令和元年度 河北台中学校のようす

令和2年度 新2・3年生学級発表の様子

  4月3日(金)12:00 新2・3年学級発表の時間です。生徒玄関にクラス名簿が張り出され、部活動を終えた生徒たちが真っ先に新しいクラスを確認していました。その様子からは、新しい1年が始まる期待感、緊張感が感じられました。しかし、クラスを作っていくのは、生徒の皆さんです。3月に「このクラスで良かった」と思えるように自分にできることを見つけいきましょう。もちろん先生方も応援しています。

 来週6日(月)は、予定通り新任式、始業式、新入生オリエンテーションが行われます。7日(火)9時開式の入学式も3月の卒業式同様に規模縮小、時間短縮の中で行われますが、当たり前のように学校に活気が戻ること待ち望んでいます。

  生徒が特定されないように配慮し写真等を掲載していきますが、掲載を希望されない場合は教頭までお知らせください。

 また、このページのタイトルが「令和元年度」のままですが、継続して「令和2年度」のようすをお伝えします。タイトルが変更できるまでしばらくお待ちください。

新しい年度を迎えるにあたって ~保護者や地域の皆様、お世話になりました。~

 新型コロナウイルス感染症が猛威を奮い、これまでにない休校となりました。オリンピックも延期となった今、不要不急な外出を控えながら過ごしてきた一か月だと思いますが、ようやく部活動が再開できるなど、少しずつ良くなってきている傾向がうかがえます。しかし、東京方面は油断ならない状況となっております。今後も十分に予防対策に努めていきましょう。

 なお、来年度の方向性について、さわやか(学校便り)で示しましたので、ご覧ください。

さわやか3月号.pdf

離任式が行われました

  本日、今年度で本校を去られる6人の先生方の離任式が行われました。かほく市は感染症の広がりも見られないことから、当初の中止の予定から変更になりました。卒業式と同様、別れの寂しさの中にも、当たり前のことができる喜びをかみしめる式となりました。

 式では校長先生より離任する先生の紹介があった後、それぞれの先生から1・2年生に向けてのメッセージがありました。生徒からは、花束と校歌でお返しをしました。

 また、生徒にとっては登校日となりました。18日より学校開放が始まり、25日からは部活動再開と段階的に学校へ行く機会も増えましたが、久しぶりに自分のクラスに入りました。クラスでは3学期の通知表が渡されました。 

25日(水)以降の学校再開等について

〇 3月27日(金)登校日について

 生徒登校は8:00です。持ち物はカバン、内ばき、筆記用具、ライフです。

 下校時刻は9:30頃を予定しています。

 

 学校へ登校する場合は、なるべくマスクを着用し、登校前には体温測定し、37.5℃以上の熱がある場合は登校しない等、健康管理に注意してください。

 

〇 部活動再開について

 25日(水)より部活動を再開します。最初の活動日時及び活動場所についてはホームページに掲載します。ご確認ください。なお、登校の際は保護者の了解の元、参加させてください。また、欠席の場合は学校へ連絡をしてください。

〇 各部活動の再開最初の活動日時及び活動場所

・野球部            25日(水) 13:00~16:00 野球場

・女子バレーボール部      25日(水)  8:30準備開始~12:00 河北台体育館

・男子卓球部          25日(水) 13:00~16:00 河北台健民体育館

・女子卓球部          25日(水)  8:00~10:00 河北台健民体育館

・男子バスケットボール部    26日(木)  8:00~11:00 河北台体育館

・男子バドミントン部      26日(木)  8:00~11:00 河北台健民体育館

・女子ソフトテニス部      25日(水)  8:30~11:30 七塚コート

・男女陸上部          27日(金) 帰りHR後 生徒ラウンジ

・吹奏楽部           25日(水)  8:30~11:30 音楽室

・家庭部            春休み中の活動はありません

・美術部            27日(金) 10:00~11:00 美術室

 

※ 3月31日(火)までの日程については、部活動の活動中に各顧問からお知らせします。

 

 

学校施設の利用について下記のように対応します。

 休校となって2週間あまり経ちましたが、皆さんいかがお過ごしですか。今のところ、かほく市内で新型コロナウィルスに感染したという報道はありませんが、これからも、うがい・手洗いなどの予防に努めていきましょう。

 さて、かほく市教育委員会からの指示(メール)にしたがい、臨時休業中(18日(水)、19日(木)、23日(月)、24日(火)の4日間)の学校開放について以下のように定めましたので、お知らせします。

  一斉臨時休業の対応について(かほく市教育委員会).pdf

 

 施設利用を考えている生徒の皆さんへ

 ・学校施設の利用は本校の生徒に限ります。

 ・施設を利用する際はマスクを着用し、登校前には体温測定し、37.5℃以上の熱がある場合は登校しない等、健康管理に注意してください。

 ・登校は制服です。グラウンド及びトレーニングコースを使用する生徒は体操服または部活動の服装で登校してください。自転車での登校は禁止です。普段と同様に交通ルール、マナーを守って登下校してください。

 ・不要物は持ってこないなど、施設利用中は学校のルールを守ってください。

 

1 春休み中の課題等について質問のある生徒

  この休校期間を利用して苦手分野を克服したいと考えている生徒

  このままでは、生活リズムが危ういなと感じている生徒

  ・学習できる時間は、10:00~12:00、13:00~16:00です。

  ぜひ、学校で学習しませんか。先生たちも応援しています。

 

2 適度な運動をしたいと考えている生徒 以下のルールを守ってください。

  ・使用できるのは陸上グラウンド及びトレーニングコースです。

  ・事故防止のため、ボール等用具の使用を禁じます。

  ・使用時間は平日の13:00~16:00です。午前中は家庭で学習をしてください。 

  ・使用前には職員室で受付を行います。使用後も職員室に来てください。

 

3 図書館の利用を希望している生徒

  ・図書館司書のいる24日(火)に限り、10:00~12:00 13:00~16:00の間で使用できます。

  

 なお、小学校のグラウンドは小学生が使用するため、中学生は使えません。感染をこれ以上広げていかないために、各自が予防をしっかりとした上で、登校しましょう。

 

第63回卒業証書授与式が無事に挙行されました

  新型コロナウィルス感染症の影響により突然の休校措置もあり、その期間中に公立高校入試も行われるなど異例ずくめの3月になりました。そのような中で、卒業式も規模縮小、時間短縮となりましたが、卒業式が行われる喜びを感じられる式となり、103名が本校を巣立っていきました。

 式では、校長先生から卒業生1人1人に3年間の努力の証と今後への期待を込めて、卒業証書が手渡されました。式辞では、今年度赴任され、校歌を一人で歌うこと、体育祭で一生懸命に係の仕事に取り組んでいること、合唱コンクールでの学級のまとまりなど感動したことを紹介され、『より考える人になる』と、4月からの新ステージに向けてはなむけの言葉が送られました。

 送辞を述べたのは、岡田有司さんです。親身になって指導していただいた先輩が入学当初はとても大きく見えたこと、体育祭での応援合戦ででは思いの強さを感じたこと、文化祭の全体合唱では1つになった瞬間を感じられたことなど、3年生と過ごした日々の思いで、感謝の気持ちを綴りました。

 紺谷美帆さんの答辞では、卒業が近くなり、まだ、この仲間と一緒に過ごしたいという思い、生徒会執行部では行事を成功させた経験より、大変さの中にある楽しさ、達成感を知ることができた経験、部活動の仲間や家族に支えられた15年間の感謝を綴りました。

 式の最後は卒業生全員で「旅立ちの日に」を合唱しました。歌とともに3年間のいろいろな出来事が、頭に浮かんできたことと思います。ピアノ伴奏は中川絵里さんでした。この日のために休校期間中も練習をしてくれました。ありがとう。

 式後には、「卒業生を送る会」で流される予定の映像を、保護者とともに鑑賞しました。クラスに戻った後は、担任から卒業証書を手渡され、中学校最後の時間を過ごしました。

 

 

 また、本日は卒業式の前に、清水賞善行賞・科学賞の授与式、令和元年度後期さわやか賞(3年生分)の授賞式が行われました。清水賞は、旧高松町において学力がありながら家庭の経済的事情により、高校に進学できない中学生のために清水源太郎氏が多額の私財を提供し設立した清水育英会が、現在はかほく市内に範囲を広げ、最高学年の各学級より1名の善行賞、科学の分野でレベルの高い成果を収めた中学生に科学賞を贈っています。

 今年度は善行賞3名、科学賞1名の受賞がありました。

 善行賞 紺谷 美帆(1組)、越野 藍(2組)、奥田 実莉(3組)

 科学賞 山口 修規(3組)

 さわやか賞は、「さわやかカードに記載された経験があり、他の模範となる行動をした生徒に贈られるもの」です。毎日の積み重ねを全校生徒・職員で認めるものです。後期は個人9名と1団体に贈られました。受賞者と受賞の理由は以下の通りです。

岡島 柚葉(1組)

 ・いつも笑顔で、困っている人がいれば、進んで声をかけ、人のために献身的に働いてくれました。

長谷川 幸(1組)

 ・さわやかな挨拶、周りへの細かい気配りが素敵です。前期 給食委員長、後期 保健委員と委員会活動にも責任をもって取り組みました。

古谷 優祈(1組)

 ・誰に対しても思いやりのある行動をしました。情報委員長としての仕事も責任を持ってやり遂げるなど、人の嫌がるような仕事も進んで引き受けてくれました

助實 美紅(2組)

 ・学級会長、プログラム委員として規律正しく、思いやりのある行動をしてくれました。また、毎朝の挨拶運動にも積極的に取り組みました。

竹中 琉偉(2組)

・生徒会副会長として、挨拶運動、文化祭の運営等、活気ある学校作りに貢献しました。

丸井 直(2組)

 ・いつも明るく笑顔を絶やさず、特に行事の時には、黒板にイラストを書き、学級の雰囲気を盛り上げました。またJRC委員長としても率先して活動しました。

中島 花(3組)

 ・いつもはつらつと、周囲の気配りも忘れず、まっすぐに学校生活を送りました。その姿勢は周りの見本となるものでした.

二口 瑠夏(3組)

 ・真面目に教室清掃に取り組みました。積極的に集配の手伝いを行うなど学級に貢献しました。

松本 夢花(3組)

 ・書記としての仕事をていねいにやり遂げました。また、周囲の友達を支える姿はさわやかでした。

団体賞 ジュニアボランティアサークル「myan」

杉本 羽柚(1組)、宮坂 瑠希(3組)

 ・ジュニアボランティアサークルは積極的に地域との活動に関わっています。特に、毎月の木津「えびすの会」では、河北台中学校の代表にふさわしい活動をしました。

  清水賞、さわやか賞受賞の皆さん、本当におめでとうございます。受賞の皆さんは、学校の活動の様々な場面で先頭に立ってくれました。河北台中学校によい風を吹き込んでくれました。ありがとう。

 

卒業証書授与式及び公立高校一般入試についての対応

〇 第63回卒業証書授与式の対応について 

 先日、卒業証書授与式の開催について、時間短縮及び規模縮小についてお知らせをしたところですが、かほく市教育委員会の指示により、卒業証書授与式は卒業生、保護者(生徒1人につき2名以内)、職員等で開催することになりました。なお、保護者受付は本校講堂で行います。会場への入場は9時15分(開式9時30分)を予定しています。

 皆さまにおかれましては、社会の情勢及び生徒への感染予防のため、ご理解とご協力をお願いします。

 卒業式の対応について(かほく市教育委員会).pdf

 

〇 3年生並びに3年生保護者の皆様へ

 公立高校一般入試、卒業式に関わる連絡事項及び留意点等を掲載しました。必ずご確認ください。なお、疑問な点がありましたら学校(285-0262)までお問合せください。

 第63回卒業証書授与式について.pdf  卒業式当日の日程等を記載しています。確認の上、登校してください。

 公立高校一般入試について.pdf

 3年生 進路・学習だより第13号.pdf

 

〇 1・2年生の皆さんへ

 突然の休校になり、3年生の門出を祝福できなかった、しっかりお礼を伝えられなかったという気持ちは理解できます。しかし、休校措置を実施しているという意味を理解してください。卒業式当日には、自宅から卒業生と過ごした日々のことを思い出し、卒業を祝ってほしいと思います。

 

令和2年度 前期生徒会役員を紹介します

 本来なら3月2日(月)から生徒玄関前などで選挙活動を行い、9日(月)の生徒会役員選挙を迎えるはずでした。ところが、この休校に伴い選挙等の日程が中止になりました。今回の役員決定について生徒会執行部、各専門委員会委員長とも決選投票がないことから、立候補者全員を当選とし、お知らせします。下記から役職・氏名を確認してください。  

 令和2年度前期生徒会役員.pdf

 生徒会役員に決まった皆さん、おめでとうございます。4月からは河北台中学校の「顔」です。この休校の期間に、その顔になるという自覚を強くもってください。生徒の皆さんにとっては、休校の今こそ「こんな学校になったらいいなあ」と考える時間があるのではないでしょうか。自分たちの手で何ができるかなどアイデアを温めておいてください。学校再開後の皆さんの活躍を期待しています。

県代表の栄誉をたたえて、横断幕を掲げました。

 石川県代表として、この春休みに出場が決定していた部活動の日頃の頑張りの成果をたたえ、横断幕を設置しました。残念ながら、両大会とも新型コロナウィルス感染症の拡大により中止が決定しました。大会出場を決めた皆さんにとって、目標にしていた大会の中止はとても辛いことだと思います。気持ちを切り替えることも難しいと思いますが、新学年で迎える次の大会に向けて気持ちを蓄えてください。先生方も応援しています。

 

休校前、最後の授業日になりました。

 先週、お知らせしたように、明日から春休み開始前までの期間、臨時休業になります。

 1・2年生は1・2時間目は授業、3時間目に教室の掲示物を外したり、机・椅子・ロッカー等の清掃を行いました。3年生は、1・2限に卒業証書授与の練習、卒業の歌練習を行い、3限目に10・11日の公立高校入試に向けての説明会を実施し、学年それぞれで活動を行いました。4限は、一同が会す集会が持てないために、放送による校長先生の修了に向けての話と学年集会を短時間で行いました。

 校長先生からは修了に際し、「いきなり令和元年度が修了することで驚きもあると思うが、休校の意味を充分に理解し、行動ををとってほしい。4月に心身ともに健康な皆さんにまた出会えることを楽しみにしている。公立入試を控えた3年生には、することは変わらない、健康管理に留意し、残りの日々をしっかりと過ごしてほしい」と話されました。

 本日、各学年において配布した「学年便り」「全校生徒に配布した休校時の生活について」を下記に載せますので、ぜひ、ご覧ください。

 ・1年生学年だより17号.pdf 2年生学年だより11号.pdf 3年生学年だより11号.pdf 

 ・休校時の生活について(全学年配布).pdf

  =保護者の方へ=

 ・第63回卒業証書授与式については、3月13日(金)に規模縮小、時間短縮の方向で実施します。日程、内容等が決まりましたら、このページでお知らせします。

  ・お子様が新型コロナウィルスへの感染が分かった場合は、学校にもお伝えください。

明日以降の動向、高校入試に関わる情報等についての連絡は、新しい情報が決定次第、このホームページ並びに「いいメールかほく」においてお知らせします。「いいメールかほく」未登録の方は、ぜひ、登録をお願いします。

 

 

令和2年度入学生衣料品等の一斉販売について

 令和2年度入学生保護者の皆様へ

 3月8日(日)に予定していた令和2年度入学生の衣料品等の一斉販売は予定通り行います。

  日 時  令和2年3月8日(日)10:00~12:00

  場 所  本校講堂 エントランスホール

新型コロナウィルス感染症にかかる臨時休業及び令和2年度3年生修学旅行の延期のお知らせ

 平素より本校の教育活動にご理解とご協力ありがとうございます。

 さて、報道にもありますように国の要請を受けて、本校においても3月3日(火)~3月24日(火)春休み開始前まで臨時休業することに決定しました。また、5月12日~14日(火~木)に予定していた来年度3年生修学旅行(関西方面)も9月14日~16日(月~水)に延期することも決定しましたので、併せてお知らせします。

 今後の動向、高校入試に関わる情報等についての連絡は、このホームページ並びに「いいメールかほく」においてお知らせします。「いいメールかほく」未登録の方は、ぜひ、登録をお願いします。

 本日、学校よりお子様を通じて配布したお知らせが4種類あります。ご確認ください。

 ① 新型コロナウイルス感染症の対応について(かほく市教育委員会発行).pdf

 ② 新型コロナウィルス感染症における本校の対応について.pdf

 ③ 「いいメールかほく」登録のお願い.pdf

 ④ 令和2年度3年生修学旅行の延期について.pdf

新型コロナウィルス感染症における本校の対応について

河北台中学校保護者の皆様

 平素より本校の教育活動にご理解とご協力ありがとうございます。

さて、新型コロナウィルス感染症の拡大が連日報道されており、終息の目途が立たない状況となっています。

本校においては、国・県の動向、かほく市教育委員会とも連携をとり、2月27日現在、下記の対応をしています。

  〇 部活動の実施について  3月15日(日)まで対外的な活動を自粛

  〇 その他   本校における感染症対策.pdf (本校「ほけんだより3月号」に記載) 

また、今後の状況により変更があった場合は、随時このWebページでお知らせします。お子様の安全安心を第一に考えて判断しますので、保護者の皆様におかれましては、何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

ソフトテニス部(個人)都道府県対抗大会に選抜されました。

 2月1日(土)に七尾市総合体育館で行われた、石川県中体連強化練習会において本校の大村友里さん、田丸和佳奈さんのペアが1位となり、3月26日から三重県伊勢市で開催される都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会に石川県チームの一員として出場が決定しました。おめでとうございます。
 なお、ソフトテニス部、先日お伝えした吹奏楽部の全国大会出場に際して、本校陸上グランド横に横断幕を近日中に掲げる予定です。お楽しみにしてください。

体験入学を実施しました

 今日は令和2年度入学生(現小学校6年生)を対象に体験入学を実施しました。
 あと2カ月で河北台中学生となる6年生が、新しく始まる中学校生活への不安が少しでも解消できればとのねらいで実施しています。本校区の特徴は、4月からの登校時間に合わせて6年生も自宅から登校してくるところです。事前に通学路を確認した児童も多くあったと思います。今日は全員が遅れることなく登校できました。感心しました。
 今日は日程の説明のあと校舎見学、授業体験が行われました。国語、数学、理科、英語、音楽、美術、技術の授業に4グループに分かれて2時間ずつ授業を受けました。中学校に入ると1時間あたりの授業時間も5分長くなります。今日は一足早く50分授業も体験しました。授業後は、中学校の行事、生活のルール、学習についての話を聞きました。6年生には入学前に「確実に」身につけてほしいこととして話をしました。残り2か月の小学校での生活を大切に過ごし、パワーアップして入学式に臨んでくれることを期待しています。

2月の全校集会の様子です

 6限に2月の全校集会が行われました。集会に先立ち、表彰披露が行われました。この欄で紹介した吹奏楽部に加えて、県耐寒継走白山美川大会で揃って3位に入った男女陸上部、河北郡市冬季卓球大会女子副戦の部で3位に入った北出彩さんがステージに立ちました。その後、いつもはソロでの校歌披露ですが、今日は音楽の時間に素敵な声を響かせていると評判の3年1組男子が歌ってくれました。
 校長先生からは先日の大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生さんの例から「皆さんが一生懸命に頑張っている姿を見せてほしい」とのお話がありました。
 続いての学習面の話では、3学期は特別な意味を持っているから、これまで取り組んだことを元に「1年間の総仕上げをしよう」の学習目標が示されました。生活面の話では、自分の役割以外で、誰かが役割を果たしてくれているので生活が成り立っいることに気づいてほしいとの話がありました。そこで2月の生活目標は「当たり前のことに感謝しよう」です。
 先週、全学年で将来について考える機会がありました。ぜひ、実現のために毎日を大切にしてほしいですね。

吹奏楽部、昨年に続く快挙です。

 本日、金沢歌劇座において「第4回いしかわ吹奏楽コンクール新人戦」が行われました。本校吹奏楽部は課題曲「ポップス・マーチ『すてきな日々』」、自由曲「ノートルダムの鐘」を演奏し、見事金賞を受賞しました。さらに、準グランプリ(全体の2位)となり3月31日(火)に埼玉県さいたま市で開催される「第8回首都圏学校交歓演奏会」に出場が決定しました。先輩方に続き、2年連続出場の快挙となりました。
 吹奏楽部の皆さんは、この大会のためのレッスンや自分たちの演奏の映像を確認したり、楽譜が真っ黒になるほど注意点を書き込み練習していたと聞いています。今日も楽器を運ぶ手伝いに3年生が来てくれていました。素敵な先輩方から色々なものを受け継いでいることも強さの秘訣のように感じます。
 吹奏楽部の大会は演奏中の撮影や録音が禁止されています。今回は大会が終了し、バスに乗り込むまでのほんの一瞬の写真を載せます。白いジャケットが似合っています。

地域ボランティアが行われました。

 2月1日(土)に河北台中学校区の7公民館(木津、松浜、遠塚、浜北、秋浜、外日角、白尾)で地域ボランティア活動が行われました。この活動はPTA地区委員が主催し、保護者、生徒が一緒に住んでいる地区の公民館の清掃をする活動です。この日は、大会を控えた部活動以外は部活動を休止ししたことで、多くの生徒が清掃活動に参加してくれました。昨日、私立高校の入学試験を終えた3年生も参加してくれました。「男子生徒の参加が多く、進んで掃除をしてくれてとても心強かった」との声も学校に届けられました。
 お世話いただいた公民館の皆さま、保護者の皆様ありがとうございました。
 

2年生「立志式」、1年生「職業人に学ぶ会」が行われました。

 昨日のこのページでもお伝えしましたが、今日は全学年が自己の進路について考える日となりました。
 2年生と1年生の様子についてご覧ください。

 [2年生 立志式]
 かほく市3中学校の2年生316人が本校講堂に集い、かほく市主催「第16回かほく市立志式」が行われました。立志式は大人のスタートラインに立ったことを祝う式です。大人になったということは自らの責任についても自覚をする日でもあります。油野市長の式辞では、本市から初めてのプロ野球選手となった奥川選手、山瀬選手のエピソードを例に挙げ「個性を知り、自分の将来像を描くときが来た。努力し続けること、感謝することを忘れないでほしい」との式辞がありました.
  本校からは南良太さんが「世界の様々な問題解決もために宇宙開発に携わりたい、そのために日々の学習に励み、自分の将来を広げたい」との意見発表を行いました。続いて表宙生さんが、全生徒を代表して「向上心を持って、志を夢に向かって努力していく」と誓いの言葉を述べました。
 なお、式の後は、株式会社富士通ITプロダクツ 高田敏彦氏を講師に迎え「今後の活躍に向けて心がけてほしいこと」と題して記念講演が行われました。


 [1年生 職業人に学ぶ会]
 3・4限目に警察官、看護師、花火師、ツアーコンダクターと4業種のプロの方にお越しいただきました。
 3限目は1年生全体でそれぞれの職業から同じテーマでお話をいただきました。お話いただいたテーマは「仕事の内容」「仕事のやりがい」「困難に立ち向かうときの方法や心構え」「仕事を通じての出会い」「今の夢や希望」の5つです。業種が違えど共通することは多くありました。特に「困難に立ち向かうときの方法」のテーマでは、「逃げずに向き合うこと」「自分を受け入れること」「チャレンジし続けること」「相談すること」「事前準備をしっかりすること」「間違えた時は素直にごめんなさいと言えること」など、中学1年生の今も生かせそうですね。4限目は、1年生がもっと深く聞きたい職業を選択し4グループに分かれ分科会が行われました。
 1年生は今日に至るまで、「働くことの意義」や「いろいろな職業を調べて新聞にまとめる活動」等を通して学びを深めてきました。10年後、多くの1年生が仕事に就いています。2年後は進路選択が待っています。今日の2時間は濃い学びになったことと思います。まず、1年生残り2ヶ月の生活に生かしてください。

明日は、私立高校入試です

  いよいよ明日、私立高校入学試験の日を迎えることになった3年生です。4限目に入学試験に向けての学年集会が行われました。校長先生からは「適度な緊張感を持ちながらも気持ちは入れ込み過ぎず、これまでの頑張りを十分に発揮してほしい」と激励の言葉がありました。
 下の写真右から3枚は廊下に掲示してある3年生の「今年の抱負」です。ぜひ、自分の思い通りの進路決定ができることを期待しています。

 なお、明日は2年生が「立志式」1年生が「職業人に学ぶ会」と自分の進路に関わる会が本校で催されます。それぞれの会の様子はこのホームページでもお伝えしますが、保護者の皆様におかれましても、会の様子をお子様と話をしたり、進路につい話をする時間をとってくださると嬉しいです。

「子育て講演会」が行われました

 かほく市3中学校1年生を対象に「次代の親育て事業・子育て講演会」が行われました。この事業はかほく市役所子育て支援課が行っています。育児漫画家の高野優さんが講師として「いつかきっとママ・パパになる人へ」の演題でお話を伺いました。
 3人のお子様を育てた経験から親として感じた気持ち、「目に涙がなければ、魂に虹は見えない」という好きな言葉の紹介、「自分自身が一番のサポータ」自尊心、自己肯定感を育てると他にも優しくできる、中学生は可能性しかない年代なので、学習も頑張り引き出しを多くして人としての魅力を広げてほしいとメッセージが送られました。

かほく市特別支援学級学習発表会が行われました。

 本校にかほく市9小・中学校の特別支援学級に在籍する児童生徒が一堂に集い、今年度の学びをみんなに披露するとともに交流を深めました。小学校から1年生から中学校3年生までの多くの児童生徒の前で発表することは、とても緊張したことと思います。しかし、皆さん堂々とした発表で感動しました。互いに刺激を受けるとともに、来年の自分の姿を見ることにもなりました。来年の発表会ではさらにパワーアップした姿を見せてください。

石川県アンサンブルコンテストの結果をお知らせします。

 1月12日(日)に「石川県アンサンブルコンテスト」が石川県小松劇場うららで開催されました。口能登支部代表として出場した2グループの結果をお知らせします。
 フルート四重奏 銀賞、サックス四重奏 銅賞
 
 どちらも一生懸命に素敵な演奏を披露してくれました。吹奏楽部の次の大会は2月2日(日)に金沢歌劇座で行われる「いしかわ吹奏楽コンクール新人戦」です。先輩方に続け!!と1・2年生は練習を頑張っています。時間に都合のつく方は、応援のほどよろしくお願いします。

全学年で百人一首大会が行われました。

 3学期がスタートしました。昨日は3年生は郡市一斉の第2回統一テスト、1・2年生は確認テスト、テスト後は一斉委員会と徐々に学校での生活が動き出しています。
 昨日の真剣な表情とは変わり、和やかな雰囲気の中、伝統的な遊び「百人一首」大会が行われました。札を取ったときの歓声が多目的ホールに響いたり、自分の好きな「この札」を待っているときの真剣な表情が見られるなど、楽しい一時を過ごしました。
 学年ごとに優秀クラス等が表彰されます。集計結果が揃い次第、この欄で紹介したいと思います。

3学期がスタートしました

 あけましておめでとうございます。今年も本校の教育活動にご理解とご協力をお願いします。
 14日間の冬休みを終えて、学校ににぎやかさが戻ってきました。
 始業式では、校長先生より「緊張感を持って3学期を過ごしてほしい」とのお話がありました。3年生は卒業式まで45日となりました。進路選択の年です。大事な時に緊張せずに力が発揮できるように、今から程よい緊張感を持って学校生活が送られるといいですね。
 続く全校集会では学習・生活面の話がありました。1月の学習目標は「学習のポイントを守り、最高のスタートを切ろう」生活目標は「1日1善」です。学習・生活面ともに1年の最初、良いスタートを切ろうというお話でした。どの学年も4月から3年生は新しいステージに、1・2年生は学年が上がるように環境は変わりますが、自分が変わるかどうかは違う話です。4月から新しい1歩を踏み出せるように、短いですが、1年間をまとめるとともに試行期間となる3学期を送ってほしいですね。
始業式後は、クラスに戻り久しぶりの再会を楽しんだり、宿題の書き初めを展示する様子が見られました。

2学期終業式が行われました

 3学期の中で、1番長く行事も多かった2学期も終業式を迎えました。終業式に先立ち行われた表彰伝達では、このページでもお伝えしたアンサンブルコンテスト口能登支部大会で金賞を受賞した吹奏楽部4グループがステージに上がりました。
 続いて行われた終業式では、校長先生より2学期のアンケート結果から1学期より肯定的な回答が増えた項目として「学校へ行くことが楽しい」「生徒会や学級活動に積極的に参加している」「自分の思いや悩みを聞いてくれる先生がいる」「自分にはよいところがある」の4つが紹介されました。2学期は、体育祭、新人大会、文化祭、合唱コンクール、統一テストなど多くの出来事がありました。それぞれに嬉しかったこと、悔しかったこと、認められたことがあると思います。プラス面、マイナス面とも振り返り、どちらも今後の生活につなげてほしいです。
 さて、明日から14日間の冬休みに入ります。規則正しい生活、家庭での時間を大切にして、心も体も休めてください。1月8日(水)には元気に登校してくれることを楽しみにしています。

歳末募金活動に参加しました

 21日(土)15:30より、かほく市3中学校(高松中学校、宇ノ気中学校、河北台中学校)の生徒会が合同で、イオンモールかほくにて募金活動を行いました。3校の生徒たちはグループに分かれて、大きな声で「お願いします」「ありがとうございます」と呼びかけをしていました。小さな子が募金を持って駆け寄ってきてくれた姿に生徒たちは感激していました。小さな心が広がっていく時に立ち会えたことが嬉しそうでした。
 なお、お寄せいただいた募金は、かほく市社会福祉協議会を通して、役立たせていただきます。

アンサンブルコンテスト 口能登支部大会の結果

 22日(日)コスモアイル羽咋で行われたアンサンブルコンテスト口能登支部大会において、本校から出場の4グループがすべて金賞を受賞しました。さらに2グループが口能登支部代表として石川県アンサンブルコンテストへの出場が決定しました。

 金賞受賞   打楽器7重奏、 金管8重奏、 サクソフォン4重奏、 フルート4重奏
 
県大会出場グループ サクソフォン4重奏、 フルート4重奏

 なお、県大会は、来年1月12日(日)に「小松劇場うらら」で開催されます。応援の程、よろしくお願いします。

門松づくりが行われました

 本校で給食準備等のお世話をしていただいている近谷さんを講師にお迎えして、門松作りを行いました。竹を切ったりバランスを考えて配置したり、たくさんの工程がありました。
 1回目は、各自の作品を作りました。完成してから、近谷さんから、門松の意味や飾り方、飾り一つ一つの意味などを教えていただきました。たいへん興味深く学ぶことができました。
 2回目は、学校用の大きな門松を作りました。材料も大きくなるので、竹を切るのも一苦労でしたが、協力して作り上げることができました。みんなで、雰囲気の異なる門松をふたつ作り上げました。ひとつは、校長室へ、もうひとつは玄関に設置しました。

中学校に入学する前に(中学校説明会)

 外日角小学校の6限目に、本校の先生、生徒会執行部の生徒が訪問し、小学校6年生を対象に「中学校に入学する前に」と題して中学校説明会を実施しました。この説明会は、残り4ヶ月の小学校生活を中学校入学への準備期間として、スムーズな接続を図ることを目的にしています。中学校側から「学習について」「生活について」それぞれ3点「入学前に確実に身につけてほしいこと」として話をしました。続いて、生徒会執行部の生徒が、SNS等の危険性やその関わりについて「かほく市ネットルール」とあわせて伝えました。
 6年生の皆さんの話を聞く姿勢も素敵でした。2月には自宅から中学校に登校し、授業の体験も実施する予定です。今日の会を終えて、さらに、パワーアップした6年生に会えることを楽しみにしています。
 12日(木)には、七塚小学校でも同じ内容で実施しました。

 きょうの説明会の資料です。右のリンクより、ご覧ください。   中学校に入学する前に.pdf

【外日角小学校にて】
【七塚小学校にて】

アンサンブルコンテスト河北郡市予選会の結果

 7日(土)9:00より、本講講堂でアンサンブルコンテスト河北郡市予選会が行われ、本校からは下記の4グループが予選を通過し、口能登支部大会に進出しました。

 予選通過グループ   打楽器7重奏、 金管8重奏、 サクソフォン4重奏、 フルート4重奏

 なお、口能登大会は、今月22日(日)にコスモアイル羽咋で行われます。応援の程、よろしくお願いします。

コミュスクプラン「本物に触れる」落語家がやってきました

 4日(水)の午後、コミュニティスクールプラン「本物に触れる」として、落語家の月亭方気さんをお招きしました。方気さんは七尾市の出身で、現在は石川県住みます芸人として活躍されています。
 今日は、兄弟子の方正さんのお話、一人で何役もこなすこと、扇子と手拭いで表現すること、考え落ちといわれる頭を使う芸であることなど落語の紹介をしていただいた後で、「移動動物園」「手水回し」の2つの演目を披露してくださいました。
 二席を終えた後の生徒からの質問コーナーでは、お笑いは、共感性(あるある)と意外性(おち)のシステムであり、共感を持ってもらえるように相手を観察して話していること、興味を持ったことは5分、10分と話せるようにとことんやってみるとよいこと、周囲から好感を持たれるために身だしなみから考えることなど、本物の落語だけでなく生き方にも触れることできた時間となりました。

12月の全校集会が行われました

 12月の全校集会が行われました。恒例になった集会前の校歌独唱は3年生の越野藍さんでした。「息が長く、多くの人が息が途切れる箇所も一息で歌い上げる美しいソプラノ」と音楽科の先生もほめていました。
 続いての表彰披露では全国大会での活躍により、新聞にも掲載された男子卓球部の薜 大斗さん、薜 史斗さん、先月の「弁論大会」で最優秀賞を受賞した3年生の丸井 直さん、「税についての作文」でかほく市長賞を受賞した1年生の和田 眞美さんなど今月も多くの人が紹介されました。
 全校集会では、校長先生より3年生はいよいよ受験モードになってきたこと、2年生は週末に高校説明会を控えていること、1年生は職業についての学習が始まることに合わせ、自分が進む道を選択するために「河北台中の中で自分づくり」をと話されました。12月の学習目標は「2学期の総仕上げをしよう」、生活目標は「日々の時間を大切にしよう」です。令和元年の最後の1か月です。2学期に取り組んだことなど、もう一度身の回りを確認して学校生活を締めくくりたいですね。
 さらに、今月はかほく市ロータリークラブから本校JRC委員会に感謝状が贈呈されました。ポリオワクチン接種に寄与するエコキャップ収集の取組が認められました。


ボランティア交流広場に参加しました

 12月1日(日)に七塚福祉健康センターで「ボランティア交流広場」が開かれました。この会は、かほく市及びその近隣でボランティア活動に励む人たちが、日頃の活動の成果を発表し、互いの交流を深めることを目的に開かれています。
 本校からはJRC委員会、ジュニアボランティアサークル「myan」に所属する生徒が参加しました。生徒たちは自分たちの活動報告の他、他団体の方々と「災害時におけるボランティアの役割」というテーマで意見交換を行うなど有意義な時間を過ごしました。

2年生「哲学対話」が行われました

 先週金曜日に、西田幾多郎哲学館へ赴き、哲学に触れる機会を持った2年生。その2年生を対象に哲学館より職員2名が来校され、「哲学対話」が行われました。各クラスが2つに分かれ、「ロボットにやってもらいたい仕事はどんな仕事?」「だまっていても感謝は伝わるか?」などのテーマから選び考えました。「最近イラッとしたことは?」について考えたクラスでは、イラッと感じたことを挙げ、予定外のことが入ってきたとき、頼まれたけれど断ることができないことなど、その理由を考えました。
 周りの人の話を聞くこと、伝えられることができること、対話の前後で考えが深まることが「哲学対話」の醍醐味であることを教わりました。

市長による特別授業がありました

 本校講堂にて、市内3中学校3年生を対象に「かほく市のまちづくり」と題した市長の特別授業が行われました。
 平成16年3月1日から、かほく市がスタートし、今の3年生は皆、かほく市育ちであることで、今年度初めて授業が行われました。市長からは、市政スタート時の住民アンケートにより大型商業施設が誘致されたこと、遠隔地である駒ヶ根市と防災協定を結んだこと、かほっくり、紋平柿など農産物6品目をブランド化したこと、ここ4年連続で人口増の魅力あるかほく市についてお話をいただきました。その後は、各中学校の代表生徒より、議会さながら質疑応答がありました。本校からは奥田実莉さんが、子育てに優しい町になるため、雨でも遊べる場所の創設、学校と病院の連係等について質問をしました。
 さて、あと4ヶ月で卒業を、義務教育の修了を迎える3年生。先日の模擬選挙に続いて地方自治について考える機会となりました。かほく市民の一人として、ぜひ、愛着と誇りを持ってほしいですね。

模擬選挙(3年生)、西田幾多郎哲学館の見学(2年生)のようすです

 3年生を対象に「かほく市長模擬選挙」が行われました。市役所総務課より、南様が来校され、選挙のしくみと流れ、かほく市の投票率推移などを具体的に教えていただきました。その後は本番さながらに選挙の実施です。入場券を受付に渡し、投票用紙を受け取り、候補者名の記入、投票、さらに生徒の代表が開票と一連の流れを体験することができました。3年後には選挙権を有する皆さんです。その時には与えられた一票を大切にして欲しいですね。


 2年生は西田幾多郎哲学館を訪問しました。郷土が産んだ哲学者「西田幾多郎」について知るだけでなく哲学の魅力にも触れることができるようにとかほく市3中学校の2年生が共通で行う市の事業です。講義やクイズを解きながらの館内見学を通して、中学校では学ぶことのない哲学に触れる有意義な時間となりました。

メスキルヒ市生徒がやってきました(3日目)

 今日は学校プログラムの最終日です。メスキルヒ市の生徒はホームスティ先から登校し、給食まで過ごしました。3限は受入生徒全員が2年生の音楽に入り、日本の歌に触れました。4限は3日間過ごしたクラスで交流ということで、折り紙、あやとり、けん玉など日本の遊びや習字の体験をしました。
 わずか3日間ですが、小さな交際交流を体験する機会を得ることができました。この交流を通して、何気なく過ごしている毎日に、日本、世界で起きているニュース等に少しでも関心を持ってくれると嬉しいです。

メスキルヒ市生徒がやってきました(2日目)

 先週の金曜日に続き、メスキルヒ市の生徒が訪れました。今日は午前中に能登方面の県内施設を見学した後、午後からの訪問でした。今日はメスキルヒ市生徒と本校生徒で交流の集会がありました。ホームスティを受け入れている生徒が集会を主催しました。メスキルヒ市生徒が自分の街、学校のことを紹介してくれました。本校生徒はお返しに校歌を贈りました。
 集会後は、清掃、帰りホームルームと学級で過ごした後、校舎見学、部活動見学を行いました。校舎見学では、保健室、調理室、音楽室、コンピュータ室等特別教室を中止に回りましたが、なかでも図書館にとても興味を持っていたようでした。校舎、部活動を一通り見学した後は、バドミントン部、吹奏楽部で簡単な活動を行いました。明日(12日)は、学校プログラムの最終日です。メスキルヒ市の生徒が入ったクラスでの交流が予定されています。


男子卓球部・薜兄弟が全国の舞台で大活躍です。

 男子卓球部の薜 史斗さん(2年生)、薜 大斗さん(1年生)兄弟が8日(金)~10日(日)にかけて山口県山口市で開催された全日本卓球選手権カデットの部(年齢別大会)に出場しました。
 結果は男子13歳以下シングルスの部において薜 大斗さんが準優勝、男子シングルス14歳以下の部で薜 史斗さんがベスト32、さらに2人で組んだダブルスではベスト8に入賞と全国から精鋭が集う舞台で躍動しました。おめでとうございます。

JRC委員会による世代間交流会がありました。

 七塚健康福祉センターで、世代間交流会が行われました。この行事は校区にお住いの高齢者の方の交流を通して、地域や世代を超えた方々と交流することの大切さを学ぶ趣旨で開催されています。本校からはJRC委員会を中心に1年生から3年生までの13名が参加しました。
 生徒たちは、高齢者とともにニュースポーツの「バッゴー」に親しんだり、ともに食事を楽しんだりすることで、交流を深めていました。

メスキルヒ市より生徒がやってきました。

 かほく市の姉妹都市「ドイツ メスキルヒ市」より中学生、教員が11月6日~15日の日程で、かほく市を訪れています。今年度からの取組「学校プログラム」として、メスキルヒ市の生徒がホスト生徒とともに登校し、1から4限の授業、給食までの時間を本校で過ごしました。
 午前中の授業は本校の通常カリキュラムの授業に参加しました、メスキルヒ市の生徒たちも日本の授業の雰囲気を感じていたように思います。また、本校生徒がメスキルヒ市の生徒に臆せずコミュニケーションを取る姿も見受けられました。
 なお、11日(月)は午後より全校生徒と交流の集会を持ちます。その後は校舎見学、部活動体験を予定しています。12日(火)は今日と同じ日程で給食までの時間を過ごします。わずかな期間ですが双方にとって、これからの生活につながる貴重な機会になることを願います。



 かほく市の姉妹都市「ドイツ メスキルヒ市」についてはこちらをご覧ください。(かほく市公式サイトより)
 http://www.city.kahoku.ishikawa.jp/www/01/101/006/022/index_766.html

県中学校駅伝大会が行われました

 天候にも恵まれ、うのけ総合運動公園陸上競技場で行われました。男子は6区間18.0Kmを女子は5区間12.3Kmを走りました。結果は男子が17位、女子が9位でした。陸上部の皆さんはこの日に向けて、多くの駅伝大会等に参加し、調整に励んできました。お疲れ様でした。

いしかわ教育ウィーク(学校公開)が行われています。

 毎年恒例のいしかわ教育ウィーク[学校公開週間 11月1日(金)から11月7日(木)]が行われています。特に本日は、2限に全学級で道徳の授業を公開し、3・4限目は校内弁論大会、前期のさわやか賞受賞式が行われました。
 校内弁論大会には、国語の時間に作成した意見文を各クラスでの予選を通過した生徒が出場しました。意見文の内容は学校生活のこと、普段の生活のこと、社会問題のこと様々でした。日頃の何気ない一瞬に感じられたことを話してくれました。弁士の9人は皆、原稿を頭に入れ堂々とした話し方でした。格好良かったです。
 さわやか賞とは、「さわやかカードに記載された経験があり、他の模範となる生徒に贈られるもの」です。毎日の積み重ねが評価につながります。全校生徒・職員から日頃の頑張りを認めてもらえる賞です。今回は20人の生徒に贈られました。後期にもさわやか賞の表彰がありますので、皆さんでめざしましょう。
 なお、学校公開は7日(木)まで行われています。お時間の許す方は、ぜひ、本校の教育活動のようすをご覧ください。



○校内弁論大会出場者(各クラス代表者9名)と演題
 1年1組 冨澤 凜さん  「将来の夢は今決めた方が良いのか決めなくても良いのか」
 1年2組 田丸 和佳奈さん  「友達がいるから生活は輝く」
 1年3組 切中 穂乃華  「どうして動物の殺処分がなくならないのか」
 2年1組 高森 梨紗さん  「私たちにできること」
 2年2組 香林 葉琉さん  「スマホにおける正しい使い方」
 2年3組 大村 友里さん  「先輩との約束」
 3年1組 櫻井 建太さん  「希少価値」
 3年2組 丸井 直さん  「笑顔」
 3年3組 米谷 月那さん  「すべきこととしたいことの両立」

○さわやか賞受賞者(20名)
 1年生 吉田 琳さん、木村 義人さん、石田 陽南太さん、増田 美波さん、金岩 龍生さん、髙井 美澄さん
 2年生 高橋 蒼空さん、髙森 梨紗さん、丸井 梗凪さん、表 宙生さん、吉田 太陽さん、西田 凜さん
 3年生 山口 羽愛さん、山田 恵那さん、能任 孝佳さん、西谷 心美さん、髙井 美和さん、宮坂 瑠希さん、今村 勇斗さん、米谷 月那さん


         【1年生】                  【2年生】                 【3年生】

創立記念式・11月の全校集会について

 6限目に創立記念式・11月の全校集会が行われました。毎度の集会で恒例となった校歌の独唱は、3年生の今村勇斗さんが努めました。今村さんは、今月7日(木)にシグナスで開かれる郡市音楽祭でもソロパートの披露があります。校歌の伴奏は3年生の紺谷美帆さんです。続いて郡市読書感想文コンクール、加賀地区新人体育大会等の入賞者の表彰伝達が行われました。
 創立記念式では、校長先生より本校の歴史の話がありました。今年は創立63年目、現校舎は完成後13年目を迎え、昨年までに10,833人の卒業生を輩出したことなどを教えていただきました。校訓「常に正しく」は昭和32年の設立当時の七塚町長の信念からいただいたそうです。年に1度の、古くからの先輩方から受け継いだ歴史に思いを馳せるのが創立記念日です。続いての全校集会では学習・生活の今月の目標のお話です。学習の目標は「自分の意見や考えをしっかり伝えよう」です。先月の「じっくり聴こう」を受け、一歩進んだ目標となっています。生活の目標は「意欲的に学校生活を送ろう」です。自分の将来のために頑張っている「学習」と「部活動」。今が楽しければという浅い考えではなく、見通しを持って与えられた時間を過ごしてほしいという意味です。自分のために時間を使えることが中学生の特権です。ぜひ、考えてほしいテーマです。
 今日は保健委員会の発表もありました。テーマは「ストレスマネジメント」です。自分のストレスに向き合うために効果的な対処法を教えてくれました。特にリラクゼ-ションの紹介では講堂内に優しい音楽が流れ、保健委員会の実演のもと「10秒呼吸法」を行いました。今年の保健委員会はからだの健康だけでなく心の健康も集会で発表してくれています。ありがとうございます。


2学期の避難訓練が行われました。

  6時間目に、地震、さらに地震からの火災を想定した避難訓練が行われました。今朝は首里城の火災の様子がテレビから流れ、最近は台風19号、それに続く大雨の被害も多く報道され、防災の大切さについて考えている生徒もいることと思います。また、石川県は最近大きな災害に遭っていませんが、専門家が言うことには、大地震はいつ起こっても不思議ではないそうです。
 今日は、かほく市消防本部の方に来ていただき、避難訓練後は1年生は煙体験、2年生は消火体験、3年生は起震車体験と普段できない体験を行い、防災意識もさらに高まったように思います。

JOCジュニアオリンピック大会(卓球競技)が近づいてきました。

 8月の北信越大会、全国大会でも活躍した、卓球部の薜史斗さん、薜大斗さんが出場する、JOCジュニアオリンピック大会が近づいてきました。8月の県大会を勝ち抜き、本大会への出場権を手に入れました。活躍を祈り、国道沿いのネットに横断幕を掲げました。ぜひ、ご覧ください。2人はシングルスの部、ダブルスの部の2種目に出場します。全国から精鋭が集まる舞台です。日頃の練習の成果を発揮してください。
 なお、大会は11月8日(金)~10日(日)にかけて、山口県山口市の維新大晃アリーナで開催されます。全国から精鋭が集う大会です。

加賀地区新人大会結果のお知らせ(卓球・バドミントン・陸上)

 19・20日(土・日)に行われました加賀地区新人大会の結果をお知らせします。
なお、陸上競技においては降雨中断の後、落雷の危険も予想されるため中止となりました。

 ○男子卓球部 団体 ベスト8
           個人 優勝 薜 大斗  第2位 薜 史斗
 ○女子卓球部 団体 2回戦敗退
 ○バドミントン部 団体ベスト8(2月に開催される県選抜大会の出場が決定しました。)
  ※バドミントン競技は団体戦のみの実施です。

 2学期に入り、体育祭、文化祭といった学校行事、部活動の大会と多くの頑張りを見せてくれた本校の生徒たちです。慌しかった毎日も一段落したようです。落ち着いた学校生活の下、「実りの秋」としたいですね。

令和元年度 文化祭が行われました。

 ○ 午前ステージ発表(オープニング、吹奏楽部発表、合唱コンクール)
 今年度の文化祭スローガンは「Glitter」、全校生徒一人一人が輝いてほしいという意味です。オープニングは、生徒会が作成したスローガンにまつわるビデオ「電気の子」。エンディングにつながる構成で皆を一気に文化祭モードに引き込みました。続いては、吹奏楽部の発表です。今日は、1・2年生の初舞台です。演奏後のインタビューでは先輩がいなくなった寂しさを話していましたが、先輩方を納得させる演奏でした。
 午前ステージ発表の最後は合唱コンクールです。この日のために、練習を進めてきました。学年が上がるに連れて素敵な合唱を聴かせてくれました。最優秀賞に輝いたのは、1年3組、2年1組、3年3組でした。2年1組、3年3組は来月7日に津幡町シグナスで開かれる郡市音楽祭に本校代表で出場します。なお、全校生徒の投票で決定する生徒会賞は3年1組が受賞しました。合唱コンクールの最後には、会場全体で「あなたにあいたくて」を合唱し、さらに一体感が高まりました。



○コ-ナータイム
 午前の最後はコーナータイムです。今年度は地域の先生方に生徒が教わり、ボッチャ、シッティングバレーというパラスポーツ体験、筆ペンアート、フラワーアレンジメントのコーナーが催されました。他には飲食店、PTAの方々がプラ板キーホルダー、匂い袋、茶道体験のコーナーを開かれ、生徒達は、楽しそうに校舎内をまわっていました。


○午後ステージ発表(各学年MT、意見発表、イングリッシュセミナー発表)
 午後は、学習成果の発表です。MT(総合的な学習の時間)において学んだことを発表しました。1年生は身近にある「海」について調べたことを、2年生は夏休みに行われた職場体験で感じたことを劇にして、3年生はSDG’sについて自分が選択したテーマに基づく解決策を英語で発表しました。3年間の学びがつながる様子が見られました。1、2年生は先輩の姿から中学校での学び方について考えることになったと思います。MT発表に続いては、「少年の主張石川県大会」で優秀賞に選ばれた3年 越野藍さんの意見発表(既にこのページで紹介しています)、イングリッシュセミナー参加しての感想が発表されました。 



○エンディング
 中身の濃い1日となった文化祭。「電気の子」の続きが上演され、改めて文化祭スローガンは「Glitter」の意味を確認できました。発表の後の惜しみない拍手、全体合唱では肩を組み歌うシーンなど、今日は生徒の皆さんそれぞれが楽しもうという雰囲気が素敵でした。これまでの準備が、輝いた1日でした。生徒会執行部をはじめ、文化祭にかかわった全校生徒のみなさんお疲れ様でした。
 お忙しい中、ご来校いただいた保護者の皆様、地域の方々に感謝申し上げます。

12月の行事予定について

 ご家庭に配布した「10月行事予定表」に記載した12月の予定に誤りがありましたので、訂正についてお知らせします。
以下に記載した日付は変更後のものです。

                      
 ○ 1・2年生保護者懇談、3年生PTCA  12月18・19・20日(水・木・金)の3日間
 ○ 2学期終業式  12月24日(火)

 併せて、3年生の入試関連、卒業式の予定についてお知らせします。
 ○ 私立高等学校一次入学試験  1月31日(金)
 ○ 全日制公立高等学校入学試験     3月10・11日(火・水)
 ○ 卒業式  3月13日(金)