2学年

2学年日誌

総合的な探究の時間 小論文ガイダンスで得たものは【2学年】

9月30日 5限目の総合的な探究の時間に、小論文ガイダンスを実施しました。

進学希望グループは第一体育館で、第一学習社の岡田洋子氏を講師にお招きしました。

ガッツリとメモ書きしています。

就職希望者グループはCSホールで第一学習社の内倉尚嗣氏を講師にお招きしました。

 

プリントに沿って、メモ書きしながら進んでいますが、マストとしては

・小論文は、書きたいことを書くのではなく、課せられている質問に対し書くこと

・採用や合否に関係する人を想定して書く必要はあるが、どの世代の人にも伝わるように客観的に書くこと

があるのかなと感じました。

「どの世代の人にも伝わるように」というのは、「どの世代の人とも関わって進路選択を進めていく」総合学科のコンセプトとも似ているところを感じました。

上級生の3年次生は今、就職進学に向けて山場です。あと一年しかありませんね。

0

総合的な探究の時間〜教育実習の先生から〜【2学年】

「私の高校時代と進路選択」というテーマで教育実習中の高山先生から講演をいただきました。


最初に若手先鋭の小林先生から、去年の3年担任でのエピソード

「推薦には枠があるため、多くの生徒が第一志望をあきらめてしまった」

「『2年のうちから勉強していればよかった、3年ではみんながんばっているので差がつかなかったし』という声が多かったので皆さんに伝えます」

という生々しいお話。

 

高山先生から

 

・辛い時期もある、みなさんはこれから

・人それぞれ、なんでも頑張ればいい、ただ、最低限の学校の勉強は必要

・あれもこれもではなく、選んだほうがいい

・大学生の1日について(生徒の質問から)

 

最後に総合推進課の中村先生から今後について

 

・今年はインターンシップがなくなったので、予定変更

・再来週、希望制で別会場で「作文講座」「小論文講座」の講演をやるよ

・さらに後日ハンドブックで復習をするよ

・さらに後日実際に書いてみるよ

と予告がありました。

 

今後もお楽しみに。

 

0

総合的な探究の時間 ~学問かるた~【2学年】

夏休みも北陵祭も終わり、学業に切り替えです!

今日の総合的な探究の時間では、「学問かるた」を行いました。

【方法】

①学問の名前のカードを台紙から切り離す。

②シートに書いてある説明を見て、その説明が書いてある枠に①のカードを載せていく

③少ししたら前後左右の生徒同士で見比べ、お互いに違っているところについて、どちらが正解か話し合う

 

 

 

【余談(生々しい話)】

うまく話し合いまでできた生徒もいれば、一部、取り掛かれない生徒もいます。

取り掛かれないことには、それなりに理由がある様子でした。

 ↓

「親が大学行けっていうけど、これ以上勉強したくないので、行きたくない」

「本当は服を売る店をしたいので、大学に行かずファッションの学校に行きたいけど、理容学校くらいしかわからん」

など、悩みを抱えている生徒もいた様子です。

 --------------------

今回のカルタではたくさんの学問があります。学問の府である大学は「専門の研究をして突き詰めていく」ところなので、ピンとこないのかもしれません。しかもカルタの学問の内容がまだ生徒たちにとって意味不明の部分も少しある様子。

そこで、下記のように話かけました。

  ・大学の研究の分野をそのまま仕事にしている人は少ないこと

  ・大学はその関連の仕事や研究者の養成を目的としているところも一部あるが、

   むしろ新しいことをすぐに軌道に乗せていく能力の育成を目的としていること

  ・新しいことが他人より早くできると、需要と供給の関係からニーズが高く、

   顧客や社会への貢献度が高い(儲かる)

  ・新しいことを最低、年に2割くらい?していかないと、顧客が離れて仕事が立ちいかなくなる

このことで、少し「大学」と「服を売る店の仕事」の道筋が見えた様子でした。

 --------------------------------------------

また、本校は就職する人、進学する人、様々です。

すぐ就職する人にとっても、いつか働いたらそれぞれプロとしての専門家(スペシャリスト)になるので、

学問的なアプローチ(カイゼン活動をする姿勢)で仕事を進められる素養が付けばと思います。

本校に来てくださる外部講師の方(ものづくりマイスター等の職人の方)も、

高校卒、大学卒ではない方もいますが、学問的なアプローチで授業中に発生する問題

(ここでいう問題とは、基準に達していない状態と基準とののギャップを指す)を

観察、分析して、問題解決してくれていますよ。

0

北陵祭準備ーやりなおし??【2学年】

22Hの流しスーパーボウルすくいのための樋(とい)を作り直さなければならなくなりました。

全体を取りまとめている生徒から、長くないとおもしろくないのでせめて4m以上にできないかと竹切り班に打診があったようです。

ナタで竹に割れ目を入れるためには、最初は垂直に入れないと力不足で刃が入りません。そのため身長+αの2mが限界でした。

まず竹切り班は、ナタガ入ってしまえば横倒ししてハンマーでナタを叩きながら割れ目を広げて行けることを竹切り班は気づいたようです。

さらに竹切り班は竹を立てて非常階段の2階で切れ目を入れることを考えたようです。

下で持っててナタか落ちてケガをするので下で持たないことや、墜落の危険性があること、危険予知をしながら進めていかなければなりません。

昨日は一本だったので、今日も続けるとのことです。

…で、固定はどうするのでしょうか。教室が水びたしになるのでしょうか…。

0

9月4日の北陵祭に向けて【2学年】

今年は非公開の北陵祭。生徒たちにとっては公開非公開より、当日に向けて活動できることが大切のようですね。

クラスの催事の準備も徐々に計画から実行段階に移ってきました。

こちらは22Hの流しスーパーボウルすくいで使う、竹を切る作業。

チェーンソーやグラインダーは保護メガネと、保護帽子をしたうえで安全教育して付き添い。他の工具の使用時は職員が遠巻きに他の仕事をしながら見てましたが、うまくやっていました。あとかたづけもオッケーでした。

夕方、担任の先生が見に来た時、「これ、どうやって固定するんだろ?」と言ってました。確かに。ま、何とかするのでしょうね。

 

0

総合的な探究の時間 地域理解【2学年】

今日の総合的な探究の時間では 地域理解の学習を行いました。

ただ、石川県の地域ではなく、修学旅行に行く予定の、九州地区の地域理解です。

地元以外に焦点を当てられる貴重な機会で、他と地元の比較、地元の強み、弱みなどが見えるように、準備が大切です。

自主研修のグループ決めも行いました。

  

 

0

総合的な学習の時間 進路探究学習①【2学年】

今日の総合的な学習の時間は、ベネッセさんの「進路探究ワーク2」と「進路探究ムック2」に沿って学習をしました。

 

【活動内容の要点】

・「自分がやりたいこと」を「自分自身の特徴」「社会の状況」を考慮しながら折り合いをつけて進路を考えていく

・意外と上記の3つともわかっていないからミスマッチが生じるので、「進路探究ムック2」を読みながら深めていく

・「先輩」の情報は有効、最新でナマの情報であることも認識する

・現段階でイメージマップを作る演習を行う

  

 

【ほか】

今の職業の6?7割?がなくなると言われている時代に将来の進路を考える必要があるのかというご批判もあるかもしれません。

大切なことは、幾度となく今回のような「イメージマップ」のようなものを精度良く作成できるようになること。時代の変化や自分の成長や自分自身の発見に合わせて軌道修正をかけられるようになることだと思います。

また、「今」を題材とすることで、精度良く作る演習になります。自分についてや世の中についての情報収集も大切だと感じてくれるといいなと思いました。

というのは、昔なりたかった「プロの〇〇選手」や「〇〇レンジャー」になるために今でもそのための努力している人は少なく、ほとんどの人が軌道修正かけるので、時代のニーズに合わせて修正かけていくことが大切とも言えます。

ともあれ、一生懸命努力したことは、何らかの形で積み上がるので、今何でも良いので一生懸命やることが結局は大切です。

‥と、上記はキレイごとですが、先輩の3年生は次の進路を決める時期に来ています。2年生にとっては進路決定までちょうどあと1年です。

0

北陵祭の準備【2学年】

今日の6限のロングホームは9月に開催予定の北陵祭の計画について意見を出し合いました。

詳細にどこでやるかやレイアウトを詰めているクラスもありました。

  

 

 

 

 

0

総合的な探究の時間~社会人として必要とされる力(人間力)とは・意見交換編~

社会人として必要とされる力(人間力)についての意見交換を行いました。発表という形はとらず、それぞれが前回記入したワークシートを順に送りながら、3つの人間力のうちの1つに「いいね」を書き込んでいくという方法です。様々な人間力に関する意見をクラスメートと共有できたのではないでしょうか。

←「いいね」がいくつもあります。 

0