活動報告

被爆体験伝承講話

 12月1日(水),広島県から大中伸一氏を招いて,被爆体験伝承講話を行いました。

 大中氏は広島県生まれで,父・母・姉が被爆者です。現在は,広島県原爆被害者団体協議会という団体で,平和公園を訪れる修学旅行生や団体を案内するなど,被爆体験伝承者として活動しています。

 講話では,原子爆弾の被害はどんなものか,新井俊一郎さんの被爆体験,核兵器をなくするにはどうしたらいいかについて,戦争当時の中学生の様子などをお話していただきました。戦争を起こさないためにはどうすればいいのかを考える良い機会となりました。