インターネット活用ガイドライン

能登町立柳田中学校

インターネットの利用に関するガイドライン

1 趣旨

 このガイドラインは、能登町立柳田中学校におけるインターネット利用に関し、必要な項目を定めるものとする。
 

2 インターネット利用の目的

 インターネットは本校の教育活動をより効果的に行うために利用し、次のような活動を行うものとする。

(1) 教育及び学習に関する情報の検索及び収集

(2) 他校及び外部の組織・団体または個人との交流活動

(3) 学習活動における情報発信

(4) その他、教育上必要と認められる活動
 

3 管理運営

(1) 管理責任者は学校長とする。

(2) 管理責任者は、インターネットの適正かつ円滑な利用を図るため、取扱責任者(情報教育担当)を置くものとする。

(3) 情報教育部は、教頭・教務主任・情報教育担当・その他校長が必要と認める者によって組織され、インターネットの
        活用及び情報管理に関する諸問題全般について検討する。
 

4 生徒のインターネット利用

 生徒は、教職員の支援・監督の下でインターネットを利用することができる。利用に当たっては、次の項目について適切に指導を行い、発達段階に応じて情報モラルの育成を図らなければならない。

(1) 著作権の尊重について

(2) 情報の信頼性について

(3) 情報発信に伴う責任について

(4) セキュリティへの配慮について

(5) ネットワーク上のエチケット、相手への配慮について

(6) 個人情報の取り扱いについて

(7) 有害情報への対処について

(8) その他教育上指導が必要と認められることについて
 

5 ホームページ作成の目的
(1) 教育方針・学習活動・学校行事などを紹介し、保護者や地域の人々に学校の様子を知らせるとともに、学校に対する
        意見などを広く一般から求める。

(2) PTA活動を紹介し、保護者の参画意識を高める方途とする。

(3) 学習情報へのリンクや教材、資料などを掲載し、生徒の学習活動の拠点とする。
 

6 ホームページに掲載する内容
(1) 生徒の氏名は、原則として掲載しない。ただし、教育上必要と認められる場合には、学校長の許可のもとで姓のみ
        掲することもある。また、内容によっては、生徒本人・保護者の承諾を得た上で掲載することもありうる。

(2) 個人が特定できる情報(住所・生年月日・電話番号・個人写真など)や、個人に関する情報(家庭環境・成績・身体的
        特徴など)は掲載してはならない。

(3) 生徒の作品・作文などの知的所有物を掲載する際には、生徒本人・保護者の承諾を得なければならない。

(4) 他人の著作権を侵害する情報を掲載してはならない。

(5) 生徒本人もしくは保護者から内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、速やかに対処する。

(6) 他校及び外部の組織・団体または個人から内容について指摘を受けた場合は、適切に対処する。

(7) ホームページに掲載し外部に公開する内容については、十分な配慮を行い、職員間で検討を行うものとする。
 


7 リンクについて
(1) 本校のホームページに対する他からのリンクは、原則自由にする。ただし、教育上好ましくないページからのリンクは、
         リンク先に対して解除を求めるものとする。

(2) 本校のホームページから他のページへのリンクは、教育効果や研究成果を十分配慮し設定するものとする。
        有害情報が含まれると判断されたページへのリンクは設定しない。
 

8 著作権
(1) ホームページ及び、本校から発信された電子メールの著作権に関しては、全て能登町立柳田中学校に帰属するものと
        する。
 

9 ガイドラインの明示

(1) 本ガイドラインは、本校ホームページ上に明示する。

(2) ガイドラインに不都合が生じた場合は、情報教育担当部において検討・修正し、学校長の許可を得て改訂を行う。