沿革

         石 川 県 理 科 教 育 の 沿 革 (概要)
                                 -県理科協会 県理科教育研究協議会 県科学教育振興会-

昭和22年 文部省から補助金を受ける(全国22県)。

                     郡市科学研究団体代表が集い、10余名が「石川県理科協会」を発足させる。

                    全県の同志に呼びかけ指導者養成、講習会等の事業を展開する。

昭和24年 文部省の補助金が打ち切られる。

                     官制であった「石川県理科協会」は同好会として自力で事業を継続する。
      一方「石川県理科協会」は理科教育研究協議会設立に向けて動き出す。

昭和33年 各郡市研究団体の負担金を資金源とし、郡市の会長や幹事を役員とした

                    「石川県理科教育研  究協議会」が発足する。

                    「石川県理科協会」は、県下理科教育を側面から支える支柱的存在として存続する。

昭和35年 高等学校の参加を得て「小・中・高をつなぐ理科教育 石川県理科教育研究協議会」が発足する。

昭和38年 文部省の設置認可を得て、現金沢二水高等学校敷地内に「石川県理科教育センター」が設 立される。 備品もなく、資金確保に奔走する。

 同  年    「石川県理科協会」及び「石川県理科教育研究協議会」は産業界、PTA、県に働きかけ、初代会長として  越馬徳治  津田駒工業社長に会長就任を歎願し「石川県科学教育振興会」が設立される。「石川県科学教育振興会」は、「石川県理科教育センター」への援助、理科教員の研究奨励越馬科学賞(現 越馬徳治科学賞)、その他児童生徒科学作品コンクール、各種研究発表会等に助成するなど、石川県理科教育の発展に金銭面から支援を開始する。

昭和39年 「第1回  石川県理科教育研究大会 金沢大会」が開催される。

 

平成25年 2月 石川県科学教育振興会50周年記念式典が開催される。

平成25年10月 「第50回 石川県理科教育研究大会 金沢大会」開催。
                       石川県理科教育研究大会第50回記念祝賀会が開催される。

石川県理科教育研究大会
令和2年 第57回 能美・川北大会 (令和2年10月16日(金))
令和3年 第58回 金沢大会
令和4年 第59回 羽咋大会
令和5年 第60回 加賀大会
お知らせ
メニューにリンクを追加しました。
この他にもリンクを追加してほしい方は下記までE-mailをお願いいたします。


金沢市立額中学校 校長 松 原   仁
               E-mail:hi-matubara@kanazawa-city.ed.jp
                   〒921-8146 金沢市額乙丸町イ7番地 
                            金沢市立額中学校  
                                                TEL 076(298)3520 
                              FAX   076(298)2049