令和元年度 河北台中学校のようす

文化祭が近づいてきました。準備に大忙しです。

 文化祭まであと10日になりました。合唱コンクールの練習については、先日取り上げましたが、今日はその他の催し物についてお知らせします。
今年度の文化祭スローガンは「Glitter(グリッター)」。このスローガンには、「一人ひとりが光輝けるような文化祭にしたい」 という願いが込められています。
 当日は合唱コンクールの他に、各学年の総合的な学習の時間の発表、コーナータイムの催し物、各クラス1枚のステンドグラスの製作等、生徒たちは、それぞれの場所で準備に大忙しです。写真は「筆ペンアート」「フラワーアレンジメント」「VR体験」「パラリンピックで行われるスポーツ体験」「飲食コーナーでのチケット作成」等準備の様子です。ぜひ、文化祭当日を楽しみにしてください。
 



本日生徒に配布した文化祭プログラムです  文化祭プログラム.pdf

令和元年度 後期のスタートです

 10月に入りました。令和元年度後期のスタートです。3年生は、いよいよ最後の半年となりました。区切りとなる全校集会と生徒会認証式が行われました。集会に先立ち、河北郡市新人大会、各種コンクールで活躍した生徒の表彰披露が行われました。
 全校集会は校歌練習から始まります。今日、美しいソプラノを披露してくれたのは、3年生の米谷月那さんです。米谷さんの良いところは滑舌のよい発音で、歌詞がスッと入るところと、合唱コンクールにも生かしてほしいと、音楽科の先生も褒めていました。
 校長先生からは、「9月は体育祭、新人大会、定期演奏会において、それぞれの場所で活躍が見られたことが嬉しかった」と話をされました。続いては、学習、生活面の話です。今月の学習目標は「先生や友達の話をじっくりと聴こう」です。じっくりとは「正しい姿勢で」「話をしている人をしっかりと見て」「考えて聴く」ことです。生活面では「将来を豊かに過ごすためには勉強(勉強する習慣)が必要」の話から今月の目標「メリハリのある行動をしよう」です。幸せになるために、学習、時間の使い方を考える2学期にしたいものです。
 集会に続いてはJRC委員会主催のベルマーク・プルタブ・ペットボトルキャップを多く集めたクラスの表彰と、生徒会認証式です。生徒会執行部、各種委員会委員長、、学級役員に任命状が手渡されました。後期の河北台中学校をよろしく頼みますよ。 (後期の生徒会、学級役員は学校便り「さわやか」10月号に掲載しています。左欄のリンクよりご覧ください。)


合唱コンクールの練習が始まりました。

 いよいよ合唱コンクールに向けての練習が始まりました。各クラスは昼休みと、帰りHR後の15分間、合唱練習を行います。講堂、音楽室、多目的ホール、各教室と練習場所が割り当てられ、それぞれの場所から競い合うように歌声が響いてきます。昼休み、帰りHR後の練習は自主的に練習を行います。パートごとに練習した後に合わせたり、歌詞を頭に入れるために模造紙に歌詞を書いたり、講堂が割り当てられたクラスは立ち位置を確認したりと、短い時間を有効に活用しています。
 各クラスの合唱曲を紹介します。
 ○1年生  1組 「想い出がいっぱい」    2組 「少年時代」               3組 「怪獣のバラード」
 ○2年生  1組 「COSMOS」        2組 「キミのもとへ・・・」      3組 「時の旅人」
 ○3年生  1組 「あなたへ」         2組「虹」                3組 「群青」 

 合唱コンクールは10月18日(金)に行われる文化祭の中で行われます。ぜひ、お越しください。  文化祭案内(保護者用).pdf

吹奏楽部定期演奏会が開催されました

 台風の接近もあり強風が吹き荒れ心配していましたが、保護者の皆様、地域の方々などあふれんばかりの人が講堂に集まりました。定期演奏会は3学年揃って最後の演奏会となります。3年生は定期演奏会をもって引退するのです。
 今日のステージは3部構成でした。第1部は北陸大会でも披露した曲を含めクラッシック音楽を中心の演奏です。さすがの迫力です。1年生だけで演奏した「ディズニーマーチ」もありました。初々しい演奏でした。第2部は1年生劇団の登場です。滝川クリステルさん、官房長官の活躍に笑いが起きました。演奏に合わせたダンスも可愛かったです。第3部はポップな音楽とともに3年生の紹介がありました。コンクール等では撮影禁止のため、今日は多くの写真を掲載しました。少しでも演奏会の雰囲気が感じられたらと思います。
 演奏の合間に、指導してくださった山本先生からは「今年の3年生は率先して動く子たちだった」と言葉もいただきました。約2時間のステージをやり切った吹奏楽部の生徒たちは皆、素敵な表情をしていました。ステージの準備等を卒業生が、受付や駐車場にも保護者の方々が手伝ってくださり、温かい人のつながりも生徒たちは感じたことと思います。かけがえのない経験ができたこと、これこそが部活動の醍醐味と感じられました。3年生の皆さん、お疲れさまでした。

    

    

    

    

河北郡市中学校新人体育大会(後半の部)等の結果

 台風接近のため天候も危ぶまれましたが、21・22日(土・日)と河北郡市を会場に新人大会が無事に行われました。新チーム最初の公式戦という部活動もあり緊張したことと思いますが、暑い夏休み中も頑張った練習の成果を存分に発揮したことと思います。保護者の皆様におかれましては、会場にまで足を運んでいただいたり、ご家庭でも励ましの言葉を掛けていただいたりと温かい応援ありがとうございました。
 新人大会の結果については団体戦及び個人戦3位以上入賞者をお知らせします。
 また、夏休み中に自主的に応募したコンクール、大会の結果も届きましたので併せてお知らせします。



【 河北郡市中学校新人体育大会(後半)の結果 】
○女子バレーボール部 第3位
○男子卓球部 団体の部 第3位 
 個人主戦の部 第1位 薜 史斗 第2位 薜 大斗
○女子卓球部 団体の部 第4位
○男子バスケットボール部 第5位 
○男子バドミントン部 団体の部 第3位 
 個人戦の部  シングルス 第2位 芳田 湧樹 ダブルス 第2位 花 璃空・山口 福生ペア 第3位  坂野 由弥・大木 康資ペア
○女子ソフトテニス部 団体の部 第1位  
 個人戦の部 第3位 山口 莉乃・田丸 和佳奈 ペア
○男女陸上部
 男子共通800m 第2位 高橋 蒼空 第3位 堀井 一輝
 男子共通3000m 第2位 西田 稟
 男子1年1500m 第3位 丸井 強史
 女子共通1500m 第3位 内潟 美咲
 女子1年100m 第2位 倉島 志津稀
 女子1年800m 第2位 倉島 志津稀 

【 新人大会以外の表彰等 】
○男女陸上部 宝浪漫マラソン2019(9月22日開催)
 3Km中学生男子の部 第1位 櫻井 建太 
 3Km中学生女子の部 第2位 今井 菜々子 第3位 倉島 志津稀
○WRO Japan 2019(ロボットコンテスト)エキスパート競技中学生部門 第2位 酒井 琉太・志築 佳佑
○JA共済中学生書道コンクール 北國新聞社社長賞 助實 美紅

河北郡市新人体育大会の結果(野球部)

 本日より河北郡市新人体育大会が始まりました。先陣を切ったのは野球部です。
 高松球場にて津幡南中と対戦しました。初回の先制機を逸し、相手ペースで試合が進みましたが、再三塁を賑わしました。5回に岡田さんのセンターオーバーのヒットなどで2点、最終回も5点を返し、あと一歩まで追い詰めましたが、惜しくも7対8で敗れました。
 新チーム最初の試合で緊張したことと思います。この経験で学んだことをこれからの練習に生かしてください。来週21日(土)から、他の部活動も試合が行われます。保護者の皆さまも、時間の許す限り、生徒の応援をよろしくお願いします。

学力調査結果、前期学校評価の集計結果をお知らせします

 4月に実施した県・全国学力調査(3年生)結果、が公表されました。かほく市総合学力調査結果(1・2年生)、前期学校評価集計から、本校の結果と分析 ・改善策の概要についてお知らせします。
 
 学校便り 【特別号】 学力調査・学校評価結果.pdf   令和元年度 学校評価中間報告書.pdf

3年生 総合的な学習の時間のようすです

 3年生、体育祭も終わり中学校生活も残り半年となりました。後期の総合的な学習の時間のテーマは「国際理解」です。今日は5・6限にJICA北陸より武田さやか様を講師に迎えて、SDGsについて話を聞き、今後の学習への見通しを明らかにしました。
 SDGsとは、Sustainable Development GoalS の頭文字をとった、世界がこうなったらいいねという持続可能な目標です。17の目標があります。
 今日は、国際理解がなぜ必要なのか、貧困が起こる原因は何かなど、生徒が思いを話し合いながら進めてくださいました。17の目標は連鎖性があり、1つをおろそかにすると、他へも影響があることを知りました。3年生はこの後、1つの目標を選択し、調べ学習を進め、自分なりの提案をすることになっています。その中で、多くの人に聞いてもらいたい提案は文化祭での発表を予定しています。



SDGsについて詳しく知りたい方は、こちらから(外務省のページへ)  https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

第7回「鶴彬(つる あきら)」かほく市民川柳大会の選考結果

 第8回鶴彬のふる里「高松歴史街道フェスティバル」の中で実施される、「第7回鶴彬かほく市民川柳大会」に本校生徒が応募し、総数442句の中、多くの入賞をいただきましたので、お知らします。生徒は国語の時間に創作しました。最近、よく見かける「サラリーマン川柳」を題材に川柳について知り、創作したようです。 本校からは、優秀1句、秀1句、佳作2句、入選10句の入賞がありました。ここに紹介します。

 優秀句     元号は時代を表す時の顔      德応 晴(1年)
 秀句          いい笑顔友達作りの第一歩    冨澤 凜(1年)
 佳作句     夏祭り花火と同時に笑顔咲く   坂野 由弥(2年)
 佳作句     体重計のって喜ぶ母の顔     梅本 亜依(3年)   

ジュニアオリンピックソフトテニス競技に出場します

 8月の全国中学校ソフトテニス大会で、5位入賞という快挙を成し遂げた本校ソフトテニス部の布施琴音さん、大村友里さんが、その功績から協会推薦という形でJOCジュニアオリンピックカップ大会に出場が決定しました。国道沿いのネットに横断幕を掛けました。ぜひ、ご覧ください。
 大会は9月21日(土)~22日(日)にかけて、広島県広島市、広島翔洋テニスコートで開催されます。2人はシングルス、ダブルスの部に出場します。特にダブルスと布施さんのシングルスはU-17と上位のカテゴリで出場します。2人の健闘を祈ります。