文芸の錦丘

文芸の錦丘

旧制金沢二中から金沢錦丘高校へと続く100年以上の歴史の中で、数々の文芸の才能を持った卒業生を輩出しています。作家としては、堀田善衛さん(1952 芥川賞)、唯川恵さん(2001 直木賞)、本谷有希子さん(2016 芥川賞)が、脚本家としては水橋文美江さんが有名です。

今も本校には、「文芸の錦丘」の伝統が引き継がれており、吹き抜けの素敵な図書室(本校ではマルチメディアセンター)には、生徒たちが集い、文芸活動が盛んに行われています。


マルチメディアセンターのご案内
  図書委員が作った特設コーナーです。今回のテーマは「先生方のお薦めの1冊」です。  4Fの閲覧室はiPadや電子黒板を使った授業にも使用されています。
  本校出身の作家のコーナーもあります。  吹き抜けの開放感あふれる閲覧室です。
  本校出身直木賞作家唯川恵著『セシルのもくろみ』はドラマ化が決定し、近々放映予定です。 本校ゆかりの先生方の芸術作品も展示されています。 
  白川静氏の漢字のコーナーも必見です。  吹き抜けの5F学習室です。放課後は自習する生徒達で静かな熱気に満ちています。
 二年連続で図書委員が牧水・短歌甲子園に出場しました。図書委員活動も活発です。  
マルチメディアセンターの取組

図書室

図書課からのお知らせ ~第1回金曜特別講座の開催~

 明日6月7日(金)の放課後(17:30~)に、2階情報実習室にて、金曜特別講座を実施します。東京大学の永井久美子先生によるスカイプを用いたインターネットでの講義になります。日本古典文学に興味がある人は参加してみませんか??

 【講義テーマ】  紫式部の肖像 ~作者をめぐる伝説と日本古典文学~

【講義概要】

 皆さんは紫式部について、『源氏物語』の作者ということ以外には、どのようなことをご存じでしょうか。何も知らない、という方も、古文は苦手という方も、歓迎します。そもそも『源氏物語』がなぜ授業で取り上げられるのか、紫式部がなぜ「偉人」とされるのかという問題を、一緒に考えてみましょう。そしてもし、教科書で式部の肖像を見たことがあるという場合には、間違ったことを教えることのできない教育の場において、顔の分からない彼女を描くために一体どのような工夫が施されたのか、その謎を解いてみましょう。