カテゴリ:校内研究

先生たちの夏休み学習タイム ~プログラミング学習の研修会~

河内っ子たちの夏休み、序盤の「学習教室」を終えて、いよいよいちばん楽しい「佳境」に入っているのではないかと思います。まだまだ夏休みはたっぷり残っていますからね!(お家の方々、ごくろうさまです)

さて、そんな夏休みの佳境を前に、我々教職員も夏の恒例、「研修」シーズンが佳境に入っています。
教育センターなどにでかけて学ぶことも多い夏季休業中ですが、もちろん、校内でも自主研修をこつこつと積み重ねております。
今日は、木曜日の午前に行った「プログラミング教育」の研修の様子をご紹介します。

来年度から小学校で実施となる「プログラミング教育」を前に、河内小学校では昨年度後半から校内での研修会で学習をスタートしています。
夏休み、子どもたちがいなくなった静かな校内、図書館に教職員で集合して、プログラミングを取り入れた授業を2・3学期に実践するための研修会を開きました。

研修テキストはこちら → 20190725-programinng-kawachi.pdf

講師は、日頃から派遣講師として河内小のICT教育をサポートしてくださっている、ベネッセICTサポーターの大和先生です。

まずは教頭が「プログラミング教育」とはなにか?を概説しました。
そして、いよいよ「体験・学習・実践」のための演習のメイン講師として大和先生が登場です。

使うプログラミングのツールは、スクラッチ3.0(Scratch3.0)と呼ばれるプログラミング言語です。
◯ウェブページが開ける環境で、
 FireFoxやMS-Edge、Google-Chromeといったブラウザを使えばだれでも利用することができる
◯画面上で、「命令」を表す小さなブロックを「くっつけて」いくだけで、視覚的にプログラムを書くことができ、結果をすぐに見ることができる
といった特長がある言語です。習うより慣れろ!が通じる、とてもとっつきやすいツールです。

5年生の算数「正多角形を描く」の授業を頭において、そのプログラムの仕方を考えてみたり、
3年生の社会科「地図記号」の学習で、地図記号の意味を理解しながら、地図上のゴールに向かってキャラクターを動かしていくプログラムを組んでみたり、
1年生の音楽「リズムに合わせて」で、四拍子のリズムに合わせて言葉をリズムに「乗せていく」ことを試行錯誤してみたり・・・
やりたいことを想定し、その要素を整理して分解して「段取り・手順」にし、それをコンピュータの命令という「記号」に変換して記述していくことが大切な学習目的になります。
また、コンピュータならではの高速な「手順」「繰り返し」「条件分岐」の試行錯誤の容易さを生かして、よりシンプルで論理的な「手順」へと「改善」していく試行錯誤も、子どもたちの論理的思考力を高めるために大切だ・・・とされています。

先生たちもそんな「プログラミング的思考」を実体験していきます。
うまくいってるかな?? (^^)

手順をワークシートに手書きして、論理の流れをたしかめたり、それを実際にプログラムの「命令」の流れになるように記述していきます。なかなか手ごわい・・・
「うーん、できた!」
「でももっとキレイにシンプルにしたいなぁ」
「繰り返し3回でできるの??」
男子教員軍団も真剣に取り組み中!
声をかけづらいほど、集中してますねぇ。
「ここをこうして、そこをああすると、こうなるんですよ・・・」
「あー、なるほど!では、こっちをこうやって・・・」
ねらった動きになるよう、そしてよりシンプルな手順になるように・・・試行錯誤中。
3時間弱の研修時間はあっという間に過ぎました。
2学期からの授業のイメージが先生たちにもできてきたようです。
我々教員も子どもたちが楽しみながら「プログラミング的思考」ができるような授業になるよう、これからもスキルアップしていきたいと考えています。

夏休みの河内小・校内研修会からの一コマでした!

3つの教員研修(若手・生徒指導・学習指導)

学年の始まりの数日間、春休み中の学校は様々な準備活動や研修で大忙しです。
今日は4月1日から今日3日までの職員研修について紹介します。

4月1日は、職員会議の後に1時間を使ってOJT研修のコツについて、徳井校長の講義を受けました。
河内小学校の活動のポリシーである「DDDD理論(過去記事)」を中心に、共通理解を図りました。



翌、4月2日は生徒指導に関わる研修を行いました。講師は生徒指導主任です。
いじめや不登校を見逃さず、解決に向けてどのように我々教職員が考え行動すればよいかを共通理解しました。
そして、子どもたちが安心して学べる学級づくりの様々な視点、落とせない看取りの大切さについても再学習をしました。


3日めの今日は、学習指導(授業・学習習慣形成)のための研修会です。
講師は研究主任、プレゼンテーションとテキストを使い、昨年度までの成果を踏まえて、今年度の学習指導の重点を確認しました。




多くの教職員が異動で新旧バトンタッチをした河内小学校ですが、スタッフで河内小の「文化」をきちんと継承・発展させようと研修を重ねることができた3日感でした。
新河内小スタッフで力を合わせて、力を高め、河内っ子たちの成長に繋げられるように取り組んでいきたいと考えています。
以上、河内っ子たちが留守にしている、春休み後半の河内小の「今」をお伝えしました。

河内小学校ホームページ・閲覧御礼!

いつも河内小学校のホームページを見てくださりありがとうございます。
本日はすこし毛色の変わった記事をお送りします。読んでいただけたら幸いです。

2018年の8月7日のホームページリニューアルより半年が過ぎました。
半年でこの「河内っ子Today!」の記事数は120を越えてきました。同時に、プリントで見ていただいている校長発行の「学校だより」も今年度は30号を越えました。アナログとデジタルの双方で、河内っ子のがんばりを広く発信しようと頑張っております。

ホームページに関しては、8月のリニューアル当時、一日のアクセスしてくださる方が20名前後でした。2学期の間にしだいにアクセス数が増え、2学期末に計算した平均アクセス数は34.1人/日となりました。

ずいぶんとたくさんの方に見ていただけるようになったと有り難く思っておりましたが、年明けの3学期になると、さらにまた急激にアクセス数が伸びました。

2月13日現在の3学期平均アクセス数は65.5人/日と、ほぼ2学期比で倍増に近い伸びとなっています。河内小の保護者世帯数は32世帯ですので、地域の方々や、遠くに住んでおられるご家族や親戚の方も御覧頂いているのかもしれないな、と担当者は毎日想像しております。

河内小学校の教職員一同として、たくさんの方々に河内っ子たちの活躍を見守っていただいていることをとても嬉しく、そして有り難く感謝しております。
学校だよりとホームページ、この両方のメディアで、河内っ子の毎日の頑張り・成長・元気な姿をこれからも見ていただけたらありがたいです。

 ☆ Discover 自分の良さやがんばりを発見し自覚していくこと
 ☆ Dream 自分がやりたいことを見つけること
 ☆ Design それを実現するための計画を考えること
 ☆ Destiny それを続け、また新たにやりたいことがつなげていくこと

河内小学校が大切にしている4つの”D”のサイクル(DDDDサイクル)です。
河内っ子のDDDDをどんどんこれからも発信していきます。
学校だよりやホームページをネタに、
お家でも一人ひとりの頑張りを認め励ましていただけたら幸いです。

今後とも河内小学校をどうぞよろしくお願いいたします。 m(__)m

1年生 道徳科の研究授業を行いました

3時間目1年生宮岸学級・道徳科「はしのうえのおおかみ」を校内研究の授業として行いました。
「はしのうえのおおかみ」、ある日おおかみ橋の上でうさぎを追い返したことがおもしろくなり,次々と他の動物に通せんぼをして追い返していきます。しかし、自分よりも大きなクマに橋の上で出会ったときに、道をゆずろうとして逆に親切にされてから,自分も弱い動物たちにも優しく接するようになるというストーリーです。
1年生たちは、おおかみの気持ちの変化を考えるために、ペープサートを使ってなりきりセリフを考えて演じるなど、いっしょうけんめい学習に取り組んでいました。
1年生たち、まだ小学校に入って半年、しかし場面に合わせて気持ちをいっしょうけんめい想像し、表現できていました。成長を感じました。さすがですね。
授業中、1年生達は最後まで集中して、先生の質問に答えたり、友だちの考えに反応したり、45分の授業を最後までしっかり頑張ることができていました。そして、やさしくなれたおおかみの成長とそのわけをつかんで表現することができていました。さすがですね。

1日の授業が終わって子どもたちが帰宅した後、河内小の教職員で今日の授業を題材に研修を実施しました。
授業を参観しながら付箋紙に書いた各自のコメントをもとに、グループディスカッションして、大判の用紙にまとめ、発表していきます。河内っ子たちのがんばりに先生たちもディスカッションにすっかり熱が入りました。(^^)

Let's start English!! 英語授業の職員研修

英語授業の校内研修・河内小
2学期を間近に控えて、河内っ子たちも準備に余念がないところかと思いますが、河内小の職員も2学期のための準備をちゃくちゃくと整えているところです。
本日は、午前中の職員会議に続き、午後は「英語授業研修」を実施しました。講師は本校の外国語授業担当、この夏までに外部で研修してきたことを校内の教職員に丁寧に伝え、模擬授業を交えて授業の進め方を学習しました。みんなで真剣!かつ楽しく!研修を進めているところです。
河内っ子の皆さん、先生たちもがんばっていますよ!