eライブラリ家庭学習はこちらをクリックしてログインしてください。
 
COUNTER
109065since 2016.4.22
250902Total Access
いじめ防止基本方針
学校研究

直線上に配置

   2019年度学校研究 研究主題

「よりよく関わり合いながら、確かに学ぶ授業創り」
~私には伝えたいことがある!Let's enjoy [Ing]!~
 
めざす児童像

○本気…目的意識を持って読む,書く

○根気…納得しようと考え直す

○元気…考えを伝え,深め合う
 
研究仮説
 

算数科を中心教科とし、言語活動の充実を図る授業実践と継続的な授業改善の取組は、児童の「話す・聴く・書く・読む」力を育み、よりよく関わり合いながら学ぶ楽しさを味わい、確かな学びへとつながるだろう。

研究内容
 

言語の力を育てる指導

・算数科等の授業において,「聴いて考えてつなげる」言語活動を取り入れる。

・相手との関わりあいの中で類比,対比,因果を意識して話を聴く。



 

  
 
自問清掃

直線上に配置

     

 心を育てる自問教育 

 心を育てる自問教育の具体的な実践として

宇出津小学校では「自問清掃」に取り組んでいます。


 5つの約束


そうじの時間は自分の3つの宝石
ねばり ・ 親切 ・ 発見 をみがく時間です。

おしゃべりは他の人のそうじのじゃまになります。しゃべりそうになったときは、静かに座って自分の心の宝石のことを考えましょう。

おしゃべりをして他人のじゃまになっているのにきづかないでいる時は、先生がかたをたたきます。どの先生であっても静かにすわって、自分の心の宝石のことを考えましょう。

そうじに関係ある話もしてはいけません。いっしょうけんめいしてる人のめいわくになるからです。ひそひそ話もしてはいけません。周りにいる人たちの気がちるからです。

すわっている人はそうじができそうになったら、またそうじを始めましょう。きっとすわる前よりもすばらしいそうじができるでしょう。

「がまんする」「気ばたらきする」「進んでやる」など、毎日のそうじの時間は心を育てる大切な時間です。


直線上に配置