お知らせ
 

輪島市立門前東小学校いじめ防止基本方針

平成26年4月策定

令和 2年2月改正

1 はじめに

いじめは,いじめを受けた児童の教育を受ける権利を著しく侵害し,その心身の健全な成長を阻害するとともに,人格の形成等に重大な危険を生じさせるものである。また,いじめは,いつでも,どこでも,誰にでも起こり得るものであり,どの児童も被害者と加害者の両方になり得るものである。

こうした事実を踏まえ,「いじめは絶対に許さない」ことを念頭に,「いじめの未然防止」「いじめの早期発見」「いじめの早急な対処措置」について,教職員の共通理解を図り,組織的に対応していく。本校では,いじめの未然防止・早期発見に重点的に取り組んでいく。加えて,万が一いじめが発生してしまった場合には,児童の尊厳を大切にし,教育委員会や地域・家庭・児童相談所等の関係機関との連携のもと,早急にいじめ根絶に向け,組織をあげて適切な対処に全力で取り組むようにする。さらに,児童が安心して生活できる学校の実現と維持のため,いじめ防止に係る取組を,定期的に見直し,改善していくように する。

2 いじめ防止のための組織

(1)いじめ問題対策チーム

校長,教頭,生徒指導主事,教務主任,特別支援教育コーディネーター,養護教諭,対象学年担任からなる。いじめ問題対策のための委員会を必要に応じて開催する。

(2)児童理解の会

毎月の定例職員会議後に又は必要に応じて開き,配慮を要する児童の現状や今後の指導の在り方について,教職員全員で情報交換及び共通理解を図る。

3 いじめ未然防止のための取組(年間行動計画は別表)

(1)学級経営の充実

  ・いじめアンケートやQ-Uテストにより実態を把握し,よりよい学級経営に努める。

(2)人権意識の向上,自己・他者理解の促進

  ・人権集会の開催,特別支援学校,福祉施設等との交流により自己・他者の人権を尊重する態度を醸成する。

(3)人権に配慮した授業実践

  ・児童の人権を大切にした授業の実践に努め,互いを尊重し,認め合い,児童一人一人が自己肯定感を向上させたり,

   自己有用感を高めたりできるようにする。

(4)道徳教育の充実

  ・道徳教育を通して,児童の自己肯定感・自己有用感,お互いの共感的理解を高める。

(5)相談体制の整備

  ・学級担任だけでなく,校長をはじめ全教職員が,必要に応じて児童の相談に当たる。

  ・スクールカウンセラー来校日に児童と個別面談する機会を計画的に設定する。

(6)縦割り班活動の推進

  ・縦割り班で給食を食べたり,挨拶運動を行ったり,行事に参加したりすることで,同学年だけでなく異学年児童とも,

   よりよく関わる力を身に付けさせる。

(7)情報モラル教育の実施

  ・児童のゲーム機を含めたネット使用状況調査を行い,状況把握に努めるとともに,児童に情報モラル教育を適切に実施

   する。フィルタリング等については非行被害防止講座などで保護者に周知する。

(8)校内研修

  ・いじめ対応アドバイザーを招いた研修を通して,日頃より組織的に「いじめ」への対応力を身に付ける。

4 いじめ早期発見のための取組(年間計画は別表)

(1)いじめアンケートの実施

  ・学期に1回程度児童にいじめアンケートを実施し,いじめの未然防止・早期発見に生かす。必要ならば面談を行い,

   問題の早期解決に努める。

(2)保護者との連携

  ・年に2回保護者にいじめアンケートを実施し,自分の子や他の子の気になる様子を教えてもらう。

  ・日常的に通信や連絡帳,電話,面談などで情報交換し,問題があれば,迅速かつ誠実な対応に努める。

(3)地域との連携

  ・各公民館と日常的に,地域の行事での児童の様子を情報交換する。

  ・必要に応じて,保小中高連絡協議会を行い,児童生徒の様子について情報交換をする。

5 いじめに対する早期対応

  ・いじめに関する相談を受けた場合,直ちに管理職に報告,事実の確認をする。

  ・いじめが確認された場合は,いじめ問題対策チームでいじめ問題対策委員会を開催し組織的に対応する。

  ・いじめをやめさせ,その再発を防止するため,いじめを受けた児童・保護者に対する支援と,いじめを行った児童への

   指導とその保護者への助言を継続的に行う。

  ・事実に係る情報を関係保護者と共有するための必要な措置を講ずる。

  ・犯罪行為として扱うべきいじめについては,教育委員会及び警察と連携して対処する。

6 重大事態への対処

(1)重大事態の定義

  ・いじめにより当該児童の生命,心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認められたとき

  ・いじめにより児童が相当の期間(年間30日を目安とする)学校を欠席することを余儀なくされているとき

  ・児童や保護者から「いじめられて重大事態に至った」という申し立てがあったとき

(2)重大事態への対処

  ・重大事態が発生した旨を市教育委員会へ速やかに報告,協議の上,当該事案に対処する組織を設置する。

  ・事実関係を明確にするための調査を実施するとともに,関係諸機関との連携を適切にとる。

  ・調査結果は,いじめを受けた児童・保護者に対し,事実関係その他の必要な情報を適切に提供する。

 

<別表>令和2年度 いじめ対応の年間指導計画 

教職員の活動 児童の活動・児童への指導 保護者との活動

・いじめ防止基本方針の共通確認

・児童理解の会

 

・スクールカウンセラーとの面談
・学級開き,学級ルール作り等

・前期委員会組織

・学校,学級の方針説明

・PTA総会

・学年懇談会

・児童理解の会

・スクールカウンセラーとの面談

・「ありがとうの木」運動

・豊かな心を育む標語作り

 

・児童理解の会 ・人権集会

・スクールカウンセラーとの面談

・挨拶運動

・Q-Uテスト

・学年懇談会

・「親子の手紙」作成

・いじめ対応アドバイザー派遣研修

・学校自己評価

・児童理解の会(Q-Uの結果を踏まえ)

・スクールカウンセラーとの面談

・いじめアンケート

・児童学校評価アンケート

・いじめアンケート

・個人懇談

・保護者学校評価

・いじめ基本方針の確認・見直し    

・児童理解の会

・スクールカウンセラーとの面談

・挨拶運動

・後期委員会組織

・前期学校評価委員会
10

・児童理解の会 ・人権集会

・スクールカウンセラーとの面談 

・「かがやきの木」運動  

11

・児童理解の会

・スクールカウンセラーとの面談

 ・Q-Uテスト

 
12

・児童理解の会(Q-Uの結果を踏まえ)

・スクールカウンセラーとの面談

・人権標語作り

・児童学校評価アンケート

・保護者学校評価

・個人懇談

 1

・児童理解の会

・スクールカウンセラーとの面談

・挨拶運動(後期児童会縦割班)

・いじめアンケート

 ・いじめアンケート
 2  ・保育所との情報交換・学校自己評価

・いじめ基本方針の確認・見直し

・児童理解の会 ・人権集会

・スクールカウンセラーとの面談

 

 ・学年懇談会

・後期学校評価委員会

 
 3  ・児童理解の会

・中学校との情報交換会

・スクールカウンセラーとの面談

・6年生挨拶運動

・「ありがとうの木」運動(6年生へ)

・児童学校評価アンケート