新着情報
部・同好会

部・同好会

園芸部花便り

みなさんお元気ですか?

園芸部の花壇ではじゃがいもが元気に芽を出しました。

学校の敷地のあちこちで、じっと冬を耐えた草木が次々と花を咲かせています。

私たちも頑張りましょう! 

本格稼働した濾過装置!本格稼働した噴水池濾過装置 今年は噴水池の環境整備も進める予定です。

新顧問KO先生、何を作っているのかな?お楽しみに♪

さて、今日はクイズ。

これは学校のどこに咲いている花でしょう?

第1問 簡単かな?先生が学校に来ると一番最初に目に入ります。

第2問 この先の藤棚も新芽が育っています。晴れてたら体育館への最短ルート?

第3問 八重桜が満開です。ちょっと難しいかな。ヒントを付けたよ。

とってもきれいに整理されています。部員のみなさん、マネージャーさんありがとう!

 

令和元年度JRC活動報告

JRC部は Junior Red Cross の略称であり、青少年赤十字に加盟しています。

受け身ではなく主体的に取り組むこと「気づき・考え・実行する」という目標を掲げ、活動しています。

今年度の活動をご紹介します。

 

 6月 石川県高等学校JRC大会参加

    石川県のJRC部が一同に集まり、赤十字の歴史、応急手当、災害時の緊急対応について学びました。

 

 7月 野々市市押野児童館にて児童館フェスティバルに参加

    本校の生徒が3つの遊びを企画し、笑顔の絶えない時間を過ごしました。

 

 8月 心肺蘇生法・応急手当の練習開始

    昼休み・放課後に毎日迅速かつ正確に行えるよう技術を磨きました。

 

 9月 石川県赤十字救急法大会に参加

 

秋~冬 校内清掃(教室のゴミ箱洗浄、体育館更衣室清掃)を自主的に実施

    部員たちで考えた内容を実施し、奉仕の精神を養いました。

 

 

 

 

 

 

    

【園芸部】中庭は花盛りです!

 今年最後の収穫を待っていた赤白かぶら、臨時休校の間にとうとう花が咲いてしまいました。黄色い菜の花が風に揺れています。中庭はもうすっかり春。伏見のシンボル白梅紅梅も満開、早々とローズマリーも開花しました。

【耕す人大大募集!一緒に野菜育てよう!】

 園芸部の春は大忙し!土をおこし、じゃがいもやトマト・なす・おくら、(去年はすいかも!)収穫が楽しみな夏野菜の植えつけが待ってます。もちろん実ったあとはみんなで収穫祭!秋にはいもほり、冬にはいもづるのリースや味噌づくりも。

 重い肥料や草むしり・毎日の水やり、ひとつひとつは大変だけど、みんなで汗をかいてみんなで収穫、みんなで食べる、そんな園芸部、のぞいてみてね。どろんこ大好きな人待ってます!

吹奏楽部

今年度はコンクールをはじめとして、清流祭やボランティア演奏など幅広く活動してきました。ボランティア演奏では、幼稚園や学童、高齢者施設、地域のお祭りなどに参加しました。幅広い年齢層の方々と交流を深め、様々なことを学ぶことができました。ひとえに応援してくださる皆様のお陰です。感謝申し上げます。コロナウイルスの関係で、定期演奏会は残念ながら中止となりましたが、来年度は更によい演奏会になるように努力していきたいと思っています。

「たくさんの人たちに支えられている感謝の気持ちを忘れず、最高の部活だと思えるような団体にしていきたいです。」(2年部長)

【チアリーディング部】練習の様子

チアリーディング部は現在、2年生6人、1年生3人で活動をしています。平日4日、土日のうち1日が練習です。練習時間は集中して取り組み、部活動がない日は勉強したり遊びに行ったり、メリハリをもって学校生活を送っています。

 

チアリーディングは、1年に2回大きな大会があります。昨年は6月の大会の成績の結果、8月に行われた全国大会に出場することができました。新年度も、全国大会出場を目指して、日々練習をしています。練習は大変な時もありますが、大会やイベントで演技を成功させたときの達成感は、何物にも代えることができません。また、一緒に練習を乗り越えたチームメイトとは、部活動以外の場でも強いつながりを持つことができます。

イベントで様々な人を応援するために、また、全国大会への出場のために、新しく入学してくるみなさんの力が必要です!現在の部員も全員初心者でした。経験がなくても体が硬くても大丈夫です!先輩たちと一緒にがんばりましょう!

 

ダラーズ優勝祝賀会【チアリーディング部】

11月24日(日)

ANAホリディ・イン金沢スカイで、石川県女子軟式野球チーム「ダラーズ 優勝祝賀会」が行われ、チアリーディング部がパフォーマンスを披露しました。

部員で考えたオリジナルのダンスに加え、第100回全国高校野球選手権記念大会ダンスを披露しました。会場は大いに盛り上がり、大盛況でした。

参加した部員のひとりは「会場の皆さんがすごく盛り上がってくれて、演技している自分たちも楽しかった。またこんな機会をもらいたい。」と話していました。また、「今回はスタンツ(チアリーディングで組んで行う演技で、見せ場になる)ができない会場だったので、盛り上がりに欠けないように声やダンスを工夫した。良い経験になった。」といった声も聞かれました。

今回は競技の応援ではなく、優勝のお祝いのパフォーマンスでした。またこのような機会をいただけるよう、日々の練習に取り組みます。


【吹奏楽部】米泉公民館文化まつりに行ってきました。

10月20日(日)「米泉公民館文化まつり」に参加して来ました。
曲目は「ノーダウト」、「君の瞳に恋してる」など5曲演奏しました。
多くの方々からたくさんの拍手や手拍子、最後にはアンコールまでいただきました。(アンコール曲「学園天国」)
これからも、多くの人達に私たちの音を届けていきたいと思います。ありがとうございました。

第74回国民体育大会(茨城ゆめ国体)で準優勝しました!

 『第74回国民体育大会・いきいき茨城ゆめ国体』では、今大会から水球女子が正式競技に導入され、本校2年生の藤浜李帆さんと木村巴さんが石川選抜のメンバーに選ばれ、本県を準優勝に導く活躍をし、本日、校長室へ結果報告に来ました。
 
 左から、北村幸恵校長、2年 木村 巴さん 2年 藤浜 李帆さん

 校長:一番厳しかった試合は?
 藤浜:茨城県選抜チームとの試合が一番たいへんでした。相手は日本代表選手も多 
    くおり、レベルの高い水球で、体も大きくて勝ったときには、挑戦すること
    の大切さを知ることができました。
 木村:同じく、茨城県選抜チームとの試合です。一緒に戦った石川県選抜チームの
    先輩たちから、心の強さを学びました。
 校長:惜しくも、東京都選抜チームに負けて準優勝でしたが、結果には満足できましたか?
 二人:結果には大満足です。それよりも、石川県選抜チームのメンバーで戦えたことがとても楽しかったです。
 校長:二人とも水球から得られた貴重な経験をぜひこれからに生かしてください。

 二人は小学生から同じクレイン水球WPC(白山市)で水球を始め、白山市立松任中学校水球部でも一緒に活動をしてきました。今大会の石川県選抜チーム・メンバーは、社会人3人、大学生1人、高校生5人で構成されていますが、全員が白山市立松任中学校水球部出身です。年齢は異なっても幼いころから尊敬してきた先輩たちと大舞台で活躍できる力、素晴らしいですね。これからも多くのことに挑戦し、さまざまな舞台で活躍してほしいです!
 なお二人は、本大会に先立って行われた第42回 全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会水球競技(8月22日~26日:京都アクアリーナ:18歳以下女子の部))で石川イーグルスの一員として優勝し、優秀選手(ベストサーティーン)にも選出されました。

【吹奏楽部】老人ホームに行ってきました。

9月16日の敬老の日に、私たちは、西泉の特別養護老人ホームゆうけあ相河で慰問演奏をしました。「さくらさくら」、「赤とんぼ」などを演奏し、最後に全員で演奏に合わせて「ふるさと」を歌いました。皆さん曲に合わせて手拍子をしてくださったり曲に合わせて歌ったりと楽しい時間を過ごすことができました。

チアリーディング部

8月23日に行われた、JAPAN CUP2019フライデートーナメントに出場しました。
3年生にとっては最後の大会、1年生にとっては初めての大会で、全員が緊張感と高揚感を持って本番に臨みました。
当日はこのメンバーでできる最高の演技をすることができましたが、点数は149.0点。準決勝進出の目標は果たすことができませんでした。
しかし、他チームの息をのむすばらしい演技を目の当たりにし、これからの自分たちの演技の勉強にもなりました。

たくさんの応援をいただき、ありがとうございました!