学校紹介

 

緑丘中学校のホームページを御覧いただき,誠にありがとうございます。
 このホームページは,保護者の皆様方,地域の皆様方,卒業生の皆様方,そして本校に興味・関心をお持ちの皆様方に,本校生徒の姿や教育活動等を知っていただくために作成しております。各コーナーを御覧いただき,本校に対するご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

 珠洲市は,能登半島の先端に位置しており,三方を海に囲まれ,豊かな海と山の恵みを受ける豊かな自然に囲まれた素晴らしい環境にあります。また,2011年には,この「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定され,豊かな自然環境と伝統文化をもとにした地域資源に恵まれた所です。
 本校は,昭和43年に,当時の春日中学校・若山中学校・正院中学校・蛸島中学校の4校の統合により開校しました。平成15年には上黒丸中学校,平成17年には日置中学校と統合し,平成30年度には開校50周年記念式典を行いました。

 

 令和2年度は,55名の新入生を迎え,2年生59人,3年生52人の計166名の生徒が学ぶ学校となりました。
 校訓である「正義・勉学・友情」のもと「自ら課題を持ち,共に未来を創造し,切り拓いていく人間の育成」を学校教育目標に据えて,変化の激しい社会にしっかりと適応し,地に足をつけ,自らの人生を切り拓いていく力を育んでいきます。また,今年度から総合的な学習の時間で「SuZuSoZo(珠洲創造)」というカリキュラムをスタートさせました。ふるさと珠洲に誇りと愛着を持ち,恵まれた地域資源を生かし,地域の未来を創りだす生徒の育成に尽力いたします。


 教職員一同,生徒が生き生きと学べる学校づくり,安心安全な学校づくり,地域や保護者の皆様から信頼される学校づくりに邁進いたします。本校教育へのご理解とご協力をいただくとともに,生徒一人一人が地域社会の一員として立派に成長していけるよう,多方面からのご指導,ご支援を賜りますようお願いを申し上げます。
             
                  令和2年4月
                       珠洲市立緑丘中学校長 時兼 秀充