日誌

子ども達の様子

制服等リサイクル

PTA家庭教育部の皆さんが明日の制服等リサイクルの準備をしてくださいました。遅くまでご苦労様です。明日のリサイクルは9時30分から開場で10時から販売です。新型コロナ感染防止対策にご協力お願いします。お子さんのご来場はご遠慮ください。駐車場等での安全確保に十分ご留意ください。

6年生思い出クッキング

↓6の1エプロンが仕上がりました。お手製のエプロンをつけて、おやつ作りをしました。グループで協力して作り、とてもよい思い出クッキングとなりました。

今日の授業より

↑1の1 図工 箱を飾って、何入れよう? どんな色の飾りを作るか、考え工作しました。

↑1の2 国語 「おかゆのなべ」の学習計画を立てました。これは、今年度の教科に初めて掲載された教材文で、グリム童話からの出典です。この学習を機に、いろいろなお話を読んで、友達に紹介しましょう。

↑1の3 国語 国語 昔話を読む学習を立てています。お話を読んで、お話カードを書いていきます。どんなことを書こうかな。

↑4の3 理科 水を氷で冷やした時と、お湯で温めた時の体積の違いを実験で確かめました。この結果から、どんなことが分かったかな?4の3の皆さんは、お家の人に、説明してみましょう。

↑2の1 生活科 町探検の発表会練習です。グループに分かれて、めあてをもって、自分達で練習をしっかりと進めていました。↓

↑4の1 外国語活動 What do you want ?

↑ 3の1 算数 小数の仕組みについて学習しました。まとめを黒板の赤チョークで強調されたところを見て、自分で書いています。

 

 

6年生と一緒に

↑6年生が「あいさつし隊」や「思いやり隊」の校内放送で、取組を広げてくれています。できることを工夫し、全校を巻き込んでよい学校づくりに取り組んでいる姿こそ、全校のお手本です。6年生のチームワークもとても素敵です。

↑保護者の皆様、各ポイントでいつも交通安全指導をありがとうございます。

↑「思いやり隊」と「あいさつウォーク」です。

GTは条南小2代目校長先生

5年生が総合的な学習で河北潟の環境について学んでいます。今日は、ゲストティーチャーをお招きして、河北潟ができるまでについてお聞きしました。ゲストティーチャーは、条南小学校2代目の校長先生(平成16年~平成20年)の森和子先生です。とてもお元気そうでした。

↑これは、森先生が4年生を担任していた時に、社会科の学習のために作られたお手製の資料だそうです。

河北潟を干拓する前と後の地図を見比べて、違いを見つけました。

↑干拓当時の珍しい写真をたくさん見せていただきました。河北潟干拓についてたくさんのことを教えていただいたと同時に、興味のあることを深く掘り下げ研究していくことの楽しさも学ばせていただきました。これからの学習に生かしていきたいと思います。本日は、ご来校ありがとうございました。

 

11月19日の授業から

↑4の3 理科 水を温めると、体積はどう変化するかな?

↑3の2 理科 あれ?同じ粘土なのに、差している針の位置は違うけれど、重さは同じかな?

↑重さは、球でもサイコロ型でも、細かくしても同じかな?

↑6の2 家庭科 エプロンづくり 丁寧にしつけをかけて、ミシンで縫って、アイロンをかけています。エプロンができたら、これを着て、調理実習をする予定です。

↑4の2 算数 平行な直線を描く学習です。

↑5の1 家庭科 ご飯をなべて炊く授業です。今回は、5年生が刈り取ったもち米で、赤飯を炊きました。私欲をいただきましたが、小豆もふっくら、もちごめも、もっちりで、おいしい赤飯を炊くことができました。赤飯を作ることができるなんて、素敵です。今日の調理実習を生かして、家でも作ってみてくださいね。

↑1の1の空き教室です。すばらしく整頓されています。

↑今日は滋賀県献立です。ゆかりごはん、ホンモロコのカレー揚げ、赤こんにゃくのサラダ、のっぺいうどんにデザートは近江米ムースでした。ホンモロコとは、琵琶湖の辺りにしかいない「固有種」で、コイの仲間です。私も、初めていただきました。ワカサギのような感じで、とても香ばしくさっぱりした味でした。そして、赤こんにゃくにはびっくりしました。滋賀県では、赤こんにゃくが普通に食べられているそうです。なんでも、戦国武将、織田信長が赤い物を何でも好んだからともいわれています。のっぺいうどんは、生姜が入り、葛粉でとろみをつけ、いつまでも温かくたべることができる滋賀県の郷土料理です。給食を通して、滋賀県のことを知ることができました。

4の1 国語研究授業

↑4の1 国語科 研究授業 「世界にほこる和紙」を読み、和紙を誇りに思っている理由を考えました。この説明文は今年度から教科書にはじめて掲載されたものです。伝統工芸の和紙のすばらしさが伝わってきます。子供たちは、この説明文を参考にしながら、伝統工芸の本を読み、自分が選んだ伝統工芸のよさを伝えるリーフレットを書く学習を進めていきます。

子供たちは集中して、一生懸命新しい教材文に取り組み、考えを交流していました。説明文の全文を読む力を養っています。

「あいさつし隊」に参加

立冬は過ぎていますが、穏やかで温かな一日でした。こんなすてきなひつじ雲?が出ていました。

↑環境委員会の人たちが、昨日植えてくれました。冬から春の花、葉ボタンとパンジーにビオラです。

↑今日も、6年生の呼びかけで、あいさつでいっぱいの条南小学校の玄関になりました。協力してくれた皆さん、ご苦労様でした。

11月18日、授業の様子から

↑3の3 図工 釘打ち 集中してくぎを打ったり抜いたりしました。

↑1の3 おしゃれなショルダーバッグをつくりました。

↑1の1 先生のお手本を見て、タイミングをまね、練習しました。徐々にタイミングがつかめるようになりました。

↑1の2 算数 繰り下がりのある引き算です。13-9、9をどこからひくか、考えました。計算練習を頑張っています。

第2回G6サミット&全校への働きかけ

羽咋小学校と中島小学校と条南小学校の6年生で、学校をよくする取り組みを交流するG6サミットをzoom会議で実施しました。1回目の交流で、お互いの学校のよいところを取り入れ、実践したことを交流しました。発表のあとは質問タイムで、お互いの取組について質問をして交流しました。他校でも、いろいろ取組を工夫し、効果が出なかったらどうしたらよいか改善しながら、進めている所が、同じだなあと共感し、そしてとても参考になりました。今日のサミットを生かし、さらに条南小学校でも取組を進めてください。6年生の取組が、条南小学校のよき伝統になっていきます。

↑6年生が一生懸命取組を考え、行動していることに感謝し、全校の皆さんも6年生の取組に一緒に協力していきましょう。

↑6年生の呼びかけに応えて、あいさつし隊に参加して、気持ちのよいあいさつで条南っ子を迎えています。

↑5年生の礼儀正しい挨拶は、お手本ですね。

↑「思いやり隊」への協力と「あいさつウォーク」への協力です。