令和2年度 河北台中学校のようす

ソフトテニス部(個人)都道府県対抗大会に選抜されました。

 2月1日(土)に七尾市総合体育館で行われた、石川県中体連強化練習会において本校の大村友里さん、田丸和佳奈さんのペアが1位となり、3月26日から三重県伊勢市で開催される都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会に石川県チームの一員として出場が決定しました。おめでとうございます。
 なお、ソフトテニス部、先日お伝えした吹奏楽部の全国大会出場に際して、本校陸上グランド横に横断幕を近日中に掲げる予定です。お楽しみにしてください。

体験入学を実施しました

 今日は令和2年度入学生(現小学校6年生)を対象に体験入学を実施しました。
 あと2カ月で河北台中学生となる6年生が、新しく始まる中学校生活への不安が少しでも解消できればとのねらいで実施しています。本校区の特徴は、4月からの登校時間に合わせて6年生も自宅から登校してくるところです。事前に通学路を確認した児童も多くあったと思います。今日は全員が遅れることなく登校できました。感心しました。
 今日は日程の説明のあと校舎見学、授業体験が行われました。国語、数学、理科、英語、音楽、美術、技術の授業に4グループに分かれて2時間ずつ授業を受けました。中学校に入ると1時間あたりの授業時間も5分長くなります。今日は一足早く50分授業も体験しました。授業後は、中学校の行事、生活のルール、学習についての話を聞きました。6年生には入学前に「確実に」身につけてほしいこととして話をしました。残り2か月の小学校での生活を大切に過ごし、パワーアップして入学式に臨んでくれることを期待しています。

2月の全校集会の様子です

 6限に2月の全校集会が行われました。集会に先立ち、表彰披露が行われました。この欄で紹介した吹奏楽部に加えて、県耐寒継走白山美川大会で揃って3位に入った男女陸上部、河北郡市冬季卓球大会女子副戦の部で3位に入った北出彩さんがステージに立ちました。その後、いつもはソロでの校歌披露ですが、今日は音楽の時間に素敵な声を響かせていると評判の3年1組男子が歌ってくれました。
 校長先生からは先日の大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生さんの例から「皆さんが一生懸命に頑張っている姿を見せてほしい」とのお話がありました。
 続いての学習面の話では、3学期は特別な意味を持っているから、これまで取り組んだことを元に「1年間の総仕上げをしよう」の学習目標が示されました。生活面の話では、自分の役割以外で、誰かが役割を果たしてくれているので生活が成り立っいることに気づいてほしいとの話がありました。そこで2月の生活目標は「当たり前のことに感謝しよう」です。
 先週、全学年で将来について考える機会がありました。ぜひ、実現のために毎日を大切にしてほしいですね。

吹奏楽部、昨年に続く快挙です。

 本日、金沢歌劇座において「第4回いしかわ吹奏楽コンクール新人戦」が行われました。本校吹奏楽部は課題曲「ポップス・マーチ『すてきな日々』」、自由曲「ノートルダムの鐘」を演奏し、見事金賞を受賞しました。さらに、準グランプリ(全体の2位)となり3月31日(火)に埼玉県さいたま市で開催される「第8回首都圏学校交歓演奏会」に出場が決定しました。先輩方に続き、2年連続出場の快挙となりました。
 吹奏楽部の皆さんは、この大会のためのレッスンや自分たちの演奏の映像を確認したり、楽譜が真っ黒になるほど注意点を書き込み練習していたと聞いています。今日も楽器を運ぶ手伝いに3年生が来てくれていました。素敵な先輩方から色々なものを受け継いでいることも強さの秘訣のように感じます。
 吹奏楽部の大会は演奏中の撮影や録音が禁止されています。今回は大会が終了し、バスに乗り込むまでのほんの一瞬の写真を載せます。白いジャケットが似合っています。

地域ボランティアが行われました。

 2月1日(土)に河北台中学校区の7公民館(木津、松浜、遠塚、浜北、秋浜、外日角、白尾)で地域ボランティア活動が行われました。この活動はPTA地区委員が主催し、保護者、生徒が一緒に住んでいる地区の公民館の清掃をする活動です。この日は、大会を控えた部活動以外は部活動を休止ししたことで、多くの生徒が清掃活動に参加してくれました。昨日、私立高校の入学試験を終えた3年生も参加してくれました。「男子生徒の参加が多く、進んで掃除をしてくれてとても心強かった」との声も学校に届けられました。
 お世話いただいた公民館の皆さま、保護者の皆様ありがとうございました。
 

2年生「立志式」、1年生「職業人に学ぶ会」が行われました。

 昨日のこのページでもお伝えしましたが、今日は全学年が自己の進路について考える日となりました。
 2年生と1年生の様子についてご覧ください。

 [2年生 立志式]
 かほく市3中学校の2年生316人が本校講堂に集い、かほく市主催「第16回かほく市立志式」が行われました。立志式は大人のスタートラインに立ったことを祝う式です。大人になったということは自らの責任についても自覚をする日でもあります。油野市長の式辞では、本市から初めてのプロ野球選手となった奥川選手、山瀬選手のエピソードを例に挙げ「個性を知り、自分の将来像を描くときが来た。努力し続けること、感謝することを忘れないでほしい」との式辞がありました.
  本校からは南良太さんが「世界の様々な問題解決もために宇宙開発に携わりたい、そのために日々の学習に励み、自分の将来を広げたい」との意見発表を行いました。続いて表宙生さんが、全生徒を代表して「向上心を持って、志を夢に向かって努力していく」と誓いの言葉を述べました。
 なお、式の後は、株式会社富士通ITプロダクツ 高田敏彦氏を講師に迎え「今後の活躍に向けて心がけてほしいこと」と題して記念講演が行われました。


 [1年生 職業人に学ぶ会]
 3・4限目に警察官、看護師、花火師、ツアーコンダクターと4業種のプロの方にお越しいただきました。
 3限目は1年生全体でそれぞれの職業から同じテーマでお話をいただきました。お話いただいたテーマは「仕事の内容」「仕事のやりがい」「困難に立ち向かうときの方法や心構え」「仕事を通じての出会い」「今の夢や希望」の5つです。業種が違えど共通することは多くありました。特に「困難に立ち向かうときの方法」のテーマでは、「逃げずに向き合うこと」「自分を受け入れること」「チャレンジし続けること」「相談すること」「事前準備をしっかりすること」「間違えた時は素直にごめんなさいと言えること」など、中学1年生の今も生かせそうですね。4限目は、1年生がもっと深く聞きたい職業を選択し4グループに分かれ分科会が行われました。
 1年生は今日に至るまで、「働くことの意義」や「いろいろな職業を調べて新聞にまとめる活動」等を通して学びを深めてきました。10年後、多くの1年生が仕事に就いています。2年後は進路選択が待っています。今日の2時間は濃い学びになったことと思います。まず、1年生残り2ヶ月の生活に生かしてください。

明日は、私立高校入試です

  いよいよ明日、私立高校入学試験の日を迎えることになった3年生です。4限目に入学試験に向けての学年集会が行われました。校長先生からは「適度な緊張感を持ちながらも気持ちは入れ込み過ぎず、これまでの頑張りを十分に発揮してほしい」と激励の言葉がありました。
 下の写真右から3枚は廊下に掲示してある3年生の「今年の抱負」です。ぜひ、自分の思い通りの進路決定ができることを期待しています。

 なお、明日は2年生が「立志式」1年生が「職業人に学ぶ会」と自分の進路に関わる会が本校で催されます。それぞれの会の様子はこのホームページでもお伝えしますが、保護者の皆様におかれましても、会の様子をお子様と話をしたり、進路につい話をする時間をとってくださると嬉しいです。

「子育て講演会」が行われました

 かほく市3中学校1年生を対象に「次代の親育て事業・子育て講演会」が行われました。この事業はかほく市役所子育て支援課が行っています。育児漫画家の高野優さんが講師として「いつかきっとママ・パパになる人へ」の演題でお話を伺いました。
 3人のお子様を育てた経験から親として感じた気持ち、「目に涙がなければ、魂に虹は見えない」という好きな言葉の紹介、「自分自身が一番のサポータ」自尊心、自己肯定感を育てると他にも優しくできる、中学生は可能性しかない年代なので、学習も頑張り引き出しを多くして人としての魅力を広げてほしいとメッセージが送られました。

かほく市特別支援学級学習発表会が行われました。

 本校にかほく市9小・中学校の特別支援学級に在籍する児童生徒が一堂に集い、今年度の学びをみんなに披露するとともに交流を深めました。小学校から1年生から中学校3年生までの多くの児童生徒の前で発表することは、とても緊張したことと思います。しかし、皆さん堂々とした発表で感動しました。互いに刺激を受けるとともに、来年の自分の姿を見ることにもなりました。来年の発表会ではさらにパワーアップした姿を見せてください。

石川県アンサンブルコンテストの結果をお知らせします。

 1月12日(日)に「石川県アンサンブルコンテスト」が石川県小松劇場うららで開催されました。口能登支部代表として出場した2グループの結果をお知らせします。
 フルート四重奏 銀賞、サックス四重奏 銅賞
 
 どちらも一生懸命に素敵な演奏を披露してくれました。吹奏楽部の次の大会は2月2日(日)に金沢歌劇座で行われる「いしかわ吹奏楽コンクール新人戦」です。先輩方に続け!!と1・2年生は練習を頑張っています。時間に都合のつく方は、応援のほどよろしくお願いします。