令和2年度 学校経営計画書


石川県立七尾東雲高等学校
校 長  平木 外二  

 

1 教 育 目 標

 (1) 自ら考えて行動し地域に貢献できる人材の育成 「自律貢献」

  ① 専門教育をとおして、自分で考え、判断・行動できる力を育てる。

  ② 社会性・規範意識を高め、ふるさとを愛し地域貢献する心を醸成する。

 

2 中・長期的目標

 (1) 学校の現状

   ① 専門性を高めた教育課程の編成により、次代の地域を担うべく人材育成に取り組んでいる。

   ② 特色ある四つの分野で、学科・系列の強みを生かした指導内容・方法の見直しに努めている。

   ③ 就職希望者に対応したキャリア教育の充実に努め、地域企業と連携する事業に取り組んでいる。

   ④ 学校内外の体験的な学習や発表活動等をとおして、生徒のコミュニケーション力の育成に取り組んでいる。

 (2) 生徒に関する中・長期目標

   ① 社会人として必要な基礎学力や基本的生活習慣の定着と規範意識の醸成を図る。

   ② 専門的な知識・技能を習得し、コミュニケーション力を向上させて地域に貢献できる人材の育成を目指す。

   ③ キャリア教育を通して望ましい勤労観・職業観を養い、志望進路の実現を目指す。

   ④ 特別活動を通して主体性やチャレンジ精神、ボランティア精神を養う。

 (3) 教職員、学校組織等の望ましい在り方

   ① 全教職員が一致協力した指導体制で組織的に取り組んでいる。

   ② 生徒の興味関心を引き出し、学習意欲を高める授業づくりに努めている。

   ③ 学科・系列間で連携した特色ある学習活動を推進している。

   ④ 地域・保護者との積極的な連携により、主体的・協働的に社会と関わることのできる態度を育成している。

   ⑤ 教員一人ひとりのワーク・ライフ・バランスに十分配慮し、健康的にそれぞれの教育活動に取り組んでいる。

 

 3 今年度の重点目標

  ① 基礎学力の向上と「生徒指導の3機能」を生かした授業づくり

    (授業規律の確立、「主体的・対話的で深い学び」の推進、ICTの効果的な活用、家庭学習の推進)

   ② 生徒の適性に応じた志望進路の実現

    (進路意識を高めるキャリア教育の推進、面談による生徒理解と適切な指導・助言、保護者との連携強化)

   ③ 特別活動の推進による学校の活性化と規範意識の醸成

    (挨拶運動の推進、ボランティア活動の推進、部活動の活性化)

   ④ 地域から信頼される開かれた教育課程の推進

    (保護者や地域と連携した取組の推進、ホームページの充実)

  ⑤ 教職員の働き方改革の推進

    (教職員の業務分担を点検、業務内容の平準化)

学校評価計画及び報告