2020年7月の記事一覧

3年生「高校説明会」がありました

  30日(木)の午後、3年生を対象に「高校説明会」が行われました。今日は遊学館高、金沢二水高、羽咋高、津幡高、石川高専、金沢商業高の6校の先生方をお招きして、各学校の授業の様子、部活動、卒業後の進路、体育祭・文化祭等の学校行事等の特色を聞くことができました。

 高校の先生方からは、各学校の特色だけでなく「こういう時代だからこそ、落ち着いて1つずつクリアしてほしい。今の授業を大切に。規則正しい生活を。」など、残りの中学校生活の過ごし方についてメッセージもいただきました。

  コロナウィルス感染症による休校もあり、3年生は進路選択に不安を持っている人もいると思います。しかし、今日の機会を通して、高校進学がごく近い将来のことと感じたと思います。高校に入る事も大切ですが、進路選択には「その高校で何を学ぶか、その高校を卒業した後何をするのか」という視点を加えてほしいです。お忙しい中、参加していただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。

吹奏楽部「青空演奏会」のようす

 24日(金)10:30より、本校講堂前の特設ステージにて吹奏楽部「青空演奏会」が開催されました。運動部と同様に新型コロナ感染症の影響により、夏場の吹奏楽コンクールもすべて中止となりました。この「青空演奏会」も毎年9月に講堂で開催されていた定期演奏会の代替として行われ、3年生はこの演奏会で引退となります。

 1年生22名が加わり、総勢60名のステージとなりました。例年ならば、この時期は県大会・北陸大会等のコンクールの準備が慌ただしい時期ですが、今年は2・3年生が1年生の練習を指導したことで1年生のデビューにもなりました。

 ステージは、2・3年生の「すてきな日々」「ノートルダムの鐘」から始まりました。この2曲は、2月の「第4回いしかわ吹奏楽コンクール新人戦」で演奏し、県代表として「第8回首都圏学校交歓演奏会」に出場を決定した曲目です。さすがの演奏でお揃いの白いジャケットがまぶしく感じられました。3曲目は1年生のデビュー曲「スターファンタジー」です。初々しい演奏でした。その後も1年生のパフォーマンスが2・3年生の演奏を盛り上げていました。アンコールを含めて、全6曲、1時間弱の演奏会でした。

 3年生の皆さんお疲れ様でした。保護者の方々の応援も含めてみんなで作った中学校最後のステージでやり切ったことと思います。この後は、河北台中学校のいろいろな行事を引っ張って行ってください。小雨も降る中、多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました。

 

1学期期末テスト(1日目)が終わりました

  7月20日(月)、今年度最初の定期テストとなる1学期末テストが行われました。1年生にとっては中学校で初めてのテストです。緊張した様子がうかがえました。テスト前1週間の準備期間中の家庭学習、補充教室、質問教室の成果はいかがでしたか。特に3年生の受験スローガン「その1点をけずりだせ」がいいですね。毎回の積み重ねが、入試本番でも緊張を和らげ、力を発揮することにつながると思われます。

 テスト終了後は自分の得点に一喜一憂することと思いますが、テストは自分の現在位置を知るものとして捉え、次に同じ問題が出題されたときに正答できるようにすることが大切です。まずは、あと1日、全力を尽くしてください。

 なお、今回のテスト結果を基に8月5~7日(水~金)の1・2年生保護者懇談、3年生PTCAが行われます。7月学校便りですでに案内をしていますが、4・5月の臨時休業に伴い1学期の授業日数が少ないことより、1学期の通知表はありません。 

家庭科で栄養教諭とのT・T授業がありました

 6月13日からの1週間に1年生の家庭科において坂井栄養教諭と家庭科担当教諭のT・T(ティーム・ティーチング)授業が行われました。授業のテーマは「地域の野菜について知ろう」です。その週の給食メニューの20品目中11品目が石川県産やかほく市産であり、給食が「地産地消」を大切にしていることやかほく市の野菜、郷土料理について理解を深めました。

 授業を終えて、生徒からは「家庭の食卓に上るまでに多くの人たちが関わっていること、栽培などに多くの手間がかかっている。しっかり食べるとともに、郷土料理を受け継ぎたい」との声が聞かれました。

2年生「職業について学ぶ会」が行われました

 17日(金)5・6限に2年生を対象に「職業について学ぶ会」が行われました。コロナ禍により7月上旬に予定していた職場体験学習が中止となり、その代替として実施しました。2年生は1年次に「職業人に学ぶ会」を開催し、働くことの意義、喜び等について学びました。今年度は主目的を職業体験と位置づけ、建築士、自動車整備士、警察犬訓練士、陸上自衛隊の方々をお招きしました。2年生は、それぞれが希望した2つの職業を体験しました。

 来校された方々からは、その職業に就いた理由、職業にまつわる体験談はもちろん、建築士のブースではかんながけの体験と消臭袋の製作、自動車整備士のブースではタイヤ交換、警察犬訓練士のブースでは警察犬との触れ合い体験、自衛隊のブースでは隊列訓練、ロープの結び方等の実習が行われました。2年生にとっては日頃の授業では、味わえない体験となりました。この体験を機会に、世の中の多くの職業に目を向けて、将来の進路選択につながることを期待します。

補充教室、質問教室のようすです

 今年度より定期テスト1週間前より部活動等の諸活動停止としました。本校では、7月20日・21日(月・火)に1学期末テストが行われます。テスト勉強の後押しとして、放課後の時間帯に3年生は補充教室、1・2年生は質問教室を全教科で実施しています。特に3年生は、「数学・因数分解」「英語・現在完了」「理科・天気」のように重点項目を絞った補充教室になっています。

 補充教室、質問教室のみなならず、各学年のフロアには昨年のテスト問題が置かれたり、学習時間・内容を記録した計画表を毎朝提出する取組など、学校全体でテスト前の雰囲気を作っています。ご家庭におかれましても、お子様のテスト勉強に温かい励ましをお願いします。

 

河北郡市交流試合(第2週)が行われました

 11日(土)にバドミントン、バスケットボール、野球の3競技、12日(日)にバレーボール競技の河北郡市交流試合が開催され、2週に渡ったすべての日程が無事に終了しました。

 バドミントン競技では、多くの3年生が試合できるようにリーグ戦形式で実施され、コート内の運営も生徒自身で行っていました。バスケットボール競技では多くの3年生が試合に出場できるように2ブロックに分かれ総当たり戦での実施、野球競技では学校対抗戦が終了したあと、3年生が2チームに分かれての交流戦を行うなど、各競技で工夫を凝らしての運営を行っていました。特に野球競技では、閉会式で3年生に送るエールとして、音楽科の教員による「ああ栄冠は君に輝く」の独唱がありました。

 この2日間で運動部に所属する3年生は、ほとんどが引退という区切りを迎えることになりました。先週行われた交流試合を含め、3年生はどの競技においても、河北台中の「顔」として最大限のパフォーマンスを見せてくれました。お疲れさまでした。1・2年生の指導もありがとうございました。

 部活動を終えた3年生は、いよいよ進路選択に向けてシフトチェンジです。20・21日(月・火)は1学期の期末テストが実施されます。今年度から定期テスト前は1週間から諸活動が禁止になります。3年生は、自分で講座を選択する補充教室が行われます。次のステージに向けて気持ちを切り替えてください。

県民一斉防災訓練(シェイクアウトいしかわ)に参加しました

  本日11:00(3時間目の途中)、今年度も県民を対象とした「県民一斉防災訓練(シェイクアウトいしかわ)」に参加しました。大規模な地震を想定した訓練で、それぞれの授業場所で「しゃがむ、かくれる、じっとする」といった「安全行動」を1分間行いました。

 東日本大震災においては、住民一人一人の身の安全を守る行動が被害の予防・軽減につながり、改めて「自助」の重要性が認識されたことから、この訓練が実施されています。先週末より、コロナ禍の中での水害が九州地方で起こっています。被害に遭われた方にお見舞いを申し上げるとともに、私たちも自分で自分の身を守ることを考える機会になればと考えます。

河北郡市交流試合(第1週)が行われました

 新型コロナウィルスの影響により、今年度の夏季体育大会はすべて中止となりました。その代替大会として河北郡市では7月4日~12日の2週にわたり 交流試合が行われます。

 4・5日(土・日)は、野球、ソフトテニス、陸上、卓球の4競技に本校生徒が参加しました。3年生にとっては、思っていた最後の舞台とは違いますが、2年半の集大成として区切りをつける大会となりました。特に野球競技では、かほく市出身のプロ野球選手、奥川投手と山瀬捕手から3年生に向けて激励メッセージが送られました。このことは5日(日)の北陸中日新聞に掲載されています。

 11・12日(土・日)にはバドミントン、バレーボール、バスケットボールの3競技に本校生徒が出場します。詳しい日程等については各部活動よりお知らせがあります。

7月の全校集会が行われました

 学校再開から1ヶ月が経ちました。今日は7月の全校集会が行われました。校長先生からは「コロナの対策をしながら、生活が乱れても仕方のない状況もあったと思うが、よく頑張った1ヶ月だった」とお話がありました。また、地域の方からのお知らせを伝えていただきました。外日角地区の方から「小学生の時から知っている生徒が凛として登校している様子が嬉しかった」こと、木津地区の方から「動けなくなったおばあさんを見つけ、近くの家に助けを求め救急車を呼んだこと」の2つです。本校の目標「気づきの行動」が実践されて嬉しい気持ちにさせてもらいました。

 7月の目標は「責任をはたそう」です。生活担当の先生から「特に3年生は学校の顔として、部活動に完全燃焼してほしい」との願い、学習担当の先生から「学校でしかできない勉強」を行うための責任として「忘れ物をしないこと」「家庭学習に取り組むこと」のお話がありました。

 最後は生徒会の時間です。給食委員会は「配膳時の身なり」について呼びかけ、JRC委員会は「プルタブ、ペットボトルキャップ等収集」の呼びかけがありました。生徒会執行部からは先月の「忘れ物すごろく」の取組結果発表、運動会の団決め抽選会がありました。「忘れ物すごろく優秀クラス」「運動会の団割り」は以下の通りです。

 「忘れ物すごろく優秀クラス」 2年2組、2年3組、3年1組、3年3組、わかくさ、まつかぜ 

 「運動会の団割り」   赤 団 1年2組、2年2組、3年2組

             青 団 1年4組、2年3組、3年1組

             黄 団 1年1・3組、2年1組、3年3組