校訓

「 心美しく たくましく 」

校章
 
内灘の海岸では、はまぐりがたくさんとれていた。
そのはまぐりは大きく成長することから、
子ども達や大根布小学校も、大きく成長することを
願ってデザインされた。
校歌
 大正4年11月10日、御大典記念として制定。大正5年9月20日県学務課より校歌として認可される。
 
大根布小学校校歌
作詞 八波 則吉
作曲 大西 安世
一 松原続き 海近く
越の白山 軒に見る
我が大根布の 学び舎の
四季の眺めの 優美さよ   二 涯なき海を 漕ぐ船も
      行くさ帰るさ 自づから
           定まる道の 在りときく
           規律ぞ人の 守りなる                                                     
                                                         三 積もればちりも 山となり
                                                         滴るしづく 海となる
                                                          いざや進まん 日に月に
                                                         勤勉の二字 身にしめて
 
                                                                                      
 
 
沿革
学級編成
児童数:261名
職員数:29名
学級数:14学級     (令和元年度10月1日現在)
教育目標と学校経営の基本、めざす教師像
1.教育目標
  学びへの意欲を持ち、やさしさと たくましさを あわせもった ねぶっ子の育成
2.めざす児童像
  〇自ら考え、ともに学ぶ子
  〇心豊かで思いやりのある子     
  〇健康で たくましい子  
3.キャッチフレーズ「3つのいっぱい」
 「学びいっぱい」「笑顔いっぱい」「元気いっぱい」
  「学びいっぱい」
    ・主体的に学ぶ子 ・意欲的に考える子 ・ともに(協働で)学ぶ子
  「笑顔いっぱい」
    ・相手の気持ちがわかる子 ・思いやりのある子 ・互いのよさを認め合う子
  「元気いっぱい」
    ・運動に親しむ子 ・心身ともに健康な子 ・ねばり強く取り組む子