校長室
学 校 長 挨 拶
 

 本日は、金沢錦丘高校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 本校は、明治32年創立の石川県第二中学校がその後改称した石川県立金沢第二中学校の後継校として昭和38年にその梅章の誇りを受け継ぎ開校しました。平成25年に創立50周年を迎えた伝統校でり、卒業生はこれまでに2万人を超え、政財界や教育界、文化芸術分野などあらゆる方面で活躍しています。本校の校訓は「弘毅篤学」で、「弘毅」とは大きな度量と主体的・創造的に人生を歩む強い意志を示し、「篤学」とは熱心に学問に励むことであり、「文武両面で鍛えよ」との精神が脈々と息づいています。

 

 平成16年に県内初の併設型中高一貫教育校として県立中学校が併設され、中高合わせて1300名を超える生徒たち(うち高校は960名)が集う県内最大規模の学校となりました。創立50周年を機に、「新生金沢錦丘」を合い言葉にさらなる高みを目指し、中高一貫教育の特長を生かしつつ、「なりたい自分」を追い求め、それを実現するために必要な力の育成に尽くしてきました。大部分の生徒が大学に進学する一方、生徒会活動や部活動も盛んであり、昨年度は陸上部、少林寺拳法部、放送部、書道部が全国総体・総文に出場し、その他多くの部も北信越大会などの上部大会出場を果たしました。

 

 昨年度赴任して以来、GAT、元気で(G)明るく(A)たくましく(T)生きる生徒の育成に全力で取り組んでまいりました。今年度はさらに、CCG、Career、Communication、Globalismの3つをキーワードに、以下の教育活動に邁進していきます。

 一、「なりたい自分」、自分の目指す将来の仕事(キャリア)から逆算した自己実現の具現化 

 一、あらゆる学校生活を通じた他の人々と協働していくためのコミュニケーション力の習得 

 一、Think globally, but act locally. 世界のことを考えながら(グローバリズム)、ふるさとに貢献できる人材育成

 

 各ページでは本校の教育活動の一端が紹介されています。また、「錦高日記」をお読みいただければ、生徒たちの生き生きとした姿や錦丘高校そのものの姿が垣間見えると思います。ぜひ、ご覧下さい。

 今後とも本校の教育活動に対して、ご理解・ご協力と温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

                           石川県立金沢錦丘高等学校

                              校長   堀 義明